復刻ジークドーベル

レビュー更新しました。
リバセン版のジークドーベルです。
こちら
頑張ってアイス・ブレーザーまで復刻して欲しかったよぅ。

「埋まった」造形は残念ですが、それ以外はかなり嬉しい復刻具合。
・・そういえば、ガルタイガーやキングライガーは同様の処理はない。
そもそも、「埋める」ようなパイプが両機にはないのよね…。
ふと、「埋まった」造形は残念ですが、「そういう措置を採らせる」程度には造りこんだメカニックなんだなと思いました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

先日のメカ生体版の記事の時に、
「部隊を率いる指揮官機よりも、集団で追い詰めてくる量産機とした方がよかったのでは」と書きましたが、「無人機が存在する」というのは面白い設定ですね。

もしかしたら無人機だと速度低下するというのは、外付け武装のヘルブレイザー、フォトン粒子砲、ブースターは自動操縦では使いこなせないのでオミットされてるからかもしれません。
そうなると純粋に野生体由来の能力である嗅覚と俊足、牙を武器として、群れで執拗に相手を付け狙うドーベルマン型というモチーフに合致した良いゾイドになるかなと思います。

アニメではスリーパー仕様のガイサックが登場していましたが、ジークドーベルもそれが結構似合うなと感じました。
ジークドーベルを始めとした後期ゾイドの武装過多は批判されがちですが、
「ゾイド本来の能力を伸ばして戦う共和国と、ゾイドの長所を消してでも強化する帝国」、という図式はなかなか好きです。まあ、後半は共和国も武装過多の道を歩み始めるわけですが・・・・・。
大好きなゾイドではありますけどオルディオスの野生体とか絶対あれ普通の馬型ゾイドだと思います、少なくとも飛ばない(笑)

No title

そう言えばリバセンの頃の電ホビで無人機設定を反映したようなジークドーベルの作例があったような・・・。

確か、ダークホーンカラーのクリムゾンホーンの随伴機として、
鎖付きの首輪やドーピング用のシリンダーが付いたヤツだったと思います。

無人機と言えば、ガンダムWのモビルドールやマクロスシリーズのゴーストなどでは、
無人機は人間の身体では耐えられないGが掛かる機動もできる凶悪な機体として設定されたりもしていますが、
ゾイドでは無人機だと有人機よりも性能が落ちるというのは中々興味深いですね。
アニメ無印だと、
拠点防衛などで度々出てくるスリーパーは、
多少の組織だった戦い(ターゲットを特定の場所に追い込む)くらいは出来ますが、行動が単純で同士討ちもする基本頭空っぽな雑魚機体って印象ですが、
その一方で無人の3体のセイバータイガーを操っていたトリニティゴースト事件の犯人達は、コンピューター制御で人間が操るゾイド以上のものを作ろうとしていましたし。
(それでも最初は人間の恐怖心を利用した心理トリック戦法でしたし、
直接戦闘では機体の性能差を差し引いた上でも超一流のゾイド乗りとは歴然とした差があるようですが・・・。)
やはり人と繋がってこそゾイドはその真価を発揮するんだろうなぁ・・・。

No title

ゾイドの世界では人が乗っている方が基本的には無人よりも強いというのが普通ですね。
キメラブロックスもエースパイロットが乗ったレイノスには蚊トンボのように落とされてましたし。

唯一気になるのはザバットです、バトストでも箱裏などでも「無人機ゆえの被害を恐れない爆撃が脅威」とされています。
おそらく攻撃目標に有人よりも接近出来るためにホーミングボムの命中率が高いのかと思われますが、バトストでザバットが出てきたのはたった1度きりです。とても有用であるかのように言われているにも関わらず、その後全く姿を見せないのは何故なのかなと不思議です。
考えられるのは被害を恐れない特攻戦法=ほぼ撃墜されるのが前提 のため、コストの安い小型ゾイドと言えども生産・供給が追いつかなくなったとか・・・・?
またはサラマンダー、ガンブラスター、メガレオン、スナイプマスターらの配備により共和国の対空能力が強化されて通用しなくなってしまったのか・・・

No title

人が乗ってるほうが性能があがるというのはどんな秘密があるんでしょうね。
シリーズ通してちょくちょく乗り手と機体の絆の描写はありますが、本来ゾイドは野生体として自由に生きていたところを捕獲され改造され戦争という殺し合いに強制的に参加させられているのでパイロット側が「俺たち友達!」みたいなノリでも機体側は内心「ふざけんな!」と思っていてもよさそうなものですが、それはあくまで地球の生物の感覚に当てはめた場合でゾイド星の生物は人が乗った方が気持ち良かったり体の調子がよくなったりと何かしらのメリットがあるということなのかもしれませんね。

No title

>セイさん
自動操縦だと「完全人工の外付け装備」は劣るでしょうね。
野生体にはそれがない筈なので、当然、ゾイド自身の意思では使いこなせないと思います。

オルディオスは私も馬だと思ってます。

>ラウルさん
ありましたね。あの頃はゾイドの作例が本当に充実していましたね。
まあリバセン自体が伝ホビとのコラボ企画みたいなものだったので当然ではあるんですが。
コマンドウルフHMMのパーツがふんだんに使われていたと記憶しています。

>セイさん
ザバットは、「種明かしをしたら二度と使えない」戦法なのかもしれませんねぇ。
初陣での衝撃と引き換えに、再びの侵攻を警戒し常にサラマンダーにミサイルを持たせて待機させておく(あるいはミサイルそのものを改良しサラマンダーを必要とせず迎撃できるシステムを構築する)ような措置を共和国軍に採らせてしまったのかなあと思いました。

>No Nameさん
「火気厳禁・1対1」なら野生体の意思でのみ戦った方が強いかもしれませんが、
・火器という人が扱わなければならない装備がある(しかもそれが勝敗を左右する)
・欄戦時に「戦況を判断し最も効果的な場所を攻める」ような判断は人で泣ければ不可能
というような事だと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント