改造シールド

シールドライガーの改造バリエです。

試作機

シールドライガーは、登場当初においてはこちらの形でした。
といってもほとんど間違い探しレベルですね。
尻尾のディティールが違います。
キット版(量産機)では「○ ○ ○」と丸いディティールが連続して入っていますが、試作機は「――――」と線が入っています。
(これは金型のピン位置の関係から変更されたものと思われる)

その他、当初はシールドライガーは下部に帝国共通武器セットの小型ビーム砲を装備している事が多かった。
なので、それも付けています。
当初は共和国軍は「帝国共通武器セット」もコピーするつもりだったのだと思います。
しかし失敗したか不要と判断したか…、いずれにしろ量産機に搭載される事はなかった。
試作機についている小型ビーム砲は鹵獲したサーベルタイガーから分捕ったものかもしれませんね。


主な搭乗者はエリクソン大佐など。
サーベルタイガーを倒したりアイアンコングを倒したり大活躍。
実戦にも使われ大活躍しているので、試作機とはいえ性能的な問題はないのだろう。多少ピーキーとかそんな部分がある程度で。
この時点で課精度は極めて高い。ただし尻尾周りを中心に生産性を高めたものが後の量産機なのだと思います。

ところでエリクソン機はキャノピーに斜めにシールを貼っていてやたらオシャレでした。あれが大好きでした。

本日はもういっちょ

飛行型シールドライガー

グスタフの装甲を付けてその上部にキャノン砲を増設。
更に、両脇にジャイロクラフターを付けて飛行を可能にした仕様。





ジャイロクラフターです。あのガル・タイガーで有名な装備をシールドライガーが付けています。



本機は小四に掲載されたものですが、ストーリーは暗黒軍が参戦した直後でした。
本機が登場したのはガル・タイガーよりもずっと前なんですね。

デッド・ボーダー部隊VSゴジュラスMK-II量産型&本機というものでした。
結末は描かれず。
だが後の戦況から判断すると、共和国部隊は敗北して本機は鹵獲された。
そしてジャイロクラフターはコピー改良され暗黒軍装備になったのだと思います。


共和国軍は、大陸間戦争時に「アイフラッシャー」も奪われています。
(アイフラッシャーはもともと共和国軍が開発したものだったが暗黒軍がコピーし同様の装備を配備するようになった)
この時期の共和国軍は色々と大変だなあ…。

ところで、ジャイロクラフターは共和国軍が先に開発したのに、後に採用したのは暗黒軍だけ。
という事は、この実験機が奪われたので共和国軍はデータを損失したのか、あるいはその気になれば再開発はできたが不要と判断したのか。
このあたりは後々に想像して行きたいところですね。

さて、シールドライガー試作機は最初に登場した改造バリエです。
飛行型シールドライガーは確認した範囲では最後に登場した改造バリエです。これ以降に登場したシールドは全て特に手を加えていない標準仕様のMK-IIでした。
今日は最初と最後のシールドを描いたというわけで。

あと、バトストに登場した改造シールドは多分コンプしたと思います。
一覧は近日中に。
いやしかし、ちょっと迷っているものもあります。
漫画・特攻ゾイド少年隊のゴールドライガー…。
んー…、これはどうしようかな。したいような気もするし、しなくてもいいような気もするし…。
「Gパーツ」と呼ばれる教科パーツを付けた独自の仕様なんかは割とカッコいいので、んー…、やってみようかしら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

シールドライガーは空力を考慮した設計のために帝国武器セットを付けると機動力に問題が出るとも思いました。<武器を収納しているくらい徹底しているので

個人的には戦いは共和国の勝利として、有用性を認めて残骸から製作したと思いたいです<共和国派なので・・・
ジャイロクラフタ―は共和国的には旧式機の再利用のための装備だったのかと推測します
入り組んだ地形のために機動力を活かせず的になったディバイソン、レーダーの範囲を狭められたゴルヘックスに変わる索敵機化などに使うつもりだったではないでしょうか?
ただ、元々航空戦力が高かったこと、サラマンダ―F2の開発に加えて帝国側のレドラ―の強化もあり、低速のジャイロ機ではリスクが大きすぎるので不採用にしたと思えます<対してガイロス側は沿岸警備に有用性を求めたのと、元から戦闘継続時間が短い機体が多いことから短期決戦用の空挺奇襲用として採用したのかと思います

No title

ええええ、どうやって飛んでるんだ……?
プロペラが地面方向に向いていればともかく、対地角80度くらいで普通に飛んでますし、
ライガーゼロファルコンと同じくらい、「機体そのものが空中浮遊してる」ように見えますね……

そうでなくとも、地上ゾイドを飛ばすというのは、飛行用ユニットの推力に
全面的に機動力が委ねられることになり、地上の高速走行のために
機体のリソースを割いているはずの高速ゾイドとは相性が良くないように思います。

ガル・タイガーは、それでも、空から荷電粒子砲を撃てるという利点がありますが、
シールドライガーにわざわざ大型キャノンを積んで、飛ばしたのは何故……?
ジャイロクラフターを共和国軍が再使用しなかったのは、この改造機、
改造規模のわりに結果を残せなかったからでは……と思ってしまいます。

「マッドサンダーに10以上エンジンを積んで翼で飛ぶ」というのは一見無謀ですが、
飛べるだけのエネルギーがゾイドコアから引き出せるという前提であれば、
むしろ遅くて堅牢なゾイドの方が、飛ばす価値があると思いますね。

No title

またまた共和国のバスターキャノンダイスキーなクセが…w
まぁシールドライガーを飛ばそうっつうんだから多少重量がかさんでもエネルギーの都合上バスターキャノンのほうがよかったのかもっすね…
とはいえ空中だと反動うんぬんの問題があるとは思いますが…

No title

ジャイロクラフター装備のシールドは、写真で見るとカラーリングがライジャーみたいですね。
それにしても「高速ゾイド」に「大砲載せて」、さらに「無理やり飛ばす」運用がそのままガル・タイガーの形で正式採用されるとは・・・しかし大異変の直後、マグネッサーシステムによる飛行が制限された環境下でジャイロクラフターが役に立ったのは面白いです。そしてガル・タイガーとクラフターがリバセンで再販のチャンスに恵まれたのも奇妙な巡り合せというかなんというか・・・。

No title

試作機は外観的には微妙な違いですが、
それでも完成形の量産タイプと微妙に違いがあると言う点が面白いですね。
思えばブレードライガーもバン仕様(アーリータイプ)と量産型では尻尾が大きく違っていたので、
尻尾の違いと生産性の問題は割とあるかもですね。

帝国共通武器セットのコピーに関してはハードポイントと機体のバランスの問題があると思います。
シールドライガーは3ミリ軸のハードポイントが衝撃砲の下に2つ、
尻尾の先に3つ(うち1つは2連装ビーム砲を付けるのに使ってるけどビーム砲の上にも一応ハードポイントがあるので総数は変わらず)、
股間部(サーベルタイガーのビーム砲やレーダーなどを付ける背中のジョイントパーツを止め具として使っている部分)に1つ(ジョイントのクリアランス的に確か中央のジョイントしか使えない)と、
センサー系も含めて7つある帝国共通武器は一度に積めませんし、
後のMK-2の様な大型砲装備は別にしても、対サーベルタイガー様に空力特性や軽量化なども考慮に入れた設計をしたシールドライガーの機体特性を鑑みるに、
帝国共通武器の搭載は重量増などのデメリットの方が大きいと判断されたのかも・・・。
(特にハードポイントを余さず使おうものなら尻尾の先がかなり重武装になりかねない)

あと、メタ的なのも込みでコスト節約の為に帝国共通武器の再現は見送られた可能性があると思います。
(少なくともキット的にはランナー一枚分パーツを省略できますし。)

飛行型の方はなんか色々凄い機体ですねぇ・・・。
と言うかジャイロクラフターが元を辿ると共和国製だったのに驚きです。

個人的にはシールドライガーMK-2の火力と機動性の更なる強化と言うか、
後のオルディオスの様な地上戦と空中戦の双方をこなす機体を開発する為の実験機の様に思えますが、
共和国はジャイロクラフターによる浮遊やホバリンクよりも飛行性能を重視したウイングライダーやオルディオスなどの様なより空戦能力を重視した装備や機体に舵を切ったようにも思います。

あと、ライガータイプのホバー化改造と言うと、確かゾイドバトラー雷牙にもゼロパンツァーなどにワイルドウィーゼルユニットのレドームのパーツを改造したホバーユニットを付けた改造機だでてきた様に思いますし、
確か当時の学年誌の改造ゾイドを纏めたムック本にも載っていたと思います。
この機体をバトストに当てはめられるかは怪しい所もあると思いますが、
重武装ゆえの機動力の低下への対策として、
この飛行型シールドライガーと似通ったコンセプトであるホバーユニット装備のゼロパンツァーなどのライガー系が生まれたとするなら、
何か不思議な縁を感じます。

No title

>神楽歌さん
帝国共通武器セットの未装備はその点も大きかったでしょうね。
なにせ、背中のあの小型砲でさえ収納する徹底振りなので。
タテガミの流れも空気抵抗に配慮している感じがするし、ベタベタつけちゃうと台無しになっていたかもしれませんね。
少し物足たりないけど、やっぱりシールドライガーは初期形態が好きです!

ジャイロクラフターは確かにディバイソンに付けたら良さそうですね。
突撃力を向上させる事も出来そう。
それでも・・・、砲の使い勝手問題の解決の方が優先されちゃうかなー…。

暗黒軍の事情に適した装備というのは仰るとおりですね!
とても良い気付きを頂きました。
暗黒軍としてはとても良い装備をまんまと手にした感じなのかな…。

>居間さん
たぶん飛行時は下を向けると思います。
このシーンはジャンプして飛び掛る際の速度やジャンプ飛距離を稼いでいるように見えます。
もし、この角度で飛ぼうと思えば揚力を発生させる大型の翼が必要ですね。

ジャイロクラフターを装備したら当然ながらエネルギー消費は大きく重くもなる。
運動性を向上させる効果はあるが、けっきょく増えた重さが打ち消してしまい、思ったほどの効果にならなかったのかもしれませんね。

>w15さん
好きですよねー。もー、シールドには昔にも付けてた(MK-IIタイプ)んですが、またやっちゃったのかっていう感じですね。
エネルギー問題を考えるとキャノンビーム砲は残っているし過度に重いだろうからコアへの負担はかなりのものですね。
仰るように、このうえ大型ビーム砲を付ける事は不可能だったのかも。だから実弾砲だったのかもしれませんね。
いや、そもそも積むなよ とは思ったらダメなのかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

>A-10さん
銀色を使用しているのでそれっぽいですね。
リバセン時はそういう使い方をするのかーって感じでしたね。
それにしてもリバセンは他の機体…ジークドーベルやキングライガーもグレードアップユニットつきで再販して欲しかった!

>ラウルさん
ブレードライガーはバン仕様の尾が長くてディティールもステキで大好きです^^

シールドに帝国共通武器セットは、小型ビーム砲だけとかなら似合うのですが、「全部使い切れ」と言われると難しいですね。
シールドに限らず他の機にも。
やっぱり帝国大型ゾイドは共通武器を使い切る前提でのデザインなんだなーと思いました。


シールド飛行型は凄いですね。
今回頂いたコメントで、なるほどオルディオスにつながっていそうだと思いました。
ジャイロクラフターは破棄されたが、次なる段階として共和国軍は「翼」を合成するキメラ技術に着手した…。
そうしてオルディオスやバトルクーガーが誕生した・・・。

ホバーのパンツァーはありましたね。
ウルトラザウルスと対戦していましたっけ。
四つ付けているので安定感が良さそうでした。ただウィーゼルを4つも消費してしまう子供には辛い改造…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント