ふるほん

今日は仕事の関係で大阪・通天閣のあたりにきたので、ついでに昔よく行ってた古本屋を覗いてきました。


鈴屋書店。
こちらは大通りに面した位置にある、個人経営古書店としてはなかなか大きなところです。
ここいらで古書店といえば間違いなくここと言われるお店。
最後に行ったのは5年ほど前だった気がするんですが、変わらずご健在でうれしい限りです。
古本屋の独特の匂いがいい。

こちらでは残念ながら学年詩は見つけたことがないんですが、たまーに古いてれびくんとかはあって期待させてくれる店です。
店の構成は第二次大戦を中心にミリタリー系本に強く、次に歴史関係が多い。この二ジャンルにおいては大阪府全体でもかなり上位に来る店だと思っています。
本は乱雑に積んであって(貴重な本なのに…)探すのにはかなり苦労するでしょう。が、それもまたこの手の古本屋の醍醐味。

さらにホビー系ゲーム系の雑誌・ムックもそこそこあります。
うちにあるホビージャパンバックナンバー(メカ生体ゾイド時代の号)のいくつかはここで仕入れています。
残念ながら今回行くとホビージャパンのバックナンバーは消滅していましたが……。

全体的になかなか好みの古書店です。


個人経営古書はそれぞれ特徴があって、色々めぐって好みの店を開拓するのが面白いです。
映画関係に強い所とか、電車関係に強い所とか。多分これは店主の好みで選ばれているのだと思う。
鈴屋書店さんについついては、まさにそのジャンルが多いのは趣味だからと公言されています。
やっぱり個人経営の古書店はそういう感じである場合が多いんだろうなあ。
実に良いですね。そうなっているからこそ独特の心地良さがあるんじゃないかと思う。

個人経営古書店はとにかく「うちはこれが強い!」という特価ジャンルがある場合が多くて、しかもたいてい相場より安く売ってあることがあるのですごくありがたいです。
こういうのは総合系で大規模の店には決して真似できない事でしょう。


あとこういう個人経営の古書店だと、特価ジャンルのほかに必ず大きくスペースを割いて置かれているのがエロ関連だったりもします。
個人経営店の場合、店の前とか入ってすぐの位置とかにも容赦なく置いてるから、ちょっと入るのが恥ずかしい感じもします。
ちゃうねん俺は奥のミリタリーに興味があるんや……イヤマア ソレニモキョウミガナイワケジャナイケドナ… みたいな言い訳をしながら入るのは定番。
昔こういうのってなんでだと思っていたんですが、やっぱり売れるからだそう。
というか、エロ関係を打って経営を安定させて、できた余力で趣味の本を仕入れて気長に売るようなパターンが多いそうで。
ははぁ、なるほどなぁ・・・・。だからそうなってるのか・・・。
こういうジャンルの陳列を排除したがる人はいますが、しすぎるとそれだけでなく古書店そのものが無くなってしまうのかぁ・・・。


古書店、特に個人経営系って大好きなんですが、どんどん減ってきています。
何とか頑張ってほしいなぁ。
ただ好きな古本屋と言いつつ5年ぶりの来訪なので(言い訳するとそのころまでは頻繁に行っていた)まったく偉そうなことは言えない……。
反省してまた古書店巡りを再開しようかなあ。
そんなことも思った古本屋でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

どんなジャンルだろうと、店主の趣味を反映させないと消えてしまうものが一杯ある気がしますね。。。
自分が楽しいと思うものがそういうことに支えられてるということは忘れないようにしたいです。

自分は小旅行して個人経営の小玩具店を回るのが趣味ですが、そういうところも減っています。
大抵は何かしら買いますし店主と会話もしますが(結構長引く(笑)旧ゾイドの話もよく出て楽しい)、せめてこういう人間がまだいるよってことだけは伝えていきたいと。
もっと頻度を増やさないとなあ。。。

No title

>学年詩は見つけたことがないんですが

むむ?
私も、学年「詩」は見た事が無いですね(^^;

ーー古本屋 ゾイダー呼び込む 学年誌ーー

咄嗟に思い浮かんでボケてみました。すいません。

しかし、本当によく資料を集めておられると思い頭が下がります。
ゾイドのみならず、サイテックスやらネンダーランドやらと失われていく過去の資料は少なくないはず。古書店が閉店すれば、良くて散在・悪くて喪失する可能性大ですから、本来なら、タカラトミーと小学館自身が保管・展示やアーカイブ化してくれるといいのですが…

お宝鑑定団でプラレールを「売ります」という視聴者に対して、タカラトミーの社長(前ハロルド社長)が「買います」と声を上げた事がありましたね。タカラトミー旧玩具資料館とか本気で作らないかしら?

No title

>場末の葦さん
やっぱり好きの想いでやってるものは強いなと思います。

個人経営は本当に難しい時代になりましたね。。。
「キャッシュレス化」の動きに寄って更なる苦境に立たされるでしょう。
悲しい・・・。
出来る限り支えていきたいですねえ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
こういう古本屋がつぶれてしまうと大量の貴重な資料が捨てられるか二束三文で買い叩かれるかなのでとても悲しいです。
ぞんざいに扱うところも多いし・・・。
愛情がこもっている本屋は大切にしていきたいです。
思うだけでなくてたまには買って利益貢献も。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント