コラム二篇更新

HP更新しています。
コラム、ゴジュラスMK-IIVSデスザウラー。
ブログ記事を元に加筆したものです。

こちらこちら

なんか……、今年になってからやけに濃いブログ記事を書いている気がするなぁ。
そろそろ枯渇するかと思いきやどんどん掘ってる感じがする。
ただマニアックになりすぎて付いてこれない人ばかりじゃないだろうかというのは若干心配ですが。

まだしばらくはコラム関連の更新になりそうな予感です。
でも合間に撮影とかもしていきたいなー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

最近気づいたのですが、デスザウラーの手首の付け根がかなり脆そうに見えるのですが、仮にフレームも超重装甲製だとしても、あんな華奢な構造でゴジュラスやマッドサンダーをぶん投げても手首がもげないのでしょうか? あの華奢な手首の付け根でも問題ないのなら、ゴジュラスのロケットブースターのアタッチメントにもウルトラキャノン並みの大砲を装備させることは可能だと思います。

No title

>どんどん掘ってる
もしかして、三式さんもトンズラー村の出身なのでは?

>マニアックになりすぎて付いてこれない人ばかりじゃないだろうかというのは若干心配ですが。
若干どころじゃないかもしれませんよ。
少なくてもココに来る人は私含めてゾイド沼に沈んだガノンタス…どころか、ゾイド海溝に潜むウォディックばりにディープな人ばかりですからねぇ(笑

No title

コンセプトアートだとゴジュラスがデスザウラー(但しマグネーザーのダメージ有り)と最期まで戦い続けたんですよねぇ。。。
ゴジュラス自身は一度帝国に敗北していてパイロットも昔みたいな命知らずではないという、複雑な状況でしたけど。

個人的にはとても嬉しい内容でしたけど、改めてこのコラムを読ませてもらうと想像がつきません(笑)
このゴジュラスの扱いの変わりよう、制作者はどういう思いがあったのか、、、

No title

限定型でも分が悪いってなってるところを見るとゴジュラスの武装や格闘能力ではデスザウラーを倒すのはおろかキズひとつつけるのも困難だったのかもしれないですね

ただし限定型のほうが武装が多い分遠距離からの攻撃が有利でありミサイルなどで足止めしつつキャノン砲を・・・ってかんじの戦法がとれたのかもしれません
とはいえ効き目が薄そうなので全弾必中くらいじゃないと撃退すら困難だったような気がするので限定型の武装なら2体でイケるかもって希望があったのかもですね

No title

>samonさん
単純に頑丈という事と衝撃が伝わるとダメということは違うと考えています。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
へっへっへ・・・、2009年にHPを始めた頃の自分が今のHPを見たら半分くらい理解できないような気がします。
私も、皆を巻き込みつつズブズブと沈んでいるのさ…。

>場末の葦さん
コンセプトアートはめちゃくちゃ強化されてましたよねー。
そう、初登場時は群がる帝国ゾイドに敗北しちゃったのに。
強化後はコングに勝ちデスザウラーとも渡り合う。
何かに覚醒したのかなぁ。
ちょっと、新鮮ではあるものの、かつてのイメージからは乖離していた部分もありますね、、、。

>ヒューイさん
スーパーヘビーガードの突破はきついでしょうね。
ファンもゴジュラスでは狙いにくいし…。

ただミサイルで牽制したりはできると思うので、その辺を上手く使って最大限に上手く戦えば撃退の可能性がわずかに出てくるんでしょうね。
デスザウラー撃退を命じられたパイロットはさぞや緊張しただろうなぁ…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント