クラウドファンディングのこと

昨日エディオンに行ってゾイドコーナーを覗いたらば、ジェノスピノの箱に「一世帯につき1個まででお願いしております」のシールが貼ってあって「おお!」となりました。
12話の強さは圧倒的だったからなぁ。そりゃ、あれ見たら欲しくなるってもんですね。
お年玉商戦での主力アイテムになりそうな予感です。その他のゾイドも好調な模様。勢い付いてる感じで嬉しいです。

さて商戦といえば色んな切り口があるわけで。
既にご存知の方も多いと思いますが、ゾイドのクラウドファンディングも始まったみたいですね。

クラウドファンディングのページはこちら

現在は超超巨大本を目指している模様です。
興味がある方は検討しても良いのではないでしょうか。


さて以下はこのクラウドファンディングについて現時点で私が思う事を書いていきたいと思います。

私はHPやブログで扱うものについて、できるだけ良い所を見て好意的な見解を導きたいと思っています。
ただし全てにおいて褒めちぎるわけではありません。
好意的に見たとしてもどうかなーと思うものについては、むろん表現に気を使いながらではありますがその事を率直に述べるようにしています。
何故なら好きであるからこそ思う改善点、それを指摘しもっと良くなって欲しいと願うからです。
甘やかしでは双方ともダメになると思います。
愛の反対は無関心と言います。

また不満を述べる文章を書けば私とは別の視点か見た見解のレスを頂けることも多くあります。
その結果、見識が深まり意見を改めることができたりもします。
これはまさに発展的な議論だと思います。
まぁ、要するに感じた意見を素直に述べることが大事だと思っています。

で、こういう書き出しをしている事から分かると思いますが、現時点では色々な要素について「ウーン・・・・・」と思っています。


クラウドファンディングというのはインターネット社会ならではのやり方で、そこにゾイドがのっかるのはとても有意義で素晴らしい挑戦だと思います。
様々な可能性が夢見れます。

個人的に、今年行われたクラウドファンディングでとても印象深かったのが「R-TYPE」です。
R-TYPEは横スクロール2Dシューティングゲームです。
このシリーズはPS2で出た「R-TYPEファイナル(2003年発売)」をもって完結するとされました。
ゲームの開発費は年々上がる。しかし2Dシューティングはいまやマイナージャンルになってしまったので、開発しても元が取れなくなった。
まぁ、時代ですね、、、。今やシューティングと言えばFPSだもんなぁ。
商業作である以上、採算がとれないものは開発されるわけがない。それは当たり前の事です。
しかしやはりマニアは新作を渇望していた。どうにかして新作ができないかという声があった。
そこでクラウドファンディングをしたところ、ついに目標金額に達して新作が開発される事になりました。

このような奇跡的でとてもステキなことが行えるのがクラウドファンディング……。
ゾイドでも様々な夢を見させて欲しいものです。


ただしこのアカウントはどうなのかなぁ……というのが現時点の見解です。
出資というのは信頼できる相手に行う事が基本と思いますが、このアカウントはその点が絶望的だと感じています。
出現当時は「なんだこの怪しいアカウントは」と界隈をざわつかせ、その後「あれって公式だったんだ・・・」と判明しましたが……、なんていうんでしょうか。この時点でダメだと私は思う。

最初にユーザーが怪しんだのは無理もない。
このアカウント、自己紹介も何にもせずに突然抽象的な言葉で謎の発信を始めたんだもの……。
上のツイートですね。

いや導入はそれで良い場合もある。ただ良い場合というのは『謎で引きつけ、引き付けが完了した段階で「私は実はこういう者でした」とネタバラシの自己紹介を丁寧に行う』場合です。
このアカウントはそれをしていない。
キッチリした自己紹介や、行うファンディングについての理念や想いを書いてくれないと、どうしても応援しにくいと思うんです。

自己紹介には「ゾイドクラウドファンディング用アカウントです!今後、たくさんの、今までにないゾイド企画を考えていきますので、よろしくお願いいたします!」とありますが・・・、なんていうか、まるきり足りてないと私は思う。

本やキットを買うっていうのは、「好き」っていう気持ちで買うわけじゃないですか。
気持ちがあればお金を出す決断をするわけです。
だから気持ちを燃え上がらせないといけないと思うんです。
フワッとしてるというか、ただのテンプレというか、、、、上の文章ってゾイドを別の何かに変えてもまるきり通用する文章でしょう。
マクロスでもシルバニアファミリーでもドラゴンボールでもなんだって意味が通ります。
それじゃダメなんです。
ゾイドを扱うんだからこんな事をしたい!!という具体的なオンリーな想いを書いてくれないと何も伝わらない。燃え上がらないんです。


新しい事をやるというのは「良い方向に行く事もあれば悪い方に傾く事もある」というリスキーを含むと思うんです。
やるならしっかりとやってほしい。
燃え上がらせて欲しい。
ユーザーから「クラウドファンディングが流行ってるからテキトーに乗っかってみたんだろ?」と思われるようなことがあってはならないんです。決して。

「こんなものを作りたい・伝えたいっていう熱い思いがあったんだ。でもなかなか実現できずにいたんだ。クラウドファンディングが出来る時代になったから熱い想いをユーザーにぶつけて勝負に出たんだな!」と思わせてくれるならいいんですが、今回の企画からはそういう意思がまるで見えない。
うーん……。
始まったばかりなので、今後の発信如何によっては信頼を取り戻すことも不可能ではないと思います。
そうなることを期待したいです。
逆に言うとそうならない限りは私は参加できないと思っています。


次に本の中身ですが、、、うーん、、、、、、。
超超巨大本。まぁインパクトはあるんですが様々な事情に合ってないんじゃないかなぁ。
例えば展示会にこういう本があったら「お!」と思えますが、家に常時置くものとしては厳しいんじゃないかな・・・。

まぁ、こういう「本来は実現しにくいものを欲しい人たちの協力で可能にする」のがクラウドファンディングだから、内容についてどうこう言うのはお門違いであります。
出資したい者が出資をするのがクラウドファンディングなんだから、中身について気に入らなければ黙って出資しなきゃいいだけである。
それは分かる。分かるんですがそれでも……、第一回目のクラウドファンディングだから今後の方向を大きく左右するものでもあると思うんですよね。
なんだろうなぁ……。もっとこう大勢が求めるものであって欲しかったなぁ…と思う…。
それで第一回ファンディングがぶっちぎりで成功して今後「どんどんいけるぜ」という雰囲気になってほしかったかな。
そうして勢いをつければ、あとは色んなものを試して良いと思うんですが。
今回のものは正直実現については厳しいと私は見ています。


あと巨大サイズで写真が見れる。その事の良さは良く分かるのですが……、でもその上で言うなら、

例えばこの写真で言うとブレードライガーのブレードが片方付いてないんです。
シールドライガーの尻尾の砲が付いてないんです。キャップも黄ばんでるんです。

ゾイドの写真というのは「写真のクオリティー」だけではないのです。
「被写体のゾイドがどのような状態なのか」も同じくらい重要なんです。
そういう詰めの甘さが感じられるんだよなぁ……。
こういうのがあると、「ホントにゾイド好きなの? ちゃんと見てる?」っていう不信感が出てしまうんです。
気をつけて欲しい。
これだけのサイズの本なら、やっぱり「ゾイドを知らない人に見せても一瞬でゾイドの魅力が伝わる」くらいのものであってほしい。そうあるべきだと思う。
しかしそこに至っていない。
逆に、非常に綺麗な写真ゆえに黄ばみやパーツ欠けが目立ってしまう。

あとワイルド本で新世紀漫画版のポスターが付くというのもどう理解したもんだか悩みます。
そういうのは別の挑戦としてやった方がいいんじゃないかなぁ……。


個人的に思うのは、ゾイドワイルドは新規ファンに向けて全力投入して欲しいという事でもあります。
新規ファンというのはキッズだから、こういう形態より書店で一般流通する形を探った方が良いのでは……とも思います。
現在のワイルドなら可能なんじゃないかなぁ……。
もちろん先に書いたようにクラウドファンディングは何を企画するのも自由だし、出資したい者が出資する形だというのは理解していますが……。

クラウドファンディングに適しているのはむしろオールドファンに向けた動きじゃないかなぁ。
たとえばバトストや公式ファンブックの再販。もう一歩言えば未完に終わってしまった完結編の部分を今からでも作るとか。

ゾイドに関するクラウドファンディングが動き出した、ということはとても喜ばしい事と思います。
ですがその中身について思う事があり、今後の発展を願いつつ書きました。

今後上記したような点が改善し出資したいと思わせる形になる事を願ってやみません。
以上、現時点の見解でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

うーん
ファンとしてはマニアックな本が出ればうれしいところですけどゾイドワイルドシリーズが展開している時だからこそ勢いに乗って・・・ってのもわかるんですがタカラトミーからすればワイルドシリーズをウリにしたいって思惑のほうが強いと思うんですよね
シリーズ全体で盛り上がるのも大事ではあると思うんですけどはてさてどう転ぶのやら

No title

支援したのですが、私も最初は初動が悪すぎて怪しみまくった一人です(苦笑)
Twitterなのでリツイートしているアカウントを覗いてみたら、他のゾイド公式アカウントがリツイートしていたので「あ、これ本物だ」となった次第です。

今回初動が良くなかったのは、飽くまでもTwitter上の動きで、クラウドファンディングのページに行けば訴求力はある内容になっていると思います。
ただ、Twitterアカウントが開設した当初がどうにも何もないというか、お陰で怪しすぎたんですよね。
こう、画像の一枚や二枚でも初動から添付してくれればもう少し説得力があったのですが。
あるいは、他の既存のゾイド系アカウントからの援護射撃でもあったれば……。

こう、何というか。好意的に解釈すれば本当に手探り上状態でやってるんだろうなあと感じます。
ノウハウ全くなしの状態でやったので、ああなってしまったというか。
そんな印象を感じます。

今回の写真集は飽くまでもゾイドワイルドの写真集という事で。
旧キットの写真はありません。
なので、訴求している層も狭いんですよね。
過去からゾイドが好きで、尚且つゾイドワイルドも応援している大人のユーザー。
価格帯からもコアなファンに向けての訴求であるように見えます。
非常に狭い層を狙っているという印象が強いですね。

上のツイートの旧キットに関しても「現品で残ってるものをとりあえず並べてみました」感が否めないですよね。
でも、旧キットばかり並べるという事はハイターゲットを狙っているという証でもあるのかも知れません。

果たして成功するや否や。失敗しても、一回でくじけずにノウハウを身に着けて行って欲しいかなあと思います。

No title

写真、酷いですね(苦笑)
ゴジュ&コングMK‐2限定型の新規ジオラマか
改造しまくったメガトプロスを3体並べてくれれば
「個人相手でも」考えちゃいますけどね。

公式で愛も拘りも感じられない写真を晒しといて、
「写真集作るからお金出して下さい」って、
バカにされてるのがキツ過ぎて冷めました。

「お前ゾイド持ってるのかよ?」って問いただしたくなります。

盛大にコケて泣きながら出資者にお金を返して、
二度と安い言葉を吐かなくなって欲しいとすら思います。

公式のこんなに愛とプライドの無い人達が作った物にお金を出すぐらいなら、
個人製作のガリウスからスピノまでの組んだゾイドを動かすだけの
ぼ~っと見られるDVDにお金を出す方が遥かに良いです。

No title

クオリティは置いといて、あーこのタイプのCFかという思いがあります。

ページ数26をはじめ仕様は決定していて、公開された範囲で見ても大部分の写真の収録は済んでいそうです。というか多分ほぼ完成手前という段階にはありますよねコレ。
是非生産販売したいけど到底その体力が無くて~という母体でもないでしょうし、限定だから広く一般ユーザーに発売したい足掛かりになる訳でもない。予約最低条件つきの受注生産商品でしかない。

昨今この形式のCFは増えてますが実情はよくイメージされる「このビジョンを現実にしたいんだどうか協力してくれ!」というものではありません。体力十分な企業がやる分には率直に言って予約販売のカッコいい言い換えでありリスク回避手段です。
だからプロジェクトの何を“支援”するのか良く分からないんです。開発・販売に必要不可欠な支援なの?支援額とは単に商品代金なの?と。
受注販売それ自体は大いに結構なのですが出資・支援・応援といったワードが関わることで本質をぼやかしている気がします。

ユーザーの熱意を巻き込むなら「何万円突破で増ページ、掲載シリーズ追加」「支援者アンケート機体枠」みたいな一緒により良く実現させていく形が良かったなあと思います。

No title

久々過ぎて名前も入れないまま投稿してしまいました。
3番目の超否定的な意見を述べた者です。

クラウドの記事を読んで、担当者がある意味、
「夢を叶えたゾイダー」だと自己紹介しているのを見て、
更に悲しくて悔しい気持ちになりました。

クラウドのページを見て、あの写真にそそられた人は居るんでしょうか?
そもそも、アレを「写真」と言って良い物ですかね?

多分、ワイルドが好調な理由は若いゾイダーのおかげです。
その多くを置き去りにして限定生産?
こんな方法であの値段で売るのだから、当然、旧ゾイド世代(オッサンと読む)を巻き込む物だと思っていました。

今「本当に欲しいと思ってくれる」子供達を置き去りにして、何度同じ過ち繰り返すんだよ!?って気持ちと、
とりあえず5冊ぐらい買って20年寝かしといたら、今欲しくても買えない子供が大人になって自分の金を持つようになった時には良い値段で売れますかね?って皮肉しか浮かびませんでした。

でも、それでも、支援している人達のコメントを見ると、
「俺がおかしいのかな?」と思ってしまうほどの純粋さで・・・
タカトミさんは平気でユーザー切り捨てて来たんやで!?
呂布や真田よりも裏切ってきたんやで!って叫びが小声になります。

今は何か心の中がグチャグチャです。暫く静観ですかね。

ゾイドは自分で組み上げる物。
ゾイドの写真はいつか自分で組み上げたいと思わせる物。

心に火が付く写真ってそうゆう物だったように思います。
想う人達の為に、そうなる事を願います。

そして、劣化版でも子供が買える物も出して欲しいですね。

No title

私はここで初めてこの企画を知りましたが、どう見ても大人ファンの資金を
アテにしているのに、ゾイドワイルドの写真集なのが物凄く違和感を感じました。
旧シリーズのキットを使った、一大ジオラマを新規に作ってそれを大迫力のサイズで
君たちへお届けするぜ!!って内容ならオールドファンは喜んで協力するでしょう。
もちろん私だって喜んでお金を出したい。
しかしゼロは多くのオールドファンにも好評とはいえ、初代ワイルドのほうはめちゃ賛否が分かれた作品。
おそらくゼロより初代ワイルドの比重が多い構成であろう中身で、その超巨大本を
家に置きたいと思う大人層が多いように判断してることがどうにも引っかかります。
私には、この企画自体が「コロコロ掲載用にジオラマ製作と撮影をしてるけど、
手間がかかってるからこれでもうひと商売しよう」と
気軽な副業気分でリスクの低いやり方を選んだだけのように思えます。
しかもたった26ページですし、ポスターに上山先生起用だし、整合性の無い下心だけが
ちらちら見えてなんかチグハグなんですよねえ・・・(+∀+;)

実現できるか?

▲1200セット以上のお申し込みで実現!
▲1冊1万1千000円、目標金額 13,20万0千000円
▲2020年1月1日現支援人数169 人で残り31日

目標まで厳しいと判ります。
いい物とは思えるけど、成立するのかな。
1万円超えだから、私もどうしようと考えてしまう。

ただ、コアなファンへの商品展開・マーケット調査の手段としては良かったかもしれません。
 あとは
①タカラトミー公式ツイッターなどで信用できる情報を出す。
②失敗しても次につながるような、改善をする
してほしいです。

あれ詐欺垢だと思って普通に即ブロックしちゃったんですけど公式だったんですね。
ここを見て知りました

No title

>ヒューイ・エメリッヒさん
マニアックな本と言うか・・・・・「本」というカテゴリーとして見ればニッチで価値ある構成だと思いますが、ゾイドの内容という意味で言うとマニアックではないと思います。
26ページしかなく掲載されるのがほとんど公開済みの写真て・・・。

>やまさん
初動めちゃくちゃ怪しかったですよねえ。

訴求というとTwitterというのは多くのユーザーが目にするオープンな場所です。
クラウドのページというのはその目的を持ったユーザーでないと辿り着かない限られた場所です。
つまりオープンな場所からクローズな場所へ上手く誘導しなければならないという事です。
マニアはほっといても行きます。そうじゃなくて「少しゾイドに興味があるかなー」くらいのゆるい層を上手く引っ張っていく事が求められます。
そういう意味でTwitterでのやり方がイケてないというのは絶望的だと思います。
いかにクラウドのページに熱心なことが書いてあってもそこに辿り着かないのでハッキリ書くと意味がない。

またクラウドファンディングページの妙に熱い文章は申し訳ないんですが私の感想はゾイドオルタナティブ並みに振るスイングでずっこけてると思いました・・・・。
率直に言うと自分のひらめきに酔ってる感じがお寒いと感じます。
まぁクラウドファンディングだからこんな文句もお門違いではあるんですが・・・。
うーん・・・・・・・・。

クライドだからなんでもいいんだよっていうのは分かるんですが、その上でなお言い出さずには居れないこの不器用さ・・・・。

>No Name/ミドリさん
三つ目を読んだ時点では表現には気をつけてねと書こうと思ったんですが、直後に名乗って頂いているのでこのままの表現で大丈夫です。
名乗らず文句だけと言うのはどうしてもアレですが、名乗った上で思う事をストレートに書いて頂けるならその表現についての許容地は飛躍的に増します。

ライガー集合の写真はひどいですね、、、。
いやちょっとした紹介ならこれで良いんですが、最高ランクの大きさと印刷で出すものとしては。どうしてもそこはひっかかります。
申し訳ないけど弧回は失敗すると思うので猛省してほしい所です。
ニッチな商売もいいし本来そういうものこそクラウドではあるんですが・・・、「そうはいっても」というバランスは必要だと思います。特に初回の今回は。

さて写真については私がCGデザイナーをしているからよく分かります。
これを写真だ撮影だと言っていることに対しては、CGで補正している分野には一切言及なしかよとは思いますね、、、、。
あまり気分はよろしくないです。
あと思ったのは、かなりCGでエフェクトをつけた画像だと思うんですが、もともとコロコロに掲載されてるものなので今回の超超巨大本にするには解像度が足りないのでは? とも思いました。
この辺は大丈夫なのかなぁ・・・。

まぁ、今回は思い切り痛い目を見て次は真に改善して欲しいです。

>No Nameさん
ナルホド、呼んでいてよく分かりました。
たしかに仰る通り、既に試用が確定している中で…という状況は仰る通りですね。

クラウドファンディングは、本文に書いたR-TYPEがまさに「○○円突破で自機の種類が増加」とかの段階ををやっていて、終始「あがれ、あがれーー!!」って感じでドキドキしていました。
そういう熱もないんですよね。。。。
んー・・・・厳しい!

>Jスターさん
書かれている内容、全てにおいて共感します。
チグハグ・・・・。ホントそれなんですよね。
全てにおいて「うーん・・・」って思います。
応援したいんだけどなぁ・・・・・・・これではなぁ・・・・・・・・。

>アンキロさん
厳しいと思います。
支援はバスタブ曲線を描くと思います。
つまり書道はそこそこ。中だるみがある。そして真際になってまた上向く。
真際の伸びを多めに予想しても厳しそうなきがします。

でもコア層への訴求は素晴らしい事です。
今後見直されることを願うばかりです。

>No Nameさん
わかります。あれを見て即座に「おぉー公式だ!!」と思うなら逆にどうかと思ってしまう。
そう思うレベルで怪しかった・・・・。

なんか・・・

悔しいですね。一言でいうとそれに尽きます。

No title

私としては感情を一言で言うとすれば最も適切なのは「やるせない」かなぁ・・・。
でも次弾には期待しています。

No title

ページを読んだら訴求力があったと言う方もいますが、全くそうは思いませんね
あそこからは担当者の自己陶酔しか感じられませんでした。誰もが容易に想像できるステレオタイプの痛いオタクのアレです
よくアレで正規のプロジェクトとして実行OKが出たなと驚…きたい所ですが最近のタカラトミーはその辺り酷くなってきてるので、そういう意味では意外性が無いんですよね悲しいことに
トランスフォーマー書籍のCFでも似たような失敗したばかりなんですけどねぇ
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント