新世紀の学年誌一冊ゲット

学年誌をゲットしました!

新世紀の小三、2000年11月号です。
新世紀のも徐々にですが集め始めています。


ウルトラザウルス登場の号のようだ。
「動く要塞ウルトラザウルス登場」として機能を解説するとともに活躍している。


なんたってジェノブレイカーを叩き潰しているじゃないか!
いや、これ凄くないですかね。あの動きの速いジェノブレをどうやって…。

思うに、豊富な火器で動きを妨害。徐々に近づきキャノン砲を叩き込んだような感じでしょうか。

なお下に「本記事はアニメのストーリーとは関係ありません」と書いてあります。
ん?
アニメと関係ないって事は新世紀のバトストとは関係あると考えて良いという事ですね、ニッコリ。

バトストでは「デストロイヤー」「キャリアー」という改造タイプでしか活動しなかった印象なんですが、学年誌(小三)の記事を取り込んでノーマル状態でもある程度の活躍はしていたと思っておきたい所。
(この辺の情報はぜひ新世紀の同人誌にも取り込みたいです)


黄色いサイクスも活躍していますが、攻撃はまるで効いてない感じ。
やはり今号はウルトラザウルスのアピール回ですね!

ただし、次号でメタルライモスが登場して何床のウルトラに損傷を与えて撤退させるというマジかという展開もあるのですが。
(その号でメタルライモスの全員プレゼントが行われた)

そんな感じで新世紀の学年誌一冊ゲットでした!
積極的に狙っていきたいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ちょっと気になったのでWikipediaを調べると、10月号からの続きのようですね。ジェノブレイカーが通常型ではなくジェノシザーズという格闘戦用改造機とのことなので、ウルトラに近づこうとして蜂の巣になったというところでしょうか。

公式FBのバトストに当てはめるとすれば、デストロイヤーに改造される前のウルトラが訓練中に帝国が手を出してきたので、返り討ちにしたという感じでしょう。

旧バトストの「オウムの嘴」基地脱出戦もそうですが、開けた場所でうっかりウルトラの攻撃圏に入ってしまうと(かつ味方機を誤射する心配の無い場合)、コング級のゾイドでも圧倒的火力に太刀打ちできないと思われます。ゼネバス系の老将であれば対ウルトラ戦術も既知でしょうが、若い世代のしかもガイロス兵であれば、その認識や理解が甘さが敗因になったのかもしれません。

あるいは深読みすると、プロイツェンが旧ゼネバス系将校をPK師団に囲い込み、対ウルトラ戦術などを敢えて継承させなかったという可能性も・・・。

No title

いや、正直この展開取り込むのは無理があるし
バトスト2の展開も話として大きくダレると思います。

それにウルトラもジェノブレもサイクスもそれぞれ役割をもって登場してました。
そのおかげで場面が映え話も成立し緊張感も生まれ
怒涛の展開で次に進んでいっていました。

それを考えるとチャポンは厳しいかと思います。
あくまで個人的な意見ですけどね。
あのあたりの話には思いれがあるんですよ。

No title

平成の学年誌のストーリーは所謂妄想戦記と同じ扱いだと思います。
本来ウルトラは唯一一体だけが大統領専用機として残ってるって設定になってるので秘密裏に建造されたものとは考えにくいですし…

ただ、コロコロ主催の公式ストーリーとは別で相変わらずド派手な改造には目を引かれますね。
小学館から発売されたZOIDS改造マニュアルにも同じ改造ゾイドも載ってますしね。

そのサイクス、パルスレーザーのライフル部外して先端にサンドロックカスタムのヒートショーテル、上部に百式のウイングバインダー、後部にステイメンのテールスタビレーター付けてますが全てガンプラをあえて(?)使ってるのも改造ポイントかと思います。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
なるほど。格闘戦を展開しようとして接近。その結果予想以上のパワーと防御力に追い詰められてしまったのかもしれませんね。

時期は難しい所ですね、いっそ暗黒大陸での時期や、中央大陸戦争の時代かもしれませんね。
いずれにしろ妄想がはかどります。

ウルトラはとにかく遅いゾイドですが、ひとたび射程に捕らえれば無敵というところがヘビー級で良いですよねー。
この一件はガイロス帝国ゆえの…旧大戦時の”デカブツ”扱いだったころのウルトラしか知らない世代ゆえのミスなのかもしれませんねー。

>No Nameさん
まあメカ生体ゾイドの1984年頃の学年誌(小三)に比べればどうという事はないかと(笑
時期も明言されていないのでどうとでも解釈できますし。

思い入れがあるのは分かりますがそこは同人誌なのでユーザー同士の見解の違いを楽しめば良いのではないかと。
むろんこれは強制ではないのですが。

>NoNameさん
上で「時期も明言されていないので」と書きました。
この部分から想像を膨らませるとどうとでも解釈できるのではないかなーと。

改造マニュアルにはストーリーもダイジェストで載っていますね。
とりあえず全号を把握した後に解釈に挑みたいです。

No title

遅すぎになってしまって失礼しますが。

エレファンダーが他のゾイドと協力してウルトラザウルスを倒したことは覚えていたのですが、誰と協力したのかが全く「記憶にございません」だったのです。
……メタルライモスでしたか。

店頭に置いていなかったからだと思うのですが、メタルライモスは全く記憶に残っていないのですよ。ベアファイターに至っては、リアルタイムでは存在自体を知らなかったと思います。

バトストとつじつまを合わせようとした場合、ウルトラザウルスが「一台しか存在しない」ということがどうしてもネックになるのですよね。
「学年誌の該当巻が出版された時期」というメタ的な理由からも西方大陸での事件ということにしたいので、わずかにあり得そうな可能性としては
「ガイロス帝国軍がニクシー基地から撤退した後」「ウルトラザウルスがデストロイヤーからキャリアに改造される間に一度通常型に戻されていて(すぐ外されると分かっているのに通常の砲塔を取り付ける作業に従事する作業員、徒労感を感じていそうです)」「西方大陸に取り残されたガイロス帝国軍に、本土から密かに新型や改造ゾイドが供給されていて共和国軍への破壊活動を行っている」という状況を想定するべきでしょうか。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント