完全野性体は何種類?

完全野性体の記事について、該当する機種を

・ライガーゼロ(エナジーライガーも同種)
・バーサークフューラー(凱龍輝も同種)
・ケーニッヒウルフ
・ダークスパイナー
・ゴジュラスギガ
・セイスモサウルス


と書いていました。
これについて、下の3つは違うのでは? とのレスを頂きました。

んー・・・、これってけっこう謎なんですよね。
私も実は確証がないまま書いていました。
現在wikipediaなどではゼロ~セイスモまでが完全野性体とされているんですが、wikipediaは公式資料じゃないし間違ってる場合もあるからなぁ。
実際に、ダークスパイナーから下の3種は完全野性体という確たる表記はなく、「おそらくそうであろう」という推測で判断されている感じがします。

ただギガとセイスモはそうであって良い気はします。
標準状態では火器が一切ない(コア砲は除く)ギガは特に、ライガーゼロのタイプゼロ形態に近い野生の強さを生かす設計に思える。
なので完全野性体としても良いんじゃないかなぁ。

セイスモも、まぁこちらは「野生の生態をそのまま活かす」というよりは「首から尾までを砲身にする」という超過度な兵器化が行われている……のだけど、それでも。
ボディだけならディバイソンやエレファンダーと変わらないサイズなのに、超集束荷電粒子砲を撃てるエネルギーを持つ。これはやはり完全野性体ならではのパワーを連想させる。
なので完全野性体と判断しても良いと思います。
ライガーゼロで例えるなら「CASを搭載しない。汎用性を一切なくす代わりに、最初から究極の形態であるところのエナジーライガーとして完成させた」ようなのがセイスモだと思います。

ダークスパイナーはなー・・・・どうだろうなー・・・・。
ジャミングウェーブの発生には大きなエネルギーを要する…。だからこちらもセイスモサウルスと同じで「パワフルな完全野生体を使って超兵器ゾイドを作った」ような考えをしても良いと思います。
作中では3年間の無敵時代を築いたゾイドだし。
ということで私はこの6種は全て完全野性体と判断したいと思います。


ちなみに……、ダクスパの野生体といえば電ホビ(2002年5月号)で「スピノサパーと同じ野生体である」と記述されていたりもします。
スピノサパーは「操縦性の確保、および工兵としての運用を考慮し闘争本能には制限を設け意図的に戦闘力を引き下げた」と。
これについても考えたいです。
うーん………、これってあり得るのかなぁ。

もちろん工兵は重要なんだけど、格闘性能でジェノザウラーと互角に戦えるポテンシャルを持つ種をあえて工兵にする意図は分かりかねる。
言ってみれば戦艦の装甲を引っぺがして砲も全部おろして輸送船として運用するような、そんな意味不明さを感じる。
餅は餅屋。
工兵は適した種をあてがえば良い。

両機は顔も違うし大きさも違う。だから別種だと思うんだけどなぁ…。
ライオンで言うとシールドライガー種とキングライガー種とライジャー種とライガーゼロ種が居るわけでしょう。
スピノサウルスと一口に言ってもダークスパイナー種とスピノサパー種に分かれていると思いたいなぁ。

「スピノサウルス型」というのは特定の一種を特定しているわけではなくて、そこから先に分岐する幅があるという考えをしたいかなぁ。
例えば「イヌ」といっても小型種~大型種まで様々居るように。
少なくともダークスパイナーとスピノサパーが同一種というのはちょっと受け入れがたい。
イヌでいえばダークスパイナーはドーベルマンやハスキーなどに相当する大型強力スピノサウルス種。スピノサパーは小型犬に相当する小型スピノサウルス種なんじゃないかなぁ。

電ホビの詳細な記述はとても貴重である一方、まるまる信じて良いかというとそれは疑問が残ります。
有名なのはブロックスの開発経緯でしょう。電ホビでは「西方大陸の企業により開発された」とされていたけど、後に公式ファンブックなどで「東方大陸の民間企業ZOITECが開発した」と改まった。

もちろん全く信じないわけじゃない。例えばブロックスは「実は西方大陸戦争時代から共和国とZOITECの繋がりはあった。西方大陸にZOITECの出張所があった」と考えたりしても面白いと思う。
でも全てそのままと言うのはちょっと違うかなぁという記述も目立ちます。

「同じ」とされた原因は何だろう……。

電ホビにこの情報が載ったのはダークスパイナーが登場し猛威をふるった直後くらい。
なので、共和国軍が欺瞞工作として宣言したのかもしれない。
「いやいやネオゼネバス帝国軍さんよ。我々も同じ野生体を持ってるんだから、一機でも鹵獲したらコピーして同じものを作るようになるんだぜ?」
そんな風に思わせたかったのかなぁ、と思いました。
こうなると帝国軍は警戒してダークスパイナーの運用をちょっと制限しないかなぁ……なんて。

「ほら、その野生体だってちゃんとあるやん! 見ろよスピノサパーを!!」
と共和国軍は発表したものの、帝国がだまされる事はなかった。むしろ失笑し、「そこまで必死になるなんて共和国はよほどダクスパが怖いらしい」と判断、より積極的に運用するようになったのでありました。と。

スピノサパー開発時(西方大陸戦争後期)の共和国軍を思うと……、本当に主力ゾイドの不足にあえいでいたと思う。
ゴジュラスは数が居ない。
シールドライガーはもはや旧式気味
ブレードライガーはOSなので量産できない
ディバイソンは期待したほど活躍しない

やっぱりジェノザウラーは大きな敵だったと思います。OSにリミットをつけた仕様であっても強い。

共和国大型ゾイドでそれなりの数が居たのはゴルドス、シールドライガー、ディバイソン。
ゴルドスは話にならん。
シールドも…、ジェノはオールラウンドで上位機だからなぁ。
ディバイソンは相性が悪い。突撃しようにもパルスレーザーライフルで迎撃されるし、近づけてもジェノの運動性なら難なくかわしてしまいそう。

で、他のゾイドは居ない。
強いて言えばガンブラスターが控えていたけど、こいつは正面への火力は高いが運動性がかなり低い。
ジェノザウラーに接近されたら死角から攻撃されてやられる。
なのでジェノザウラーに襲われても適切に護衛できるゾイドが居て初めて戦場に出せる。

なので共和国軍は鹵獲機をそのままコピー・量産するという暴挙をしてまでライガーゼロを戦力に加えたと思う。
もしもダークスパイナーとスピノサパーの野生体が同じなら、ライガーゼロを戦力化したりはしなかったと思う。
その代わりに、これでジェノザウラーに対抗できる次期主力大型戦闘ゾイドを作っていたと思う。
そうした意味で、やはり両機は別種と思います。


ちなみに完全野性体のゾイドですが、最初のうちは「完全野生体」であっても、年数が経てばどうしても人の手が入ることが避けられない。
すると次第に弱体化していくと思います。ゴジュラスが量産型になったときのような腑抜けになるかも。
そうなってしまうと、セイスモ、ダクスパ、エナジー、凱龍輝は兵器システムを新型機時代ほどは自由に扱えなくなっているかもしれないなぁ……。

荷電粒子砲を撃てるけど真OSデススティンガーと大差ないくらいのセイスモとか、もはや初期ほどのタフさがないので火気がない弱点を突かれてシールドライガーにも苦戦するゼロとか。そういう未来はあるかもしれない、、、。
そして思ったんですが、人の手がおそらく確実に入っているであろう・しかしその上でなお圧倒的な強さを維持し続けているデスザウラーはやっぱり凄いなあと改めて思いました。
新世紀バトストの120年後を描いた「3匹のトラ」ではZi-Arms社が最終兵器に選んだのはデスザウラーだったし。


現在は多くの種が「ゾイド牧場」的なもので数を増やしていると思います。養殖の生命力と闘争本能に劣る個体です。
一方で、群生地を入念に探せば貴重な天然モノの個体も居ると思う。
軍用ゾイドにはたまにそういう固体も混じっている。
その個体はエース用に回され、エースならではの「精神リンク」で動いているのかも。

また種によっては「天然モノは絶滅」「もはや牧場育ちの個体しかいない」という状態のもあるかもしれない。
ビガザウロなんかはそうだと思う。
ゴルドスとかディバイソンもあやしいなぁ。

地球だと「野生の馬」というのは絶滅してしまったらしい……。
人類は定住生活を送るようになると、馬を飼い人の役に立つように改良を進めた。家畜化である。
そして家畜となった馬(家馬)は、次第に身の危険を感じなくなり、エサを探して広い草原をさまよい歩く事もなくなっていった。
一方、厳しい自然の摂理にさらされてしだいに追い詰められていった野生馬は、20世紀初めに遂に姿を消してしまった……。

こんな感じで。天然モノはとり尽くして、もはや牧場育ちのみのゾイドはけっこう多いんじゃないかなぁ。

ただ、アメリカにはムスタングという馬が居ます。日本には御崎馬(みさきうま)という馬が居ます。
これは一般に野生馬と言われています。
しかし厳密に言えば両種とも、かつて人類に飼われた経験のある馬(家馬)が、なにかのはずみで人の管理下から逃れ自然の生息形態にもどった馬であるため、純粋な野生馬ではないとされます。
いやしかし、それでも。一度は人間に飼われたものの、野生に戻ってからは厳しい環境にさらされているわけで、その荒々しさは元の野生馬に極めて近くなっています。

将来的に……、再び野に放てば荒々しいビガザウロが復活したりするのかなぁ。
完全野性体仕様のビガザウロが居たら……、とりあえずディメトロドンには勝てるだろうか。レッドホーンは怪しいよなあ。アイアンコングは……、越えられない壁になりそうか……。

ということで話が逸れてしまいましたが、完全野性体の話の続きでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

URLのページでゼログライジスが取り上げられています。
ギガノトサウルスだそうで。
姿を見て惚れ直しました。楽しみですね!

という記事とは関係ない話題はここまでにして。
ダークスパイナーがジェノザウラーと渡り合える程度の反応速度を持っていたのは、当時はオーバースペック過ぎやしないかと私も考えたものですが、今考えれば理屈はあるのかなと思っています。

ダークスパイナーは電子戦ゾイドです。
電子戦を行うものというのは、それに特化してそれ以外にコストをかけないものですが、来るべきネオゼネバスの蜂起に関しては、その性能が必要だったのではないでしょうか。
ネオゼネバスのボトルネックは兵の少なさです。ガイロスでプロイツェンに見込まれて蜂起した老兵と若い兵からなります。
しかし、その数は決して多いとは言えません。
後に中央大陸を制覇し、中央大陸での兵員もある程度は確保できたでしょうが、それでもネオゼネバスの主となる戦力は無人操縦のキメラブロックスに頼っているのが実情でした。

そんな状況下で、敵機を操る機能すら有する電子戦ゾイドが軽々に破壊されることがあったら?
少ない兵の安全性を省みないことがあったとしたら? それはネオゼネバスにとって大きな痛手となるでしょう。
だから、人間の兵士は失うことが出来ない。虎視眈々と用意はしていたとしても、少ない人的資源で賭けた蜂起が万が一にも失敗することがあってはならない。
そう考えた時、ダークスパイナーのような戦略を左右するカギとなるゾイドが失われ、すぐに鹵獲されるような事態だけは避けなければならない事だったのではないでしょうか。
すぐにジャミングの仕掛けがバレては蜂起そのものが失敗に傾いてしまいます。

そうした理由から、ダークスパイナーにはジェノザウラーにも匹敵する反応速度が備えられたという考えはどうでしょうか?
秘密の技術を簡単に明け渡さないため、貴重なネオゼネバスの兵士を失わないためと考えれば。
これであれば、それなりに理屈としてはあっているのではないかと考えたのですが……?

No title

数十年以上のゾイド牧畜の経験があるのなら、幼生体時代から「戦士としての訓練」を
飼っているゾイドに積み重ねさせるのも可能ではないでしょうか。
完全野生体は確かにハングリー精神や本能のままの荒々しさは凄いはずです。
その反面、成長時に適切な栄養や休息を得られておらず、理想的な期待値ほどの
発育具合に成長していない固体が多いと思います。
米軍特殊部隊のようなエリート兵士を育成するみたいに、厳しい訓練を
ゾイドに課し、かつ栄養価の高い食事と適切な休息を与える。
いわばゾイドのパーフェクトソルジャーを育てるカリキュラムで育てるのならば、
両者の差は「荒々しく奔放な動きの完全野生体」と「洗練された動きの養殖体」という、
タイプの違いでしか無くなるんじゃないでしょうか。
生死がかかった環境で生き抜いた野生体のほうがギリギリの条件では上でしょうが、
人にリンクしやすいのは人に育てられた養殖体のほうですし、パイロットが乗った
場合はそのパイロットの技量で補えるかもしれませんね。
(逆に野生体のほうは動きの支配権が6対4くらいでゾイドのほうが握ってる?)
バトスト中で完全野生体にこだわる文章が無くなっていったのは、裏でゾイドの
戦士教練技術が発展して、野生体に張り合える養殖体が出来るようになったから
特に書かれなくなったのかもと想像します。

No title

現担当者「誰か、完全野生体の当時の設定資料持ってない?」
旧担当者「(そんなに深く考えずに使った言葉なんて、今更言えない…)」

・・・なんてこと、無いですよねぇ(汗


スピノサパーとダクスパの違いですが、ゴドスとゴジュラスの同一野生体説と同じ問題な気がします。同じ「クマ属」でも、ツキノワグマとハイイログマ(グリズリー)という「種」の違いに似ているでしょうか。

散々な言われよう(笑)のディバイソンですが、単機ではなく集団運用で考えるなら、(ジェノブレは兎も角)ジェノザウラーは荷電粒子砲の薙ぎ払いができないので、数の優位を活かして戦えそうです。 ガンブラも同様で、馬防柵越しに鉄砲を撃った長篠の戦いよろしく、電磁シールドを使いながら横並びで斉射する戦術は脅威のはず。敵陣に少数で飛び込むゼロやフューラーのように個体としての戦闘センスが求められるゾイドは完全野生体で、特定の場面で活かせる戦術を想定しているゾイドはパイロットの言うことを平均的によく聞く牧場生まれのゾイドが適材適所だと思います。

となると、得意戦術が固定される凱龍輝やダクスパやセイスモは(当初は完全野生体ベースで開発されていたとしても)量産機は牧畜ゾイドで十分かもしれません。ギガは完全野生体にしたいところでしょうが…「無理して量産した」という記述は「完全野生体を確保する余裕が無かったので、やむを得ずコア培養で量産した」という解釈できます。

…あれ? デュー大尉に反発心があったアロザウラーの方が実は完全野生体だったという疑惑がでてきそう(笑

No title

電ホの設定はなぁ。
面白いけど違いが大きすぎて
本編の真面目な考察には使えないのが玉に瑕ですね。
採用すると事実考察が想像よりになってしまう。
苦いです。

ダークスパイナーとスピノサパーの野生体ですが
これスピノ仕立てるなどゴジュラスをゴドスにしてしまうようなものでは?
もったいない。共和国技術部そんなことするかな。
あくまで同一種とするならばクローニングで増やした培養過程を省いた幼体でも使ったと考えるべきでしょうか。

No title

ダークスパイナーの同一野生体ネタで思い出しましたけど、ライガーゼロの話に遡るとかつて発売されていた「アートスタチュー」で「ライガーゼロ野生体はシールドライガーとライガーゼロの元になった」ってネタもあったりしました
ゼロとシールドは野生体の産地がそもそも違う前提があったから、これは当時結構物議を醸した記憶があります(苦笑)。まあ、好意的に解釈すれば西方大陸生まれにしろ、そうでないにしろ、ライオン型の野生ゾイドは進化の大本が共通で、地球の大陸移動に似たナニカが惑星Ziにもあって、そこで種が枝分かれたのかもしれない。けどゾイドの野生体設定ってそこまで踏み込んだ解説はなかったんじゃないかと思います

ちなみにブロックスの西方大陸開発設定に関しては初期の初期にトミーから頒布されてた販促チラシ(ゾイドグラフィックス)にも記載されていた話なので、少なくともその時点では共有された裏設定として存在したんでしょう。こればかりはZOITEC社設定が定着してしまってますから、トカゲのゾイド星人と同等の旧設定と考えるべきですね…

No title

エナジーライガーにゼロのコアと同種が選ばれたのは「更なる高出力に耐えられる」と公式4巻にあったので、野生体であるかどうかは別だったのかもしれないですね

スピノザパーとダークスパイナーの違いですが二つ考えました
一つは成長期と完全体の違いです
完全体に育つには獰猛な気性により成熟期の間に同種で闘うことで、わずかに生き残った数が慣れると考えました

もう一つは天然物と養殖物でスピノサウルス型自体は昔から存在したが、天然物が見つかって、そちらがスパイナーになったとも思えます


なんか今回のたとえがどっかで聞いたことがあるネタでした

No title

完全野生体・・・というと、某サイトでは「密猟」と揶揄されてましたね。実際、生物において個体の強さと種としての強さは大抵反比例しますからねぇ、捕獲圧をかけ過ぎるとアッという間に絶滅してしまうのではないかと思います…。

野生体関連で思い出したのですが、ワイルドで世界観を一新し「義体化された金属生命体」から「最初からあの姿の機械生命体」、つまり野生体がデフォルトの状態に変更されましたが、我々オールドファンへの配慮でしょうか続編の『ZERO』ではゼネバス帝国の紋章を出すなど旧シリーズとの繋がりを示唆するようになりましたが、かつて書籍等で公開されていた野生体のイラストとは似ても似つきませんし、大丈夫なのかなぁ・・・?と勝手に不安に思ってしまいます。それとも、コレも旧キット再販への布石なのでしょうか。

「世界観変更後、古参ファンの為に急遽過去作との繋がりを設定する」という行為は『アーマード・コア』でも行われていたので、ちょっと思い出しました。

No title

>やまさん
事情を考えれば、「そりゃあダークスパイナーのスペックが求められるよなあ」となりますね。
普通なら適切な護衛機をつけて「連携」しろよとなるところですが、人的資源に乏しい帝国では。

・・・とはいえ、やっぱり一足飛びに凄いスペックになったなあとは思います。
もう一歩ドラマがあれば燃えたのですが。

>Jスターさん
なるほどです!!
それは盲点でした。
新記事で取り上げさせていただきました。
めちゃくちゃ興味深いです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
いや、たぶんその推測で合ってると思う(笑

スピノとダクスパの種はやっぱり違うと思いたいですねー。
ネコ科でいえばイエネコちゃんとライオンくらいの差がありそう・・・。

ディバイソンやガンブラスターの集団先方の強みは仰るとおりですね。
ガンブラスターは特に複数機そろえればかなりの長距離射撃も可能だし、脅威です。
「最良」のゾイドと言えるでしょうか。


デュー大尉の愛機はいいアロザウラーでしたねえ。
超優良個体なのか、それともあのアツい思いを聞いたらどんなアロザウラーだって反応しちゃうのか。
それも考えたいなあ。

>No Nameさん
電ホビの生地は詳しいが詳しいゆえにそれはちょっと・・・という所もありますね、、。

ゴジュラスとゴドスのたとえはまさにその通りと思います。
やはり大型と小型だからなぁ。
幼体としてもわざわざその状態で使う意味はあまりないと思うので、やはり別種だと思います。

>No Nameさん
お・・・アートスタチューでそんな設定が。
これは見直さねば。
色んな所で独自設定が生まれてるんですねぇ。

ブロックスの設定は確認しました。
最初の最初はトミーでもその設定だったんですね、、。
これは見落としてでした。ご指摘ありがとうございました!

>デスペラードさん
私的には基本的には戦闘用ゾイドは極わずかな例(マッドサンダーなど)を除いて全て成体が使われていると思うので、スピノサパーも成体を改造したものと思います。
成体になってもスピノサパーになれる程度でしかない小型種です。
なのでやはりダークスパイナーとは別種と思いたいです。

>ガネオ・トカゲさん
某サイトはよく分かりませんが確かに密猟は言いえてるかも・・・・。

種の強さと個の強さは仰るとおりです。ジャイアントバッファローとかがまさにそれですね。
完全野性体の種も絶滅しなきゃ良いのですが。

「野生としては絶滅したがOSにより一応種としては残っている」ようになったら・・・、それは果たして生き残っているといえるのだろうか? という哲学的な問題も発生するのかなーと思いました。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント