汚したレッドホーン

最近すごい勢いでコラムを書きました。
さてコラムを書く中で従来シリーズの写真やなんかも沢山必要になって、引っ張り出してきています。
そんな中で個人的に懐かしいなあと思うものが出てきたので紹介。

レッドホーン

これは1999年に再販された直後に買って組んだものです。


この頃はゾイドはウエザリングしたら1000倍カッコ良くなる教に入信していたので頑張って全機にウエザリングをしていました。


個人的にですが赤い機体は汚しが似合う。黒い機体はツヤツヤが似合う気がします。
いやもちろん黒いのも汚すとカッコいいけど、それよりツヤツヤだとより似合うようなイメージ。

なんでだろうなぁ。グレートサーベル初登場シーン(満月をバックにシールドライガー部隊を葬ってるシーン)があまりにもスマートでカッコよく映ってその印象が強すぎるからかも。
一方サーベルはけっこう色んなシーンで渋く散ってるから汚しが似合うイメージがある。

あと、レッドホーンとダーク・ホーンでも同じ事が言えるかも。
レッドホーンは泥臭く戦ってるイメージ。ダーク・ホーンはスマートというか、そんなイメージが強いです。

レッドホーンはたくさん買って。他にも何機かウェザリングしていました。
なにぶん当時は何もテクを知らないので随分苦労していました。
まずは薄めた塗料で塗ってふき取ったのですが、スミ入れは出来たけど表面は綺麗にふき取れてしまって汚れた感じにならない。
そこで当時は生乾きくらいのタイミングでじゃじゃっと荒くふき取る方法を採っていました。
それを何回か重ねるといい感じに汚れてくる。これもその方法でやったかな。
あとはいったん黒く塗った後に溶剤で落とす方法なんかも採ってたかなあ。
試行錯誤でした。


牙を部分塗装したり、パイロットも塗ってる。頑張ってる。
ところで私はゼネバス帝国パイロットと言えばいまだにこの色のイメージです。
共和国兵士は灰色に赤ライン。


このあと素組み教になってしまい、最低一つは素組みを持っていない限り改造しない感じになっちゃって今に至るわけですが。
でも当時頑張ってたこういうのを見るとまたいじりたくなるなぁ。
せっかくなのでワイルドで試してみたいです。簡単な汚しから改造まで。
たいてい計画ばかりで終わるんですが、ワイルドはなにしろ手軽だからまずはウェザリングなり装甲の色変えなりからやってみようかなー。
素組みは素組みで残しておきたいのでやるなら複数買いした後になるんですが、やってみてみたい意欲がわいてきてます。

素材別の塗料相性表なんかも作れると良いなと思っています。
その辺の研究もしていかねば。
スポンサーサイト

アンケ久々に実施

HP更新しました。久々にアンケートの実施です。
ゾイドワイルド始動!!! ということで是非是非お寄せ下さいませー。
最近はSNSで感想なんていくらでも見れるし体感できるのですが、あえて旧式のアンケートというシステムにもご参加頂ければ幸いです。
利点として集計して見やすい形で残せますしね。

もうちょっと早いタイミングでやるべきだったかなー・・・とも思ったんですが、キットが発売され・アニメ第一話が放映され という今のタイミングでやるのも悪くないかも と思います。
ということで色々とお寄せ頂ければ幸いです。
どうぞ忌憚無きご意見をば。

こちらから

ちなみにもちろんですが無理に持ち上げる文章を書いてくれというわけじゃなくて、素直な想いを寄せて頂ければOKです!
馴染んでる、楽しんでるという方は勿論そのように書いて頂ければ嬉しいし、なかなかまだ馴染めない方がいらっしゃればそのようにお寄せいただければと思います。
その結果で、ナルホドこういう意見もあるのかと思い更に意見交換ができれば良い交流になると思います!

私が思うに個人の想いはそれぞれなわけだからどんな意見でも大歓迎です。
「交流する意思があり」「交流するに足る丁寧な言葉遣いであれば」否定的な意見でも建設的に話していける。そんな感じだと思っています。
それがないものは、そんな事言わんでいいよ…ってなっちゃうんですが……。

楽しんでる方はもうまさに何の遠慮もなく楽しんでる思いのたけを語ってくださいませ!!


アンケでいい感じの集計が出来たら、第二弾、第三弾とランナップが増えるたびに行っても良いかもしれませんね。
そんな感じで、

アンケートフォーム

お待ちしております!!

コラム更新!

昨日に続いてHPを更新しました。
ゾイドワイルドコラムです。ランナーレス仕様について。
こちら

3月頃にブログで書いていたブログ記事の文章に、発売後に実際触れて得た感想をプラスして構成しました。


当初はあれこれ言われたこの仕様も、発売して見れば絶賛に次ぐ絶賛。
おおいに受け入れられており大成功という感じがします。

ジェネシスキットとの比較ができたのは面白かったと思います。
ところで・・・、


コチラの画像ですが、ホントは「完成形ムラサメライガー」「組み立て前のムラサメライガー」を並べて撮影したかったのですが、あいにくムラサメは未組を持っていないのでハヤテライガーで代用しました。
(ハヤテは逆に完成形を持っていない)
ジェネシスのキットは今では随分希少な気がするなあ。特にライガー。

ジェネシスのライガーは完成済み胴体が箱に入っているので、どうしても同クラスのゾイドと比べて箱サイズが大きくなっています。
正確にいうと正面面積は同程度ですが、とにかく分厚い。
売り場にもちょっと敬遠されたでしょう…。
ゾイドワイルドのスマートな箱サイズと対照的で、ここも進化といえるかも。

ランナーレスの仕様については他にもアレコレ書いていたので、近日中にはそれも清書してコラムに入れたいと思います!

写真撮影特集

ゾイドワイルド第一弾の発売日は23日。
あと2日で発売日!

さて今日の記事。


学年誌をスキャンしているので、その中にある面白情報なんかも少しずつ紹介していきたいと思います。

☆★☆写真撮影特集☆★☆
学年誌の中でも1,2,3年はバトストのストーリー掲載が主です。
対して高学年は一味違います。
塗装しようとか、改造しようとか、ジオラマを作ろうとか。そんな一歩踏み込んだ感じである事が多いです。

そして「写真を撮影しよう」な事もよくあります。

塗って、改造して、ジオラマにして、写真を撮影する!
高学年の記事は、全て学べば自分でバトストが作れちゃうぜ!! っていうアツい構成です。
(更に、数は少ないですがギミックの解説、ギミックに手を加える講座、ストーリーを作ろうなんていう特集もあります)

さて今日は写真撮影を少し紹介します。
メカ生体当時は今と違ってフィルムカメラですから、敷居はかなり高かったはずです。ですがけっこう写真撮影講座は多い。
撮影講座は主に二パターンあります。

一つプロの現場を紹介して「こんな風にすれば上手く撮れるぞ」というものですが、これは「そりゃそうだ」という感想です。
どちらかというとこれは講座というよりプロ現場の紹介、こんなに本格的に撮影しているゾイドはスゲーぜという記事ですね。

もう一つはキッズでもできるテクを紹介した記事です。
これは主に野外撮影・・・・外に出てゾイドを撮影しようぜ! というノリの記事です。


いいですね、こういうの。
ホビーをより楽しむ良い特集です。実にいい。


家で組んで塗って改造して…というのもいいけど、アウトドアとからめてるのがいい。
ゾイドをもっとアクティブに。いいじゃないですか。


これは1988年の記事ですが、この頃と言えば2年前に使い捨てカメラの「写ルンです」が発売されて撮影の敷居が若干ながら下がっていた時代でもあります。
当時の少年は親からカメラを借り、または写ルンですを持って撮影に挑んだのであった……。




トリックアート的な撮り方もあったりして楽しい。




この辺はちょっと無茶を言っていますな。
ゾイドもカメラも下手したらふっ飛んでいくぞ……。
現代だとまず載らない講座で時代を感じます。


ゾイドワイルドでもこういうのがあると嬉しいなー。
どうしてもストーリーがどうなるか、世界観がどうか、バトストはあるのか、そんな部分に注目しがちなんですが、ホビーとしてのゾイドをより楽しむ企画があっても楽しいんじゃないかな。
今だとホントに撮影は気軽にできる時代だから、ゾイドをもっとアクティブに使う企画があれば嬉しいです。
外っていうのがいい。
他にも、動物園にゾイドを持っていって実物と比べてみたぞとか、そんな風な企画があっても面白いんじゃないかなー。
コロコロ一誌だとやれる企画に限界はあると思いますが、どこかでそういう方面も検討してもらえれば最高だなーと思います。

コラム更新

対空装備についての捕捉のもので、甲虫型ヘリ系ゾイドや新世紀の事情について書いています。
コチラ



ゾイドワイルドの話題でこの先忙しくなりそうですね。
もちろんそっちにどっぷり浸かっていきたいのですが、一方で過去シリーズの研究も途切れさせずやっていきたい感じです。

ワイルドでは今のところカブターとクワーガが飛行ゾイドですが、いずれ超音速機も登場するのかな。
鳥とか翼竜で。
それがどんな風になるのかにも期待していきましょう!

データ化するぞー

収集した学年誌のゾイド記事をこの度・・・



綺麗にスキャンする作業を始めました。
(今までは必要なページのみスキャンしていただけでしたが、今回は全ページをスキャンする決意をしました)

紙はどうしても劣化するので早い段階でしておかねば…とずっと思っていたのですが、ようやく取り掛かりました。
量がすさまじいので半年くらいかけるつもりで気長に作業します。

家庭用の普通のスキャナーでやっているので時間がすごいかかります。
業務用の大判高速スキャナーが欲しいなー…。


さてスキャナーで取り込むと、白い部分は裏側の印刷が透ける事があります。



これはなんだか奇跡の位置になった……。
ちなみにこのシーンは小二の91年2月号・・・・小二における連載最終号で、白い光はゾイド星にぶつかる寸前の隕石です。
すげーシリアスなシーンなのに。

まぁ、

写り込んだページはこれなんですが、こっちにもキンゴジュが透けているのでおあいこですね。

学年誌のカラーページにも紙質が幾つかあって、厚めの上質紙のページだと裏透けはあまりない。
逆に質の低い紙や薄い紙のページだと透けが多発します。
後期の連載は、全てではないが多くが紙質の低いページに追いやられているので辛い。
こういう所からも終焉がみてとれます。

裏透けなどは取り込み後に補正して綺麗にするつもりです。紙の中にはシワがあったり破れがあったりするものもあるので、それもできる限り補正する予定です。

例えば先ほどのシーンだとこんな感じにします。


しかしなにぶん数が凄まじい。
半年で終わるのかしら という感じでもあります。
まぁ、チマチマ進めていきましょう。

またこれが終わったらてれびくん、それが終わったらコロコロ、それも終わったらホビージャパン…という感じでやっていたら何年単位の作業なんだろうと思えるなあ。
これからは新規資料もバンバンやってくるし。
まあでも、嬉しい悲鳴と言うやつですね。

洗浄完了

洗浄完了~
180617a.jpg
組めました。グスタフ、ゲート処理もできる限り綺麗にできてピカピカです。

洗浄時に残念ながら貼ってあったシールは剥がしました。
代わりに、同じような位置に手持ちのシール(サラマンダー用から拝借)を張りました。
グスタフはデッカイ数字が貼ってあると引き立つと思う!

私がシールを貼るのは珍しいんですが(シールがもったいないというそれどうなの?という理由で…)、やっぱり最低限は貼った方が引き立つなァ…。
こういうシールが気軽に手に入ると良いんですけどねぇ。
戦車などで「似てる」「惜しい」デカールはいくらでもあるんですが、全く同じものはないのでなかなかウーンとなります。

ま、それはさておき。
蘇って嬉しい。動力も生きてます。
昔のようにまたウルトラザウルスでも乗せて運ぶか。

グスタフ洗浄

先日グスタフをゲットしましたが、これにてメカ生体版が二機になりました。


といっても、先日も書いたように完品×2になったわけじゃない。
片方は完品ですが、もう片方はパーツ不足を新世紀版への塗装で補った不完全品です。

さて完品の方のグスタフですが、幾つかのパーツには難もありました。
保存が極めて適切だったのだろう、ゴムなども切れていない奇跡の状態でしたが、パーツの切り取りがやや雑で「えぐれたように」なっている箇所が多くありました。

そこで「二機の同一パーツを比べて綺麗な方のパーツを採用する」という作業をして、より綺麗な完品グスタフを組む作業をしました。
何とも贅沢な作業です。
といっても両方とも「えぐれたように」なっているパーツも多くあり、完璧な状態になったとは言い難いのですが。
これはまぁ、当時のチビッコが組んだものだから仕方がないですな。



パーツ選別の後、中性洗剤で洗って現在乾かし中です。
組んだら早速写真を撮りたい。

動力は・・・

直すまでもなく生きていました。さすが!


残った方のグスタフは有効活用するべく考えています。
幸いにも灰色パーツは揃っていてとても良い状態です。
緑パーツは8割揃っているという感じかな。
こちらをどうするかについてはまたいずれ。

コラム更新

HP更新しました。
コラムです。こちら

対空装備も興味深いテーマでした。細かく見ればまだまだ掘り下げる部分があるなあと思うばかりです。

ところで・・・・、

コチラのシーンを紹介したんですが、サラマンダー(ノーマル)がプテラスを改造した遠景用モデルな事に気付かれたと思います。
さてこの遠景モデルですが・・・、


コチラは第二次中央大陸戦争中のワンシーン。
グレートサーベルを猛爆していますが、同じ遠景サラマンダーが使われていますね。
(グレートサーベルは多分ビッグポーズのサーベルタイガーに色を塗ったもの)

この遠景サラマンダーは随所で使われている。
色んな時代に出てくる名脇役です。

多分、「フランツの罠」で鹵獲したデスザウラーを運んでるシーンに出てくるサラマンダーもこれだと思う。

さてこのシーンですが、サラマンダーの爆撃を受けてもグレートサーベルは無事でした。
そして低空に降りた所に飛びかかり、みごと仕留めます。
トラがサラマンダーを仕留めるっていうのは凄いなあ。

しかしサラマンダーも負けてはいません。

別のエピソードではこんなことも。

あんがい、サーベルとサラマンダーもライバルといえる関係なのかもしれませんね。
そんな事も思いました。

グスタフゲットだぜ

グスタフをゲットしましたー!!!!!!!!!!

嬉しい。メカ生体版です。激シヴな色をした方のグスタフです。嬉しい。

やー、今までも

これがあったんですが、左側触覚、顔の下面、アンテナが新世紀版への塗装だったので完品ではなかったのです。
あとトレーラーが一基しかないですね。ちなみにトレーラーのパネルも新世紀版への塗装。
(全体的に色が違うように見えると思いますが、それはカメラのせいです)

そんなわけで補完すべくパーツを探していたんですが、この度完品の本体ごとゲットしてしまったというわけ。
ジャンクからチマチマ再生していると、稀によくこういう事がありますね。
あと少しのパーツが揃わない。
そしてパーツが揃う前に完品を入手してしまう・・・。

そんなわけでこのグスタフはどうしようかな。
新世紀版(ムンベイ)とミックスして荷電粒子砲を受けた後のツギハギ仕様にしてもいいのだけど、んー…。
あんまり乗り気じゃないかな。
好きなゾイドだけど一機あれば良いので、いずれプレゼント用に回すかもしれませぬ(不完全品なので希望者がいるか分かりませんけども)。

さてさて今回ゲットした方に話を戻します。

メカ生体リアルタイム当時になじんだ色なので、やっぱりこの灰色が好きだなー。
「5」とかの巨大な数字シールも良い良い。

状態がものすごく良い。
色あせがないしタイヤのゴムも生きていました。



ゴム生きてるのは凄い。
今後も切れないように大事に保管せねば…。

更に!

説明書も付いてた。最高!

箱だけは無かったんですが、まぁこれだけでも十分。
箱はまたいずれ手に入ればいいな。


グスタフはですねー、当時持っていた。
「デッド・ボーダーかダーク・ホーンのどっちにするかを迷った末にグスタフに決めた」という謎の行為をしたので買った状況もよく覚えている。
何度か書いていますが、我ながらホントに何でだろうな。

1990年の年末、既にゾイドは終了に向けて歩んでいて売り場でも投売りが始まっていた。
その年はクリスマスプレゼントにウルトラザウルスを買ってもらう手はずになっていました。
ウルトラは定価5980円だからその想定で店に行ったんですが、売り場で2500円だかそれ位で売られていました。(戻りてぇ……)
そこで急遽としてもう一つ足して良いぞ、その代わりすぐに決めなさい という事になり、デッド・ボーダーかダーク・ホーンがカッコいいと思いつつグスタフを選んだわけですな。

この年はウルトラザウルスとグスタフをゲットした。
グスタフは初めて組んだゾイドでもあります。
今までのゾイドは全部「組み立ててもらっていた」のですが、初めて自分で組んだわけですね。カッターを使って(当時家にニッパーが無かった)組んだのを覚えています。
私はウルトラザウルスから組みたかったんですが、まず簡単な方からにしろ、それが出来たら大きい方を組めと言われて従ったのでありました。
初めて組んだのに迷わず完成させられたのは大きな喜びでテンションMAXだった。しかもそれが動くのだから凄まじかったですねぇ。

グスタフは遊び甲斐のあるキットでした。
グスタフに続いてウルトラも組んで、真っ先にやったのはウルトラを甲板に乗せて動かす事でした。
キットのグスタフの牽引力はかなり高いので、ウルトラくらいは楽々運んじゃうんですよね。
そこでもう、このグスタフはスーパー仕様だからウルトラでも運べるんだぜという俺設定を脳内保管していたのも良い思い出であります。
(グスタフの設定上の最大牽引は250tだがウルトラはその二倍以上の重量がある)

その後、友達の家にもよく持っていっていた。
近所はちょっとしたゾイドブームで(主に私が原因)、友達は帝国派でアイアンコングMK-IIとディメトロドンがあったのでよく輸送ごっこをしていました。
あと友人はガンダム好きでもあったので、彼のガンダムキットもよく運んでいたなぁ。
特にSDの大将軍というやつを運んでいたのを覚えている。あれはどういう世界観だったんだろう。

更に、その友達の弟は共和国派でオルディオスを持っていたのでそれもよく運んでいた。
余談ですが、その弟はクリスマスにサンタさんにキングゴジュラスをお願いしたそうだ。そしたら却下されてオルディオスだったとの事で、それもよく覚えています。

グスタフは本当よく遊んでいたなあ。手持ちの大型ゾイドから小型ゾイドまでいっぱい運んだ。面白かった。
「運ぶ」って地味ですが、凄くいいギミックだよなあと改めて思います。

うちのグスタフは比較的良い状態で残っていたんですが、メカ生体ゾイド終了から何年後かに「欲しい」という後輩がいたのであげてしまった。
(その頃の私は大和や長門などの軍艦のプラモに熱中しておりぞいどは幾つか特に好きなものを残しておけば良いかなという認識であった)
その後輩とは今でも交流があって、ある時に「そういえばまだあるの?」と聞いたら地域で大洪水があった時に流されてしまったらしい……。

なんだかなぁ、グスタフには思い出が色々と深いなあ。
そんなグスタフを今またゲットできて嬉しい限り。
ああグスタフ。感動です。

洗って遊んでレビューもしたい。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント