コラム更新

HP更新しました。コラムです。
こちら
「拠点防衛におけるデスザウラーの価値を語る」です。



単体での強さだけでなく、様々な戦いを想定して価値の高いゾイドや低いゾイドを図る事も楽しいですね。
単体での強さ、汎用性、量産性、コスト、無数にある要素を探れば弱いが生産性はよく主力たるゾイドや強いが使い勝手の難しいゾイドや稀にどの要素も高いハイスペックなゾイドなどが居て実に奥深いなあと思います。

本コラムは以前にブログで描いたものの再掲ですが、続きとなる文章もあるのでそちらの方も近々編集してしまいたいと思います。
スポンサーサイト

フランツ

先日のフランツの記事について予想以上に多くのレスを頂いて驚いています。
今回は同疑問に対してもう少し補強しつつ疑問を整理し進めたいと思います。



一連の流れで疑問点を整理すると


手持ちミサイル(極小サイズ)で大型重装甲のゾイドを撃破できている。
しかも正面から撃ち角が吹き飛んだ。


共和国軍守備隊がその事に疑問を持っていない。


ヘリック大統領が直接会う事を求めた。

以上の3点をすべて解決する必要があります。


①だけなら簡単です。
この行為は帝国軍の自演なのでレッドホーン側にあらかじめ自爆プログラムが仕込まれていたと考えるのが良いと思います。
フランツのミサイルが着弾するタイミングにあわせて自爆すれば良いというわけです。

しかしこれでは②につなげる事が難しいです。
今作戦ではレッドホーン撃破後において共和国軍に怪しまれない必要があった。
怪しまれればスパイかとバレる事になり作戦は失敗する。


では装甲の継ぎ目やコックピットハッチなどのわずかな隙間を狙えば小威力の武器でも破壊可能ではないか。
この可能性があれば②を解決し(あいつスゲえ射撃の腕してやがるぜ)、更にそんなピンポイント射撃を瞬時に行える兵士とあれば③ヘリックが会合を求めても不思議ではないかもしれません。

いやしかし私はこれはちょっと疑問でもあります。
実際に出来るかと言えば、以下の例で想像してもらえれば分かりやすいと思います。

敵としてドイツ軍重戦車であるところのティーガーが攻めてきました。これを97式中戦車チハに乗って迎撃しよう。
この状況で倒せたら、味方は「やった、あいつは凄い戦車兵だ」というより「え・・・なんで?」ってなるんじゃないかと思います。
戦場では兵士は奇跡に期待せず自軍装備の威力や敵の防御力を冷静に判断しているものなのです。

唯一キャタピラを撃ち抜き行動不能にせしめたのなら納得できるのですが、レッドホーン撃破の描写を見ると角を吹き飛ばしている=真正面を破壊したという事です。
「一発目で脚のキャップを破壊・行動を止める、すかさず移動し次弾を発射・口の中に撃ち込み内部で爆発させる」とかなら破壊できなくもないかもしれませんが、そうじゃない。
いきなり正面を突破した、ここが問題です。
(逆に側面・上面・下面などならそうした弱点があってもおかしくない。現にレッドホーンも上部には巨大な排気口があるのでここに爆弾でも落とせば小型でも深刻なダメージを与えられるだろう。だがこれらの面はそもそもめったに当たらないから多少の弱点があっても許される。最も被弾しやすい正面が隙だらけというのは考えにくい)

この例で言うと97式戦車の主砲でティーガーの正面装甲を突破したという事です。
兵器とはそんなに脆くはない。もちろん弱点はどうしてもありますが「正面」が脆いのは考えにくいと思います。

戦闘機械獣のすべてには、「歩兵が持つ武器もあなどれないやっかいな装備だ」というような記述はあります。
またバトストでは機関銃をゾイドに向けて放つ勇ましい兵士も居ます。
いやしかし、それでも歩兵装備でゾイド、まして大型の破壊は難しいと思う。
戦闘機械獣のすべての描写は「歩兵装備としては最大級の大きさの重機関銃等を使えば、ガリウス~ハイドッカー程度の骨ゾイドには効果がある」という解釈をします。
バトストの勇ましい兵は窮地に陥れば効かないと分かっていようが撃ってしまう追い詰められた心理だと思います。

もしも歩兵装備程度でも狙いさえ良ければ大型ゾイドに効くのなら、ゾイドの装備はもっと違った形になっているのではないかと思う。
大砲よりも歩兵装備と同程度の小型砲を無数に装備した仕様になっているんじゃないだろうか。
ゾイドの装備が大型強力なのはやはりそうしなければ倒せないからだと思う。

上では97式戦車チハとティーガー重戦車で例えました。
しかし歩兵とレッドホーンならこんなもんじゃない更なる絶望的な戦力差があります。
レシプロ機を積んだ商船改造空母とF/A-18を積んだ原子力空母ニミッツくらいの差じゃないかな。


以上の点から歩兵装備で大型ゾイドを倒す事は極めて難しいと思う。
偽装はバレないように自然に行う必要があります。

そこでコアを内蔵したミサイルという案です。
コアの持つエネルギーは繰り返すまでもないでしょう。

バトスト3巻の時代だから、この時代は既に余剰機たるガリウスやグライドラーを転用します。
これは外道兵器です。
「戦闘ゾイドもコアミサイルも兵器だから同じ」というのは通用しない。
なぜならコアミサイルは生還を一切期さないからです。その代わりに大威力を持ちます。
一機一艦をスローガンに爆弾を積んで体当たりをした特攻のような運用だからです。

一切の情を排除するとすれば有効な装備たると思います。
生体兵器であれば数に限りはありますが、小型ゾイドのコアで大型ゾイドを葬れるとすれば十分な数と言える。大型ゾイドの数は小型ゾイドより遥かに少ない。
しかも「戦闘兵器化されたゾイドは子孫を残せない」とすれば、せめて戦争で「有効活用」するならどうかという考えに行き着いても不思議ではない。

とはいえこれは一切の情を廃した考え。実際に大々的に運用すれば軍内で士気が低下するでしょう。いかに威力があろうとも、人は感情の生き物です。
また民に知れれば大変なことになるのは必至。
そこで運用は極秘に一部の信頼できる指揮官クラスの兵士とその部下に託される…。


フランツが用いたのがコアミサイルとすれば、レッドホーンを撃破する事は可能と思います。
しかし「一部の兵士しかコアミサイルの存在を知らない」とすれば②の問題が発生します。
その時点で共和国軍は怪しむだろう。
なのに撃破後、「なんであいつレッドホーンを倒せたんだ・・・?」「あやしい」とはならず、信頼されたのは何故か。

私は、この共和国守備隊の部隊長が「コアミサイルを知っている兵」だったと推測しました。
沸きあがる隊員たちの疑問。しかし部隊長が説得をすれば、「部隊としては納得」せざるを得ない。

このとき、部隊長は「あいつコアミサイルを使っていた……。これは機密漏えいを防ぐべく調査をする必要があるな。ヘリック大統領にも報告だ」となる。
そして報告を受けたヘリック大統領は「コアミサイルの存在は公になってはいけない。この兵の調査は私自らが行い、また漏洩せぬように直接の勧告もしよう」と考え会合を希望したのだと思いました。

帝国軍はフランツを共和国軍に忍び込ませた。
だが考えてみよう。「どこから忍び込ませるか」を選んだのは帝国軍。
どこでも良かったわけではなかろう。やはり潜入に最適な場所が入念に調査されそして実行されたはず。
事前の調査により、どうもこの部隊はコアミサイルを運用している(あるいは少なくとも部隊長がその存在を知っている)…そんな部隊が見つかる。
そしてそこにフランツが挑んだという解釈です。


もう一つ、我々はもう一つ大きさに比して異常な高威力を持つ砲を知っています。
1200mmデストロイヤーキャノン砲。5000機の敵ゾイド部隊に向けて発射、結果として
・着弾地点から半径3キロ以内にいた300機:消滅
・その外3キロ(半径6キロ地点)以内に居た700機:爆発炎上
・更にその3外キロ(半径9キロ地点)外にいた800機:大破
・以下:中破:1500機,小破:1200機

合計4500機のゾイドを損失ないし破損し戦線を離脱させるという1機(正確言うと支援機含めて3機)で5000機に勝つという凄まじいまでの戦果…。
「核」とも噂されていますが、特に一帯が汚染された雰囲気もないので違う気もする。

まあこの戦闘は現在ファンブックにある記述をそのまま信用するかというと疑問もあるのですが(1200mm砲の射程は100kmなので敵の少なくともアイアンコングの長距離大型ミサイルの射程内であるし様々な角度から改めてみる必要はあると思う)、単純にホントにこのキャノン砲の威力がそうだとすれば、もしかするとこのキャノン砲の砲弾にもゾイドコア・・・しかも大型ゾイドのコアが仕込まれている可能性を感じます。

「ゾイド乗りの戦い方ではない」という手紙もこれを指しているのかもしれない…。

ちなみに大型ゾイドのコアが入っているとすれば、「この時代に生き残っていて」「大爆発を起こすエネルギー量を持っていて」「しかも戦闘用に使われていない」という三つの条件をクリアする必要があります。
ウルトラは一機しか残っていないからダメ。ゴジュラスも主力戦闘ゾイドだからダメ。ゴルドスも重砲部隊として貴重なのでダメ。シールドライガー以下はエネルギー量が不足。
とすればあれしかない。ゾイドマンモス。
砲弾はマンモスのコアだったのかも…。

とか最後の方はちょっと暴走した妄想になりましたが、そんな風に考えても面白いかもと思っています。

バトストの魅力

HP更新しました。
ジオラマの魅力についてです。こちら
後にこれを補強するものとしてカットモデル(内部図解)や改造ゾイドを少し詳しくなどを含めた文章も製作したいと思います。



それにしてもジオラマはやっぱり良いなと思うばかりです。
MPでもジオラマが作られたし、今後もゾイドあるところにジオラマがあると嬉しいなと思います。

夜間戦闘仕様

マッドサンダーの地味な改造バリエを描きました。

夜間戦闘仕様

「塔の上の悪魔」を倒した仕様です。
脚の装甲板や下あごのキャップに注目。量産機より前の先行型からの改造です。


側面図からだとどこか変わってるか今一つ分かりにくいですね…。


フリル後方と横腹に大型のライトが付いています。あと強烈な音を鳴らすサイレンも付いているようだ。
夜間戦闘ができる一方でライトユニットの付き位置の関係で、背中の砲は正面に撃てなくなっているのは弱点。

本機は夜間に強烈なライトとサイレンで敵の目と耳を奪いながら戦う。
ライトユニットの性能は想像するに…、


こちらは74式戦車。
本機が持つ暗視装置は赤外線フィルターを外すと1.5km先で本が読める程の明るさがあるらしい。
「あまりの大出力、大光量であるため、赤外線フィルターがかけられていても直前に立つと低温やけどや着衣の変質などの危険性があり、赤外線フィルターを解除すると赤外線による人体への熱傷の危険性がある」

マッドサンダー夜間戦闘仕様にはおそらく74式戦車のものより大型のライトが10基も付いているからそりゃあ強烈だ…。

改造には戦車の車輪のランナーがそのまま使われています。
またムギ球がそれぞれ仕込まれていますね。

ところでマッドサンダー夜間戦闘仕様はあるゾイドに似ています。


レッドホーンの箱裏バリエーション、夜間戦闘仕様に似ている。
こちらもライトとサイレンを装備しているのだ。

マッドサンダーはそもそも武装配置などがレッドホーンにとても似ていますが、改造バリエでも共通するものがあるのはとても興味深いです。

黄金のマッドサンダー

改造マッドサンダーを描きました。

ゴールドサンダー


中央大陸にて上陸したデッド・ボーダー&ヘル・ディガンナー部隊を迎撃、みごと一方的な強さで圧倒し撃退した武勲機です。
この時期としては共和国軍が勝利をした珍しい一戦でした。さすがマッドサンダー。

もっともゴールドサンダー到着前の暗黒軍はウルトラザウルスやサラマンダーを含む共和国部隊を破壊しまくっていた。
最終的に撃退しただけで取り逃がしているのも痛い。
被害は明らかに共和国軍が酷かったので一矢報いつつも敗北という結果という方が正しいのかもしれない。

ところでゴールドサンダーは名の通り色が凄い。
クリックで拡大
<クリックで拡大>

もー、キンキラキンです。一部の砲とキャップを除いてすべてメッキという凄まじい具合。
メッキゾイドは珍しくありませんが、たとえばデスクロスだって装甲がメッキなだけだった。
ゴールドサンダーのように極一部の場所を除いてすべてメッキというのは凄い。


槍持ちデッドがビビってます。そらビビるわこんなん・・・。
当時、一番好きなマッドサンダーがキンキラになってテンションが上がりまくっていました。
今見るとどうかと思う部分もありますが、でも今でも好き。


ノーマルカラーにしたら普通にカッコいい・・・・・・んだけど、ちと寂しくもあるかな。

ゴールドサンダーは色に注目しがちですが、火力も大幅に増しています。
ウルトラキャノン砲を実に8門も持っているのですね。

色はともかく形の再現はそれほど難しくない改造ゾイドと思いますが・・・、製作にはマッドサンダーとウルトラザウルス×2が必要という豪華な仕様です。
・・・ん? もしかして再現に必要なゾイドのコストはケンタウロスより高いのでは・・・・?
当時価格でマッドとウルトラは共に5980円。すなわち17940円。

ケンタウロスはウルトラとゴジュラス(3800円)とゴルドス(3000円)とサラマンダー(3000円)だから合計15780円。
うおー、すげーゴールドサンダー。
といいつつ、実はケンタウロスの再現には他にもマンモスやコングMK-IIのバックパックが必要なのでそれも考えるとケンタウロスの方がやっぱり高いのですが。

話を戻します。
ウルトラキャノン砲8門の火力は凄まじい。もしかすると砲撃だけでデスザウラーをも倒せちゃうのでは。
マッドサンダーはウルトラザウルスと同等以上のパワーを持つ。
そのうえ、学年誌での解説では「ゴールドの装甲は太陽エネルギーを吸収する」とあった。
(但しバトストではビーム砲を反射するゴールド合金と解説されている)

マッドサンダーのエネルギー+太陽エネルギーの合算でパワーは無限とも言える域。
これがウルトラキャノン砲8門を実現させたのかもしれない。
ではこれが標準装備にならなかったのは何故かというと、コスト的な問題かもしれないし、太陽エネルギーを吸収する機構が防御上の難を引き起こしたのかもしれない。

ところで「太陽エネルギーを吸収する機構」といえばレドラーやブラキオスが持っていた機能です。
その機能を帝国軍を併合した直後の共和国軍が試験的に取り入れているのはとても興味深い所です。

さてゴールドサンダー。実は装備の異なる別の一機が居たりもするのですが、それはまた後日。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント