アニキー

--------------------
97回アンケの結果を27日23時に来た分まで反映しました。熱心な意見で凄い。共感する事多々であります。
結果ページはこちら
アンケはまだ募集中です。
PC用スマホ用携帯用

28日、本日までの募集です。よろしくお願い致します!
--------------------

さてさて一つ前の記事の通り、面白い事が起こっているようだ!!!

OHA OHA アニキ…、気になっていろいろと調べてみると、Facebookのトップページの背景画像(右下のほう)にメカ生体版のレッドホーンが居るじゃないですか!! 箱もある。
なるほど、いつかゾイド特集をやろうとずっと狙ってて、おそらくゾイドFORがリリースされたから良い機会だと放映に踏み切ったのかな。
いずれにしろ、ずっと前からレッドホーンを置いていたというのはちょっと嬉しいですね。また番組もゾイドを上手く扱ってくれそうだなと安心できます。

内容…、

「メカ生体ゾイド」80年代CM舞台裏大公開。
ふむふむゾイドコアボックス付属のDVDを持っている方は見た事があるであろうあれかな。
個人的には新世紀ゾイドの気合の入ったCMも興味があるんですが。
「報復は愛と友情の為に」は名作。
あとウルトラザウルスのも良かったなー。
途中からキットを使わずCGになったのは寂しかったですが、、。

ところで内容を見ていると最後だけ怪人ゾナーでこれまた懐かしすぎる…。

それにしても週末はニコニコ超会議、5/4はOHA OHAアニキ、その後にはZAOD展示会も控えています。
うひょぉぉぉぉ充実しすぎでは!
凄い日程ですね。
いろんなイベントに参加したり番組を視聴したりする方はどうかご武運を!
スポンサーサイト

!?

ちょっと凄い情報を見つけたので以下に報告いたすよ。

既にご存知のように、この週末のニコニコ超会議でゾイドFORブースが出展されます。
やっぱり配信直後は色んな場所で宣伝するんだろうなーと思っています。
そういえばマテリアルハンターの時も週刊ジョージアの記事がありましたねぇ。あの時は光栄にも記事を担当する事になり、まさかそんな経験をする事があるんかと驚いたものでした。
ちなみに現在は週刊ジョージアは既にサービス終了になっているので同様の話は無かった。残念。

ゾイドFORは、27日昼にはメンテも入るという事です。
アップデートでゲームの良い部分が伝わりやすいような形になり・不満部分が解消されていくと良いですね。
出来る限り良くなった上でニコニコ超会議に挑んで欲しい。

思うんだけど、ニコニコ超会議の後はやっぱりユーザーが増えるだろう。
だから、その日から数日くらいは特別サービス期間として好きなゾイド一体無料とかアイテム箱がすぐ開くとかをしても良いんじゃないかなぁ。
あと登場する各機のカラバリがステキすぎるので(例えばセイバータイガーだとグレートサーベルカラーだったりコマンドウルフだとアーバインカラーがあったりする)、その辺ももっと分かりやすく伝えてはいかがかしら。
好きなカラーが出るからプレイする・買う というユーザーも居るだろうし。

まぁ、そんなわけで期待しています。
さてさて凄い情報というのはこれじゃないですよ。思わず声が出たほどの情報を見つけてきたので以下の情報に刮目せよ。

ゾイドFORの配信にからんだ宣伝だと思うんですが、まさかこんな所で宣伝するとは…というのを見つけました。


たぶん機獣新世紀ゾイドの世代の方には朝番組のおはスタを見ていた方が多いと思います。
最近知ったんですが、去年の10月からこれの深夜版大人向けの「OHA OHAアニキ」というのがやっているそうです。
番組公式ページ
「かつておはスタを観ていた"元"小学生の”アニキ”達に向け、当時流行っていたホビーなどを紹介する」番組との事。
コロコロコミックとコロコロアニキの関係みたいですね。というか、wikipediaを見るとコロコロアニキと一部連動した番組みたいです。
そんな番組があったんや…。

アニキ向けの雑誌とかテレビって最近すごく多い。
書店でも90年代コレクションとかの本を見ることが増えたし、そういう本にゾイドが載っているかをチェックするのも近年の重要な作業です。

さてOHA OHAアニキ。コロコロアニキと連動している事を活かして、ゲームとかプラモとかを特集しているみたい。しかも好評みたいです。
テレビ東京なので残念ながら私は見れないんですが、、、コロコロアニキがそのままテレビ番組になったような感じなんだと思います。

コロコロアニキと連動しているのならいつかゾイドも特集してくれんかなあ…。
と思っていたら一大事件ですよ!!
次週(5/4)放送がなんとゾイドらしいですよ!!!!


テレビ東京の番組表(来週分)を見よ!!!



うひょおおおおおおおおおおおおお なんてこったいマジでやるんかい。

5/4(木)の26時5分から。
5/5(金)の午前2時5分からといったほうが分かりやすいかな。
30分番組ですが、まるまるゾイドを特集するみたいだ。

近年でもテレビにゾイドが写る事は稀にあった。
最近だと探検バクモンという番組でタカラトミー社にインタビューに行く場面があったのだけど、その際にゾイドがたくさん写っていた。
いやしかし、それはあくまで「プラレールを作っている会社にインタビューに行く」という内容で、たまたまゾイドが写っていただけであった。
写る事はあった。しかしたまたま写っただけであった。

それが今回、テレビで待望のゾイド特集が!!!
まあテレビ東京だからうちでは見れないんですが…。

内容は開発者が登場するみたい!
「メカ生体」とあるけど、以前にモッチャに登場していたあの方が登場するのかな?
モッチャの記事

芸人のゾイド思い出話は誰だろう。
いやいや、それにしても凄いなあ。

改めて思えば、「ゾイド特集」がテレビ番組のメインとして放送された事って今までにあったのかな・・・?
ワンコーナーとして扱われた事くらいはあったと思いますが、まるまるそれ特集で番組を放送するというのは初じゃないかな。
いやあ楽しみ。快挙。
番組は30分みたいですが、いっそスペシャルで1時間にするか2週連続ゾイド特集とかにしてほしい位だぜ。

テレビ東京が見れる方は要チェックですぞ。
私もなんとかして見れる方法を探っとかんといかんなあ。
なんでテレビ東京オンリーなんや…。テレビ東京系列局でも放映して欲しい……。
それだけが残念………。

ゾイチュウ



なにやらニコニコ超会議2017でゾイドFORのブースが出る模様。
土日なので行ける方は行ってみては。

この日までにもう一回くらいアップデートがないかなー。
評判を見ていると、やり込んだ方からの評価が徐々に出ている風にも感じました。
ゾイドFOR、一回やっただけじゃなかなか魅力が伝わりにくいんですが、やり込めば見えてくる感じなのですね。

しかしながら不備も多いので、やり込むまでに至らず一回で辞めちゃう方も多くて凄くもったいない…。
あとディバイソンがやたら弱いらしいとかそんな不備も聞こえてくる。
大きな宣伝になるであろうブース出展だけに、それまでに何とか不備を出来る限り解消してほしいなと思います。


私はこれも気になる・・・。
森永!
今ではゾイドの食玩といったらカバヤかフルタだと思いますが、かつては森永こそがゾイドの食玩を出していました。
アタックゾイドも森永のチョコスナックのオマケでした。
その他にもゾイドウェハースとかを出していました。
久々のゾイド菓子を出してくれるのだなー。
中に何かカードとか入ってないかな。それは無理か…。

行ける方はぜひお楽しみくださいませ。

FORやりました

ゾイドFORを先週金曜からプレイしているので、現時点での感想などです。
内容は改めてアンケ(PC用スマホ用携帯用)の方でも投稿しようと思っているのですが、とりあえず現時点での事をささっと。


さてゾイドFORですがグラフィックはとても良いですね。ゲーム中ではトミー初代キット版が忠実に再現されています。
ゾイドFORは宣伝ムービーはMP、販促チラシはHMM、ゲーム本編は初代キット基準ですね。
これを統一がないと思うか色んなモデルを全て活用していると捕らえるかは各人次第かなー。

グラフィックに関しては、スマホゲーでここまで作れる時代かと関心しています。
良い感じにモデリングされた3DCGがなかなかぬるぬる動いています。
もちろんPS4なんかと比べると荒いんですが、それは当然です。ですがスマホの小さな画面の中だと十分に綺麗です。


グラフィックといえば、これはゲームの中身でもあるんですが、作中に出てくるカスタマイズ用の武器が「これは!」なものばかりです。

これはCP15アサルトガトリングユニットですね。
CP各種や各ゾイドの武器が幅広く大集合している感じ。かなりマニアックに網羅されています。
武器類も細かく的確に造形されていて嬉しい。
こうしたマニアックな武器の数々が見れる/使えるのは良いですね。
これは大きな魅力。願わくば武器解説を収録した図鑑モードとかもあれば良いのですが。

ゾイドのカラーバリエーションなんかも豊富に用意されているようで、その辺りも良いですね。
この調子で改造ゾイドなんかも出してくれば嬉しいけど、それは厳しいかなあ?
現在は超大型ゾイドはデスザウラーのみですが、同程度の火力を持つ機体として1200mm砲を付けたウルトラザウルス・ザ・デストロイヤーとかが出たりすると燃えそうなんですが。
プレイヤー側の機体でいうと、ディバイソンをビッグ・バッド・ジョンに改造するパーツとか。
マニアックな方面で特化すれば、それはそれで邪神復活ジェノブレイカー的な評価はされそうな気もする。
いやいややっぱり中身でも評価されるものであって欲しいというのは当然なんですが。


ゲームについて。
ゲームについては、初回起動時には世界観の解説があった後にゲームが始まります。
世界観の見せ方や案内人「アン」の口調はとても良い感じ。全体的に哀愁のある感じで雰囲気があります。
曲も良い感じ。勇壮でいてどこか悲壮で死地を求めて戦うパイロットというかそんな印象を受けました。
と、ここまでは良かった所なんですが…、

チュートリアルの部分は噂通りあまり良くないなーと思いました。
致命的なほどではないにせよ、気持ちよくプレイできる事にはあまり貢献できていない感じ。
この点はアップデートで改善できるはずなので優先的にやってほしいかなぁ。
操作面も面倒な部分が多くて快適なプレイ感覚を阻害している感じがする。

バトルは、うちの機種がスペック低いからかな? ちょっと動きが遅い感じ印象です。
最初に与えられるのはコマンドウルフですが、高速機にしては遅いかな…ゴルドスかレッドホーンだとこれ位で良いのだけどなぁ…という印象でした。
モーションなどはとても良いので、ある意味では低速だからこそ動きがよく見えて良いという面もありますが…。
んんんー、ちょっともっさりした印象。スローモー。もう少し速くても良いかな?
聞くところによるとシールドライガーはコマンドウルフよりも遅いらしい。んー、そうなのか。それは大きな問題かなあ…。

全体的にもう少し自機の移動スピードを上げないと爽快感に乏しい気はします。
あと攻撃をもう少し派手に当てやすく、ヒットさせた時のエフェクトも派手な方向で調整して欲しいかな。
そうするとだいぶ爽快になると思うんですが。

各機の個性ももっとつけて良いんじゃないかな。
ゴルドスはもっと遅く。でも火力は105mmキャノン砲があるから高く。レーダーがあるからホーミングの性能も良く。
シールドライガーはとにかく早いけど火力はノーマル状態だと低い。
というような個性が際立っていると、マニアックに用意したカラーリングや武器パーツがより活きると思う。


ゲーム的には小型ゾイドが強い!
これらの敵小型ゾイドはいちいち戦っていると体力を減らされるし時間がかかるしあまり良い事はない。
本ゲームは、敵基地を目指す道中で出会う小型ゾイドを倒す”戦術的目標”よりも、敵拠点を制圧するという”戦略的目標”をいかに早く達するかが重要で、これはなかなか面白いシステムだなと思いました。
こういうのがMOBAというジャンルの魅力なのかしら?

バトルはまだ慣れていないので苦戦しつつやっていますが、味方小型ゾイドを上手く利用するのが鍵というのが徐々にみえてきました。
この辺りのレビュー的なものはやりこみ後に書きたいです。
いやしかし今の私には実は切実な問題が発生したりしました。
今現在はチュートリアル的な一戦を終えて、ゾイドを改造した上で行うチュートリアル二戦目をやっています。
で、うちの機種のスペックが低いからか、この戦闘の途中で必ず落ちてしまいます……。何度やっても…。
通信エラーとかじゃなく特定の位置でよく落ちるので処理できずに落ちている感じがする……。
うちの機種は対応していたが遊べるギリギリのスペックだったのか…。

んんんー、低スペック機だから仕方がないのか。いやこの点も含めてアップデートに期待というか切実に願うと言う感じの現状です。
(途中で落ちるけど)何度もやっていると少しずつ上手い戦い方が分かってきたので、動作が安定すれば続けたいんですが。


とりあえず現状としてはまだ深くレビューできる域に達していないというのが状況なんですが、よく聞こえてくるアイテムのコンテナがなかなか開かない問題とかも出来る限りは対処されると良いなぁ…。

アンケ結果随時UP中

97回アンケ開催中。
そして今回はいつもと違って、結果は来た分から随時UPしていきます。
結果ページはこちら

多くのユーザーが楽しめるものになるようアップデートで大きく改善されるよう貢献できたらいいなあと思っています。
アンケはまだまだ募集中なので、よろしければ
PC用
スマホ用
携帯用
お待ちしております。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント