コロコロ99年6月号

今日は、先日に名古屋のまんだらけで収穫したコロコロを紹介&研究したいです。

今回は99年6月号を扱います。
この号はずっと探していたもので、ようやくゲットできました。とても嬉しい。

機獣新世紀ゾイドは、99円5月号で「この夏、超ホビーがやってくるぜ」という風に予告されました。
これですね。


ゾイド大軍団が大行進している姿に魅了されます。
そんな5月号の予告を経て、6月号から本格的な特集が始まったのであります。
漫画版機獣新世紀ゾイドもこの号からスタートしています。99年6月号は記念すべき号ですね。

さて今号の特集ですが、ゾイド世界観を語るといった感じでした。
バトストが始まったのは次号7月号からなので、直前といった雰囲気です。



直前であるがゆえにワクワク感が半端ない。
そして本号はとても面白い情報にあふれています!

最大の特徴は、この部分かな。


機獣新世紀ゾイドは周知の通り「ガイロス帝国VSヘリック共和国」です。
ですが今号においては「帝国軍VS反乱軍」とされています。

当初においては共和国という概念を無くすつもりだったのかなー。
もしくは、反乱軍が徐々に勢いを増して後に「共和国軍」を結成するという流れにするつもりだったのかも。

あるいは…、1999年と言えば、かのスターウォーズep1ファントム・メナスが公開された年。超盛り上がっておりました。
その影響だったりして・・・・・・・・・・。


あと、もう一つ興味深いのがコチラ。


舞台は惑星Zi。
「ゾイド星」が「惑星Zi」に名前を変える事は当初から決定されていたようですね。
さて、惑星Ziの大陸図が掲載されています。
この図はメカ生体時代から存在していたものだし、「地球から銀河の中心を挟んだ正反対の位置にある。距離は6万光年」といった情報も変わりありません。

ですが、本文をよく読んでみよう「エウロペ大陸(西方大陸)以外は未知」とされています。
これは何を意味しているのだろう。

思うに、今号の情報は「西方大陸の人によって伝えられた情報」と思われる。
それゆえ、他大陸の情報がないのだろう。

軍事力を背景に一気に大陸を制圧せんとする帝国軍。
帝位国軍の動きに呼応して大慌てで駆けつけたものの戦力で大きく劣る共和国軍。

「大慌てで駆けつけた」事から共和国軍が来たという情報が広まっていなかったのかもしれない。
また「戦力で大きく劣る」事から、中央大陸からやって来た正規軍(共和国軍)じゃなくて、大陸内で結成された応急的な反乱軍と思われていたのかも。

次号からは「反乱軍」の呼称はなくなり「ヘリック共和国軍」の呼称が使われるようになります。

いやー、しかし、面白い情報です。始まる直前だからこそのワクワク感というか、遠足は準備中のテンションこそある意味最高潮てな感じに近い。
あと、ゾイドとは何ぞやという部分に触れた部分もありますね。
ゾイドマンモスで解説がされています。
本機は当初ははやばやと復活させるつもりだったのかな?
それがされないまま進み、ようやくゾイドコアボックスでの復刻となったのは感慨深い事です。


両軍の代表的なゾイドとしてゴジュラスMK-IIとコングMK-IIが紹介されている。ともに量産型の仕様ですね。
当初はノーマルタイプじゃなくMK-II仕様で復活させる予定だったのかな?

ところで、ゴジュラスがRBOZ-001、コングがEPZ-007とされているのがちょっと謎。
んー、メカ生体の型番とも新世紀の型番とも違うのだけど、どういう事だろう…。
この辺でも試行錯誤があったのかもしれませんねぇ。

新世紀の型番は「RZ」「EZ」に統一されていて、分かりやすいんだけどちょっと単純すぎる側面もあったかなあ。
メカ生体時の「RMZ」「RHI」「RPZ」「RBOZ」などクラスごとの差があった方が何だかリアルな感じがして好きだったかな。
細かい所ですが。

あと、

この時点ではロゴがこんな感じです。
なんだかワードアートで作ったようなちょっとイケてないロゴ…。
これは改定されて良かったなぁと思います。
機獣新世紀ゾイドのロゴはゴチャ感がゾイドらしいしそれでいてスタイリッシュだし凄く好きです。

そんな感じで1999年6月号でした。
直前といった感じで良いですね。
次号からはバトストが始まります。

順次、紹介・研究していきたいです。
スポンサーサイト

別冊ぅ

新世紀ゾイドの資料と言えば、別冊コロコロもあります。
メカ生体の頃はコロコロ本誌さえゾイドの扱いが少なかった。いわんや別冊に掲載される事などほとんどなかったので収集も楽なんですが、新世紀ゾイドは別冊にもたんまり資料が載っているので大変です。そして楽しい。



別冊の方には、それにしか載っていない情報もあり興味深いですね。
こちらの方も整理したいです。

さてこの号はアニメ/0が始まる直前の号だったので、その大特集でした。



名称がまだ決まっていない&パンツァーは形も決まっていない。
パンツァーは少し遅れての登場だったのですね。
そういえば/0のオープニングだったかにはパンツァーの決定稿とは違うデザインの機が登場していたような・・・。

そして、この号にはゾイドの漫画も載っていたんですがそれは単行本になっていないので貴重でした。



ゾイド/0の「原作」漫画とあるんですが…、まじかいな。
/0ってアニメオリジナルだと思っていたのですが。
どうなのさ。

さて気になる内容は、ライガーゼロは気性の荒いゾイドで誰をもパイロットとして認めようとしない。だがある戦いでビットの熱いハートを知りマスターとして認めるようになるのだった・・・ という所までが第一話としてまとめられています。



いや、でも正直そんなこたあどうでもいいんです。
/0のヒロインと言えばライガーゼロいやいや我わがリノンたんなわけですが、うん。改めて語るまでもない感じですね。
当然この漫画にも登場するわけですが、なんと! まるで違っていた。



人質として捕らえられてしおらしくしている。



何も抵抗できないまま涙ぐんで超ヒロインしているではないかい。
可愛いんだけどなんだか釈然としないこの気持ち。


ちなみにリノンの救助にはジェミーがディバイソンに乗って敵基地をぶっ壊して突入するという解決でした。



やばいなこれ。別冊はまだ全然集めていないんですが、二話以降も載っているようなので収集せねばいけませんぞ。

整理開始

さて、

こちらはコロコロ。アニキじゃなくて普通の。
99年からの号です。

歯抜けの号は幾つかあるものの、新世紀ゾイドのコロコロもかなりの冊数保管してあるのであります。
これを思い立ってファイリングする事にしました。
帝国側箱裏バリエが一段楽したという事もあるし。
また、これは新世紀の研究にも本腰を入れるという事でもあります。

それにしても1999年なぁ。
この頃は「新ゾイド」なんていう言い方をしていましたが、もう17年も前なんだなぁ…。
Zoids Ignitionをスタートさせた頃までは「新ゾイド」「旧ゾイド」のような呼び方を続けていましたが、今は「メカ生体」「機獣新世紀」のようなシリーズで区分した呼び方を心がけています。

まさ、それは置いといて、


1999年7月号はゾイドの戦記がスタートした号ですね。
このシーンを見て次の再販はハンマーロックかも!!とか、ゲーターが銀色だ!? とか思われた方も多い筈です。

コロコロは、5月号がゾイドの紹介ポスターが掲載。6月号がゾイドの紹介。そして7月号からストーリーが始まったという感じです。
収集される方は参考にされたし。


この時期のジオラマにはときたまメカ生体版のものが使用されている。このシーンもその例だと思うんですが、そういうのを探しても面白いですね。
おそらくジオラマを作っている時に、まだ新世紀版キットの色が決まっていなかったり生産がされていなかったりといった事情があって昔のモデルを使いまわしたのだと推測します。


メカ生体のモデルと言えば、「予告」などのコーナーにたまにメカ生体時のジオラマを見つけたりして嬉しくなったりも…。



アニメはまだ。直前ですね。あな懐かしや。


漫画も連載直後です。
ところで、台詞に注目。
「セイバータイガー」ではなく「サーベルタイガー」という旧名で呼ばれています。
コミック版ではセイバーに修正されています。
この頃はまだ再販前であり名称が修整される決定が無かったのだろう。
当時のリアルタイム資料を集めるとそういう事情も読み取れて面白い!

ところで、このセイバーは「黒い」とされていました。
カラーページがある号では、たしかに黒く塗られていました。
もしかすると漫画の参考に使用されたキットはグレートサーベルだったのかも…なんていうのも思いました。


これは別の号(99年12月号)ですが…、

日本一のおもちゃ屋ことハローマックの広告が…。
切ないなあ。

ハローマックのクリスマスとっておきオススメアイテムが載っていたのですが、そこにゾイドが混じっていてちょっと嬉しかったです。
しかーし、


なぜアイアンコングがメカ生体版の画像なのだ・・・・?

なんかこう昔(メカ生体の頃)は大らかな時代だった。新世紀は色々キッチリしているというイメージがあったんですが、けっこうこの時代もまだまだいい加減な部分が残っているんだなーと思った次第です。

そんな感じで整理中です。
しかし、コロコロは分厚いからファイリングが大変です!

80年代の本なら糊が既に乾ききってパラパラになってる=すぐに解体できるのですが、99年のコロコロは糊がまだ劣化しておらず十分な粘り気がある。だからすごくページを解体するのが大変です。
解体中に、ほぉーこんなメディアが流行ってた時期か・・・とか、ヤマザキけっこう面白いやんけ とかでついつい色んなページを読んだりして時間が過ぎたりするし…。
んー、いつ終わるのかこの作業。

さてそんな新世紀ゾイドのコロコロですが、歯抜け分も順次揃えていきたいです。
早くせねばこの辺の年代のものも相場が上がる過渡期である…。

ある程度ファイリングできたら、新世紀ゾイドのコロコロをできればブログで一冊ずつ紹介しつつ考察に踏み込んでいきたいなーと思っています。
今まで新世紀ゾイドのストーリーは表層部しかなぞっていないので、色々とお教えいただきたいなとも思っております。
という事で、そんな感じ。

もちろんメカ生体ゾイドの資料収集や探求は今度も行いますが、新世紀コロコロ収集と考察も加速させていきたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント