コメ欄

さいきんコメ欄について言及した方がいいのかなと思う事があったので書きます。
と言っても別にお堅い話をしようという事じゃなくて、さらっとお目通し頂けてゆるーくそんなもんだね程度に思ってもらえればという感じです。

さてコメ欄ですが付けている意図はコミュニケーションに他なりませんね。
話題のきっかけがあって、それに対する色んな方からの見解があって、その中で色んな発見があって掘り下げていけるから面白いですね。
私一人の見解は狭いものですが、多くの方と共にもみ合う事で広がります。
じゃんじゃん気軽に書いて頂ければと願っています。
(慢性的にレスが遅い事はとても申し訳ないです)

主題が逸れるのも別に構いはしません。
例えば「マッドサンダーはコングのミサイルでビクともしない」という記事があったとして、主題に沿ったレスの例を一つ挙げると「反荷電粒子シールドの厚さや構造は○○なのかなー」みたいな感じですかね。
これはこれでとてもありがたい事は申し上げるまでもありません。
ですが「コングのミサイルと言えば、バトスト1巻ウルトラザウルス上陸作戦ではウルトラザウルスが次々に落伍していたので、ウルトラの装甲はどの程度なのだろう」というような派生した「枝」のような話題もとてもありがたいものです。
こうした話題が出ることで今まで気付かなかった方面に考察を加える事ができたりする事はとても有意義ですね。
枝から更に分岐して広がるのも面白いですね。

更に言うと何ら関係ない事でも別に構いません。
「この話題に触れて」とか「今日○○を買ってこうだった」みたいなのもぜんぜん構わないです。それがきっかけで新しい話題が出る事もありますもんね。

ただ一つ言うと話題が続くと「流れ」というのが出てくるので、それは意識した方がいいかなとは思います。
良い流れを明らかに無神経にぶった切るものは「うーん」となっちゃう。
また別の話題を出すにせよ程度というものはあるよなぁとは思います。
毎度別の話題に持っていこうとするなら、もはやその方がブログなりHPを持てば良いとなってしまうので、その辺のバランスっていうのはあると思います。
そんな感じです。

まあでも、基本的には何を書いていただいても構いません。
問題があると判断すれば注意はします。私は割とそういうのは言う方です(ご存知と思います)。
その時に改めれば良いだけの事ですね。
思う事があるのに書かないのは勿体ない事だし、ただ二人以上で話し合う場であるなら一定の秩序は必要で、でも最初は誰しもそういう感覚がわからないから、注意をされた際は改めて良くしていけば良いと思います。

ちなみに注意は基本的にこの場所においては管理人であるところの私のみが行う感じでお願いいたします。

そんな感じです。という事で色んな記事に思う事をどしどし書いていただければ幸いであります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

3.11

2017年3月11日にヤフーで「3.11」と検索するとおひとりにつき10円が東北復興のために寄付されます。

2017_311.jpg


http://yahoo.jp/fNUMgM
ぜひとも。

さいっきょうのA5クリアファイル

さて膨大な紙資料を集めていると整理が大変です。
中でも大変なのはコロコロの資料です。
なぜかというと理由が二つあります。


一つはコロコロのサイズです。コロコロはA5サイズの雑誌です。
資料はクリアファイルに入れて保管するのが基本。
ですが、A5という小さめなサイズがクセモノなのです。
このサイズのクリアファイルはなかなか売っていないのですね…。
A4やB5サイズならいくらでもあるんですが、A5のクリアファイルというのはなかなかないのです。


もう一つは、学年誌等に比べて保管すべきページ数が圧倒的に多い事です。
一号あたりの量で言うと、学年誌はバトストが4ページと広告が1ページとかそんな量が多い。
ですがコロコロの場合はバトストに加えて「漫画」がある。漫画は30ページとかそんな量で載っているのですね。
一号分を保管するだけで40ページ近いけっこうな量がある。それが数年分もあるのだから大変です。

※もちろん学年誌に漫画が載っている時もありますが、全体からいえば例外的だしページ数も少なめな事が多い。


という事で、コロコロの資料を整理するにはA5サイズかつ分厚いクリアファイルが必須なわけです。

最初に考えたのは、いっそA4サイズのクリアファイルを使う収納法です。
A4サイズのクリアファイル…これに対応したクリアポケットには、以下のようなものがあります。

真ん中で分かれていて二段になっているタイプですね。
「A5」というサイズはA4の半分の大きさです。すなわち、これなら2枚ずつ収納できるわけですね。

ただ問題なのは、二段のクリアポケットは特殊製品なのでけっこう高い…。
(昔はダイソーにあったのだけど数年前に廃盤になってしまった)
だいたい10枚で300円くらいします。
300円なんてなんて事ない金額に思えるかもしれませんが、一号あたりの保管すべきページ数を考えればかなりの金額になります。

チクショウやっぱりA5サイズのクリアファイルを探すしかない。
ダイソー、セリアなどの100均にはA5サイズのファイルは一応あります。
ですが、品質的にはあまり満足のできるものではありません。

うーん… と思っていたら天は我を見放さなかった。
このたび、最強のA5サイズのファイルを見つけました。


でんっ
A5 TEXT BINDER(公式ページ
参考に、横においてある黄色いファイルはダイソーにあるA5クリアファイルです。あまりにも大きさが違う事が分かると思います。

こちらは信誠堂という所から出ている製品で、見ての通りすんごい分厚い。
500枚(1000ページ)ほどの紙を収納できてしまう凄まじいファイルです。
参考までに上のダイソーのA5クリアファイルは40枚(80ページ)が限界。

なお、別にダイソーのが低品質と言うわけじゃないんです。
これは値段から考えればむしろけっこう良くできています。
信誠堂のテキストバインダーがバケモノすぎるだけです。

見た目も高級感のある感じになっていて、その意味でも資料整理にピッタリ。
背表紙部分にもポケットがあり、この部分を好きなように作る事もできます。
(現在は製品そのままにしていますが、近いうちに凝ったものに変えようともくろんでいる)

おひとつ1,950円
まぁさすがにお値段は100均の19倍もしますが、その価値は十二分にあります。
なお中に挟むクリアポケットに関しては、現在ダイソーに30枚入り100円のものが売っているのでそれを使用しています。
総じて言うと品質は文句なく高い。クリアファイル自体は少々根がはるがクリアポケットに関しては100均で安く調達できるから総コストでは安い。
まさに最強のファイルです。

カラバリがあるのも嬉しい。バインダーは赤、青、黒、金があります。
私は現在、メカ生体時期のコロコロは赤、機獣新世紀以降のコロコロは青、別冊コロコロは黒で整理しようともくろんでいます。
こういう分類が考えられるのも資料収集の楽しみよ。

とりあえず、手持ちのメカ生体ゾイド時代のコロコロを収納してみた。


コロコロは全て集めたわけではありません…が、それでもそれなりには持っています。
それなのに…、一冊に全て収納できてしまったよ。
まだまだ歯抜けがあるのですが、全て収集したとしてもテキストバインダーが2冊もあれば収納できてしまいそう。恐ろしいファイルやで・・・。

新世紀時代のコロコロ特集はメカ生体時代とは比べものにならない位のページ数がある。
なので、さすがにテキストバインダーとはいえかなりの冊数が必要になると思います。ですが、これを使えばかなり綺麗に保管できる事は確かでしょう。
「一年」ないし「年度」で区切って整理すると分かりやすいかな。



資料は整理している瞬間が何とも楽しい。ニヤニヤ。でも整理しながら読んじゃうので時間がかかっちゃう。
資料収集はまさに沼です。
最初は資料が欲しくて収集するのです。
たまったらファイリングする必須が生まれます。
大切な資料だからせっかくなので綺麗にファイリングしたい。そんな風に考えて凝り始めると、そこでファイリングの楽しさを知るのです。
そうすると、ファイリングをもっとしたいから資料をもっと欲しくなる相乗効果が生まれるのであります。
抜け出せないぜ。

新世紀ファイルを整理したら歯抜けを補充しつつ本格研究していよいよまとめていきたいわけです。
たのしみー。うれしー。

7th ZAOD

既にご存知の方も多いと思いますが、


※ポスター画像は公式ページよりお借りしています。

第7回ZAOD展示会が、5/6、5/7に行われるようです。
そして、3/1からエントリーを募集しているようです。(4月中旬までの募集)

ZAOD公式ページ

告知ポスターはマスターピースの二機!
ポスターは背景から公式ファンブック1巻のあの死闘を思い出しました。

場所は大阪開催ではおなじみのボークスSRですね。
前回に大阪で開催されたのは…、ええと2014年だったか。3年ぶりにあの伝説のイベントが大阪に帰ってくるのですね。
今回は開催日がゴールデンウィークなので人も凄い事になりそうです。

そんなわけで、第7回ZAOD展示会inOSAKA
盛り上がることは間違いないと思いますが、想像を超えて盛り上がってほしいものであります。

しゅっちょうしゅうりょう

出張無事終了、帰ってきました。
富士山がなかなかいい感じに撮れました。


嬉しき。

さて、無事に超強行で走り回って渋谷と中野と秋葉原を巡ることができました。
やたー。

渋谷まんだらけは今回は特にめぼしいものはなし。
ここは以前に学年誌やてれびくんや貴重なゾイドを幾たびに発掘していたので私的に幸運なお店です。
今回は特になかったけど次回以降もまた行きたい!
渋谷のまんだらけは地下に行く階段のアングラというかサイケデリックというか、あの妖しい感じが良い。

中野はやっぱり雰囲気が良いなーと行くたびに思います。
なんかこういい感じにごちゃごちゃしてる感じが好き。
さて中野のまんだらけに行ったわけですが、実は中野に付いた時点で7:50位だったので時間はわずか。
なので4Fのビンテージ本コーナーで学年誌がないかを探すだけで時間切れになりました。
他のフロアでキットを探せなかったのが悔やまれる・・・・・・というかコメ欄で頂いた情報によればなんでもコング・ゴジュラスの両限定版があるのだとか!!
うおおおとても買えるもんじゃないけど見たかったなあ。夢のような空間だろうなあ。
次回は時間に余裕を持って行きたいな。まんだらけ以外にもいい店がたくさんあるのでじっくり回りたい。

んで、秋葉原。
ここは比較的時間をかけて回る事ができたので、リバティ、ぽちの各店とまんだらけに。
リバティはゾイド関連が全然なくなったなー・・・という印象。以前・・・・・・といっても5、6年ほど前ですが・・・は扱いがぽちより多いくらいだったのに。

ぽちは2号店がゾイドが多い印象。メカ生体、新世紀、ジェネシスなど割と充実。
で、グスタフのジャンクがあったので購入!


うおおおお灰色の欲しかった。超ほしかった。
リアルタイム時に持っていたんですが、何で手放しちゃったのか。
灰色グスタフを実に22、3年ぶりにゲットできて泣きそうです。
といってもジャンク品なので欠品多数。


ピンぼけてしまった・・・。
灰色のパーツは揃ってるんですが、緑のパーツは半分くらいがムンベイグスタフのものに塗装したものでした。
アンテナの付け根部分に注目すると分かると思います。
アンテナ・両触覚・下あご・キャタピラが塗装。あとトレーラーのパネルも塗装。
でもまぁ、比較的綺麗に塗られているのは救いかな。パッと見は気にならない感じ。

でもまあトレーラー一基が足りないとか色々あるんですが、まぁ気長に修復していきたいです。
グスタフは触覚とアンテナが折れている率が異様に高いのでこれらのパーツは特に気長にさがさにゃなぁ~。

あと、

金のオッチャンはなぜかネオブロックスのやつだった。なぜ。
金のオッチャン銀のオッチャンは予備パーツがわんさかあるのでこれは幾らでも替えが効く。

グスタフのメリットは飾る時にスペースを節約できる点だと思うのです。
限られたスペースだが多くのゾイドを飾りたい。そんな時にトレーラーの上に乗せれるグスタフは大変優秀ですねぇ。
なんだかグスタフに載せるとそれだけで物語感も生まれるし、そんな意味でも優秀。

秋葉原のまんだらけは、まぁまんだらけだとこんなもんかなという品揃え。
アイアンコングMK-II量産型の当時品とトイドリ版いずれも未組が並べて売ってあった事とかはちょっと「おぉ」となりました。
東京はそんな感じでした。

はてさて、帰路。
帰りは都合上ちょっとした余裕があったので名古屋で下車してついでだからぶらついてきました。
そして・・・、名古屋大須のまんだらけにも行きました。
…まんだらけ好きすぎやろって位まんだらけに行ってるんですが、実際好きすぎるので異論はないです。

この店は以前には1度しか来た事がないのですが、品揃えも雰囲気も好き。
ゾイドも比較的充実しています。今回はメカ生体版の未組ウルトラザウルスなどを見つけました。もちろんそれなりの価格ではあるのですが、拝めただけでも嬉しき。
ゴルゴラ(Zevleのゴーレム)なんかもあった。

名古屋のまんだらけは本の充実も良い。
ここではコロコロの未所持の号を幾つか買い足すことができました。


これらは順次紹介して行きたい感じです。

そんな感じでした。
ひどいスケジュールの出張なのだからこれくらいの楽しみがない事にはやっておれぬ。
今回は結果としてなかなか良い感じの収穫があったと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント