特番!

うおおおお



テレビ東京で特番がやる模様!
盛り上がってますねぇ。

今からでも間にあう!「アイカツオンパレード!」「ゾイドワイルド ZERO」振り返りSP

これですね。
ただ・・・残念ながら大阪では映らない模様。
同じ時間には吉本坂46が売れるまでの全記録 シーズン2というのがやっていた…。

しかし特番なんて凄いよなー。
そしてまさかアイカツと一緒に紹介される日が来るとは…。

贅沢を言うとこれもYOUTUBE配信してくれたら最高なんですが、それはさすがに厳しいかな。
見れる方はぜひご覧になってくださいませ!
スポンサーサイト



コロコロ漫画

コロコロ11月号はゾイド情報満載ですが、今号と言えばやはりギエピーを語らぬわけにはいかんでしょう。


23年も連載された長寿漫画。月刊コロコロコミックでついに最終回を迎えた……。

やー、この漫画はとても印象深いです。
なんたって機獣新世紀ゾイドの頃から載ってたからなぁ。
ポケモンは赤緑の初代ゲームボーイのやつをそれなりにやり込んでいたので(ミュウ持ってました)よく読んでました。

2018年春頃に「コロコロにゾイドが載ってる!?」という情報が出た時、超久しぶりにコロコロを買って連載されていた漫画を見て一番驚いたのがギエピーがまだ連載してる事でした。
「ギエピー、生きとったんかワレ!」って感じで熱くなったなあ。

同じく長寿漫画のマリオくんは印象としてドラえもんに近い「定番」というイメージがあったのでそれほど驚かなかったんですが、ギエピーはなぁ。
あのハイテンションな常にトップギアで突っ走ってる猛烈ギャグをまだ続けていたのかと驚いたのでありました。
機獣新世紀ゾイド当時から「くっだらねぇ」と思いつつもゲラゲラ笑ってました。良い漫画でした。

ワイルドの時も作風に一切変化がなくて凄いなと思ったんですが、唯一だけ変わっていたのはピカチュウの台詞の扱いかな。


昔は鳴き声だけだったけど、いつからかカッコで補足を付けて何という意味で声を出したのかを分かるようにしている。
んー、これって必要なのかな…。
シチュエーションや話の流れから「ピカ」としか言ってないけど意味が想像出来るのが良いんじゃないかなーとは思うんですが、これも時代の流れかな。
そんな時代も感じさせてくれたギエピーでした。

そんなギエピーが月刊コロコロコミックでついに最終回ということで、今回は今まで登場したキャラやポケモンが大集合していてちょっと感動的。
相変わらずギャグはキレッキレなので最終回勿体ないんじゃないかなぁ…と思っていたんですが最後でまさかのオチが!
やっぱりギエピーはギエピーだった。

という事で今号はゾイド情報だけでなくギエピーのためにも読むべし!


とまぁこんなゾイドと関係ない部分でコロコロの事を書いたのでついでに。
ワイルド目的でコロコロを買っているんですが、なにげに連載のレベル高いなーと思っていろいろ読んでます。
さすがこの時代になっても発行部数を高く維持してる雑誌だけはある。

コロコロ連載漫画と言えば、メカ生体ゾイドの頃は、ダッシュ四駆郎とかつるピカハゲ丸とかファミコンロッキーとかおぼっちゃまくんとか。
やはり80年代~90年代初期なので、今に比べて絵柄が濃いのが多いですねー。
機獣新世紀ゾイドの頃は……、ギエピーの他は学級王ヤマザキとかうちゅう人田中太郎とかビックリマン2000とか。
この時期になると絵柄は今とそれほどは変わらないかな。
でも絵は変わってもコロコロスピリッツというか、ノリは昔から今に至るまで何も変わってない。
資料収集をしたり今コロコロを買って思うのは子供向けだと思ってあなどってはいけない。けっこう大人になって読んでも面白いのが多いと思います。


さて現在のコロコロで気にいっているのは…、

ケシカスくん

これは面白い!
2004年から連載なので、これも機獣新世紀ゾイド末期の頃から連載してるんですね。長寿。
分かるわーってネタがあったり、子供にゃわからんだろというパロディもあったりして楽しんでます。
今号はあの伝説のバスケ漫画のパロディがかなりギリギリな気がする。
最近だとゾイドネタも出てきたりしましたね。
密かにゾイドワイルドと共に毎月の楽しみになりつつあります。
あとボウズの母ちゃんがかわいい(美人ではなくかわいい)。

でんぢゃらすじーさん

これも2001年から連載なので長寿だなー。
全ページ大爆発してるくらいの超弩級ギャグ漫画でギエピー以上にはげしい。これで20年近く連載するって凄い…。
作者の曽山先生は別コロだったかテレコロだったかで読みきりのゾイド漫画も描いていたなぁ。
ライガーゼロやバーサークフューラーが登場する漫画で想像通りのギャグタッチでしたが、版権に気を使ったのかいまひとつノリきれてない感じもする作品でした。
コミックなどには未収録だった筈…。
でんじーは大長編もいいんだけど普段のしょうもねぇノリの漫画(褒め言葉)も凄いですね。
くらだねぇと思いつつ毎号ゲラゲラ笑ってるんだから作者大勝利です。
毎号、構成に感動すら覚えます。特に今号は凄いので必読。
サインほしい。

ウソツキ!ゴクオーくん

これは一番のイチオシです。コミックス買おうかと思うくらい良い。
最初はゴクオー君すげー顔だなと思って敬遠しちゃったんですが、読んでみると凄く面白い!
嘘がテーマの漫画。こう言うと後味の悪い作風を想像しがちですが、そうじゃなく毎号ちょっとしたいい話でさわやかにまとめられているのがスバラシイ。
嘘をつく側にもちょっと共感できたり、それを暴くゴクオーくん側が爽快だったり。考えさせられたりもする。
いや、これはホントいい漫画です。楽しい漫画であり同時にちょっとした知育漫画でさえあると思う。いやぁコロコロはあなどれんです。
コロコロってPTAから常にクレームの出ているらしいんですが、ぜひそういう方に本作を読んでみてほしいなぁ。
あとヒロインの天子ちゃんがかわいいぞ。

ということでコロコロです。せっかく買うのだから色々楽しんでいきたい所であります。
さてそんな良作ひしめくコロコロの中でも最近はゾイドワイルド2は掲載順をぐんぐん上げてきています。
(無印ゾイドワイルドの頃は後の事が多く苦戦している感じもあった)
こちらにも注目して行きたい所です!

私信です

私信です。

10/6のお昼ごろにゾイドバトルリサーチでお問い合わせをいただきました方への私信です。
案内のメールを送ったのですが、エラーで送信できませんでした。

docomoのメールの設定ではじかれているものと思われます。
大変お手数をおかけしますが、設定を変更して私からのメールを受信可能にする、または別のメールアドレスを用意してから再度ご連絡を頂けますでしょうか。
よろしくお願い致します。

それはまだ序章に過ぎなかったのである・・・・

レジの愚痴とか。

10/1の軽減税率スタートの日は色んな企業で混乱が出ていたようで。
ドトールコーヒーとかスシローとかミニストップでも大きなレジ不具合が出ていて大変だった模様。
大手でもこれかぁ……と感慨深くニュースを見ていました。
スーパーでも開店できなかったところがあったり。もう大変だったようである。

で、私が関った店はどうだったかというと、これがやっぱり幾つかの不具合はありました。
ただそれは私がいじった部分ではなく、レジのシステム上の問題でした。
レジのプログラム設計が軽減税率に完全対応できていなかった為、商品構成によって正しく会計されない場合がある。
そういう事態が幾つかは発生しました。

そこで状況をレジ屋に報告→修正プログラムを作って適応 という作業を行ったりしていました。
ただそれで解決するわけじゃない。
その修正プログラムでイケとか、ダメだったとか、別の問題が発生したとか。
そんな風にバタバタを極めていたのが10/1でした。
10/2もそんな作業が続いたし、この先もしばらくは続きそうであったりする。
まだまだ不具合は解消されていない。思ったよりも10月は忙しいかも……。

で、私の関ったお店なんですが、スシローみたいな大きな不具合が出たわけじゃない。といっても幾つかの不具合は出た。
それについてなまじコチラで設定した部分がミスなく正しかっただけに、生じた不具合は全てレジ屋の責任である。ということでお偉いさん同士の補償の話になりそうな感じがしている。
うちだけじゃなく、レジ屋のせいで損害が出た全ての店舗でそういう話が発生してるんじゃないかなぁ。
上で挙げた大手もそうなると思う。大手は店舗数も多いからなぁ。合計すると莫大な損害が出てるはずと思う。
補償というのはまぁ、当然の流れではある……。

私は当初軽減税率の話を聞いたときは、レジ屋と政府が裏取引したんじゃねぇのかと疑っていました。
空前絶後の超スーパー特需が発生したのだから。10年分くらいのレジが一気に売れたんじゃないかな。
ただ…、レジ屋はレジ屋で大変だったんだろうなぁ……と、現在の状況を見て思うようになりました。


不具合が出たのは軽減税率のシステムが複雑すぎてレジを組む方も大変だったからでしょう。
や、マジで複雑なんです。これが。
単純に8%商品と10%商品があるだけじゃないんです。買う側はそうでも設定する側はそうじゃない。
かなり複雑な設定をした上で税率を確定させています。

それでも特需でレジが売れまくるのなら利益出まくりで良いかもしれない。
でも今後おそらく被害を受けた企業との補償問題で、せっかく儲けたお金もガッツリ出て行くことでしょう。
利益が吹っ飛ぶ。ああ特需とは一体。
このような仕事をしたので他所さんの状況も幾つか見ているんですが、酷い不具合が出たのでレジ代は払わん! とブチ切れてる所とか、今後はレジ業者を変更する!とかなってる企業も出てきているようである。
うちはそこまでのレベルじゃない。まぁ、多少は補償の話が生じるくらいで全体として見れば軽微で済んだ。それこそ偉いさんが(補償の話をしつつも)大丈夫だったと認識した程度には。
しかし全体的に言って各地で大混乱…。

あぁもう、誰も得してないんだよなぁ。

レジ屋はあわただしく設計してレジを生産したけど、不具合を出してしまい怒られて補償問題になってる。
私のような立場だと、めちゃくちゃ疲弊した末に完璧に設定したのにレジのせいで一部に不具合が出てしまった。私のせいじゃないけど店舗スタッフからはちゃんとしろよと随分怒られたし…(現場にして見れば「レジ」という一括で見るもんねぇ)。
店舗スタッフにしてみれば、レジ到着が遅延しまくり練習する間もなく開店を迎える。しかもレジが不具合を起こす。
そんでもってお客さんにしてみれば、商品は高くなったしレジ不具合で会計できない場合があったりするし。

うーん。
なんだったんだろうな、この一連の作業は……。誰かこれ分かりやすい童話にしてくれないかな。
幸せを探していたはずなのに誰も得してないぜ みたいな感じの。


ところで今回の増税に関して価格据え置きの店舗も多くあってとても好感度が高い……のですが、10月と言えば最低賃金が上がる月でもある。
店としては人件費も税金も一気に上がったタイミングであります。
私が関った店舗では価格据え置きも値上げも両方ありましたが、なんていうか据え置きの店舗を褒めるのは良いけど値上げした店舗をたたく流れにはなって欲しくないなぁ……と思ったりしています。
もうギリギリな企業さんが多いんですよねー…。よく分かる。
価格据え置きというのは客にとっちゃ良いけど中の人にとっちゃ大変なことで。
もはや企業努力の限界などとうに超えてるけど、それでも今まで以上の働きが求められることになる。ブラックの発生です。
むろんそうしないと客が離れるという心理ではあろうけど……、できれば値上げの店舗についても叩くのはやめてあげてほしいなぁと、関わってた身としては思うな。
据え置きの企業も値上げの企業も断腸の思いでそうしてるところばかり。
むろん便乗してやろという企業がないわけではないし(自販機のジュース、てめぇだ)、値上げを黙って納得せよというわけでもないんですが。

なんていうか無理してる企業を見るといつか一気に壊れそうでなんかなぁ・・・と思ってしまう。
病んでる・・・。


とまあ愚痴はこの辺にして明日からはちゃんとゾイドの話を…。
あぁしかしそろそろ落ち着くといいなあ。

あ、そうそう、終末までにちゃんと録画方法はマスターしました!
良かったー。

レコーダー

ふふふ・・・


10月からのゾイドワイルドZEROに備えてレコーダーを買いました!
ひゃっほぃ。

たぶんYOUTUBEでも配信されるだろう……だって予告編が配信されてるんだもの。
とは思いつつも、やっぱりわずかに不安だし、配信が一週間遅れになるとかそういう可能性もあると思ったので、念のために買った次第です。

なにかと懐事情の厳しい昨今なので新品ではなくハードオフでちょっと古いやつを選定。
痛んでいたハードディスク部分を交換して使えるようにしました。

これで心置きなくワイルドZEROを迎えられるぜ・・・・・・・

と思っていたんですが、なんていうんでしょう。
レコーダー買ったのってVHSレコーダー以来なんですが、その頃と比べて接続やら使い方がめちゃくちゃ複雑になってますね。わけわからん。
(ハードディスク交換とかはできるくせにこういうのはサッパリ苦手であります)
終末くらいには何とかこの辺の理解と作業も終えたいぜ・・・・。

でも機材揃えてるとますます放送が楽しみになってきます!
いよいよあと半月くらいになってきました!

コロコロの発売日もそろそろなので、コチラの情報も載っていないかなー。

ツイン21古本祭

週末はおなじみになった大阪・京橋のツイン21古本祭りを覗いたりしていました。


何度か紹介しましたが、古本祭りとしては規模が小さく初めての参加にオススメです。

学年誌やコロコロ、ありました。
ただしゾイド掲載号とは少し時期がずれていて残念。。。
ただし、学年誌などの取り扱いのある書店は名前を覚えておけば今後の収集につながるはず。

学年誌はゾイド掲載号こそなかったものの、けっこうあった。
古いのも沢山ありました。
どれくらい古いかっていうと


これは古い・・・・。
セウガク一年生
コクミンニ年生・・・。

「コクミン」っていうのは1941年に小学校が国民学校と改称されたことによるものですね。
1941-1947年のみ学年誌は「小学」じゃなくて「コクミン」なのだ。

戦時中ですよ……。
そんな時代の学年誌。貴重だ。
しかし凄いですね。こんな時代の本が惜しみなく売られているのが古本祭なのだ。


対象年齢を無視したハードな漢字を使いすぎ。
戦時中の号であり内容は気になったんですが、やはりプレミアにより断念……。
おいおいこの辺は国会図書館を利用しつつ見たいものです。


今後の古本位置の情報も仕入れた!
これらも出来る限り行きたいなー。
という事で古本祭りでした。

赤青メガネ

ネタ的な。

昨日は付録を少し紹介しましたが、その他にも付録はたくさんあります。
20世紀の児童誌付録の定番の一つに立体メガネがあります。



紙製の赤青立体メガネはチープな手作り感と未来をじさせるハイテク感の融合が実に絶妙で愛おしい……。
これとゾイドは相性が良かったようで何度も付録になっています。


告知の言わされてる感満載な感じも実に味わい深いよなあ。

キャーッ!!
マジックめがねで見ると、ズズーンとび出てくるっ。
新聞紙大だから、すっごいはく力。


このセリフはかなりセンス・オブ・ワンダーだと思うな。
いやー、実にいいです。






付録の組み立て説明の絵も味わい深い・・・・。

今でも紙を折って組み立てたり輪ゴムを飛ばしたりする付録ってあるのかな?
手作り感と確かな満足度が良いですね。
好きです。付録。
いずれ付録もまとめ上げたいと思います。

支援

京アニの件、しばらく時間が経ちましたが気持ちが沈んだまま。。。
ただadobeが5万ドルを寄付したとか、別の意味で泣きそうになるニュースも聞こえてきて、改めて色んな気持ちになります。
adobe、私は日々photoshopをはじめ色んなソフトを使ってるのでなんか嬉しいな。

さて今日は日本橋に行く機会があったので、アニメイトで募金してきました!

(写真は許可を頂いています)

日本橋店では店内全レジに募金箱が設置してありました。凄い気合!
写真は入りが少なく見えるかもしれませんが、行ったのは開店30分後くらいです。
ですので一日経つ頃には随分増えていると思います。

店員さんが深々と頭を下げてありがとうございますと仰られて、ちょっと泣きそうになりました。
こちらこそ設置して頂いてありがとうございますと思うばかりです。
しかし本当に深く愛されていたんだなあと思います。
少しずつ前を向いていかなきゃなあと思います。

そうそう、その後ちょっと我らがコトブキヤにも寄ってきたんですが、こちらでも募金を行っていました!
やるじゃんコトブキヤ!
店内にはHMMゾイドの恐竜博仕様の展示がしてあったりもしました。
ゾイダーの方は、HMM買うついでにコトブキヤで支援しても良いかもしれませんね。

やるせないです

京アニの放火事件で犠牲者が33名に…。
当初は1名という情報で、その時点でさえショックと怒りと哀しみでいっぱいだったんですが、時間と共にどんどん増えていくのはホントにどうにかなってしまいそうでした。
火災では平成以降で最悪の規模になったという事で、改めて辛いです。
もはや放火という言葉でさえ生ぬるい、テロと言うべきであると思います。

オフィスにガソリンまいて火をつける。これを想定した建築にしろというのは不可能だ…。
どうしろっていうんだ…。
犯人にはどうにか回復してもらわんと困る。先日の川崎殺傷事件にしてもそうですが、犯人が死んで逃げおおすのはやりきれないです……。


京アニのアニメは、やっぱり2006年に放送されたハルヒが印象深かったかな。
当時はゲーム会社に居て、こんなすごいアニメが出た! と社内でも話題持ちきりでした。
週刊アニメなのにOVAすら遥かに凌駕する信じられない作画は凄かったです。
この頃は仕事をネットラジオを聞きながらするのが定番でしたが、ランティスwebラジオに「涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部」ってのがあって、それも毎回聞いていました。

その後、専門学校の講師になった頃に始まったのがけいおん!のアニメでした。これも凄かったなぁ…。
クラスの生徒に進められてコミックを持っていましたが、原作の雰囲気を完全に引き継ぎつつ見事に魅力倍加させてる感じで。
やっぱりこの頃の生徒の話題はけいおん!で持ちきりでした。

京アニクラスのスタッフが33名失われたというのは日本のアニメ全体にとっても計り知れない損失です。
おそらく募金などの支援は今後立ち上がると思いますが、それに加えてどうにか国が手厚い支援をして欲しいなと思います。

しかし、、、令和になってから何か暗い事件が多くて気がめいってしまいますね…。

京アニ

既にご存知と思いますが、京アニが…酷い事に……。
ちょっと、、ショックが大きすぎます。
写真も見たんですが、あまりにも酷すぎます。
あの状況では建物のどこへ行っても逃げ場が無かったでしょう。犠牲になった方がどれほど恐ろしい思いをした事か……。
なんでこんな事になってしまったのでしょう……。

亡くなられた方へお悔やみ申し上げる事と、負傷された方は一日でも早く快癒されますようにお祈り申し上げます。
沢山の人に感動や勇気を与える創作者の方がこのようになるのは痛ましすぎます。

京アニは、前職の勤務先だった専門学校からも、卒業生が何人か合格し行っていた筈です。
私のクラスからではなかったので名前は覚えていないんですが…、どうか無事で居て欲しいと願います。
京アニって本当業界最高峰の技術を持つところなので、そこに在籍されている方はとんでもない努力をした結果としてそこに居たという事です。
常に最高峰であり続けるというのは、一度受かった後も慢心せず常に努力で技術を磨き続けているという事です。
そんなストイックに技術を磨き続けた真に尊敬すべき創作者の方々が、なぜこんな事になってしまったのか……。
むろん命に差をつけるわけでは決してありません。ですが、今回の件は本当に痛ましいです……。

犯人は確保されているようなので、妥協の無い原因究明とやった事に見合う罰と適切な報道を望みます。

また今後出来るだけ早い段階で公式な支援策が出ると良いのですが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント