復・刻・希・望

先日エイプリルフールのネタに使用したゾイドガム版シールドライガーMK-IIの説明書ですが、

改めて精密の極みですね。
さて今回は、新たに二種類の説明書をゲットしたので紹介します。

ゾイドガム第5弾は、ギル・ベイダー&オルディオスでした。

通常、ゾイドガムは4機種がラインナップされます。
1弾:ウルトラザウルス、ゴジュラス、アイアンコング、デスザウラー
2弾:ゴルヘックス、コマンドウルフ、レドラー、ブラックライモス
3弾:マッドサンダー、シールドライガー、ディバイソン、グレートサーベル
4弾:デッド・ボーダー、ダーク・ホーン、ガンブラスター、サラマンダーF2

ですが第5弾では
「ギル・ベイダーAタイプ」「ギル・ベイダーBタイプ」「オルディオスAタイプ」「オルディオスBタイプ」
という2機種各2タイプ=合計4種類という構成になっています。

AタイプとBタイプは色が違うのみ。
金型代を節約したのでしょうか。もしくは、この時期は選定するような機種がなかったという事情もあったのかもしれない。
(既に大型ゾイドは大半がゾイドガム化済みであった)

ゾイドガムは第6弾まで出ています。
そちらは
「ガン・ギャラドAタイプ」「ガン・ギャラドBタイプ」「バトルクーガーAタイプ」「バトルクーガーBタイプ」
でした。

末期で人気が落ちていたので売り上げが見込めず金型代を節約したと捉えるか、
本来は4機種が揃ってからリリースすべきだがとにかく早く出したいから機種が揃わない内から(苦肉の策として各2タイプという特殊対応をしつつ)リリースに踏み切ったと捉えるか、
これはなかなか判断の難しい所です。

ところで、バトルクーガーは90年7月発売で、キングゴジュラスは10月発売です。
ゾイドガム第6弾の開発がもう少しだけ後にズレていたら、もしかしたらキングゴジュラスのゾイドガム化もあったのかもしれませんねぇ…。

ゾイドガム第6弾の後には、カバヤは更にゾイドパズルというアイテムも出しています。
ゾイドバトルストーリーの名シーンをパズルにした感じのアイテムでした。

カバヤは本当にゾイドに寄り添っていたなぁ。
ゾイドガム第6弾の後にゾイドパズルが出たという事は・・・、もしかすると幻の企画としてゾイドガム第7弾「キングゴジュラス&デス・キャット」なんかもあったのかなぁ。
たぶん、メカ生体ゾイドのシリーズ展開終了を持って企画は撤回、原価のあまりかからないパズルに移行したのだと思うんですが。

前置きが長くなりましたが、ここからは説明書を紹介します。

ギル・ベイダー

相変わらずすげえなぁおい。ため息が出ます。
組み手順を見ると分かると思いますが、ビームスマッシャーが別パーツになっており手動ながら回す事もできます。
当時はこれがちょっと嬉しかったですね。

この弾のゾイドガムの成型色は青・白・赤でした。
正直、オルディオスを重視した色ですね。なのでギル・ベイダーにはちと辛い…。
タイプAは全身が青で構成されています。タイプBは白い構成で、これは後のギルドラゴンのようであった。
(「ゾイドガム ギルベイダー」とかで画像検索をすると出てきます)

相変わらず造形は完璧と言えるほどに本家版を再現しています。
ただ第4弾までと比べて退化してしまったのはキャノピーが開閉しない事である。
以前の弾の機はコックピットがちゃんと開いた。(例外としてマッドサンダーのみ開かなかったがこれは造形上仕方がないと思う)
ギル・ベイダーはキャノピーが大型なので開けるようにして欲しかったなあ。
キャノピー自体は別パーツなので不可能ではなかったと思うのですが。


ゾイドガムの説明書は、この弾より一色刷りになっています。これは明確な経費節約かな。
ゾイドバトルストーリーが載っているところは注目です。

あと「精密モデルですので切り残しやバリは綺麗に取ってから組み立ててください」という指示は本家キットにはない文言であります。
本家キットは「子供が手でパーツをもぎ取って」作っても大丈夫なようにゲート位置を作っているそうです。バリなどが多少あっても問題なく組める構造なのですね。
ゾイドガムはミニモデルなのでそういうわけにはいかない。模型としては本家をも上回る細かさなのですねぇ。

ジオラマを作って撮影しようぜとの提案があるのも凄いなあ。
まあ、たしかにゾイドガムのクオリティならジオラマにも使えるし何より200円で変えたしミニモデルだから気軽に挑戦できただろうな。

次、
オルディオス

コックピットが開閉せず、また前脚の部品点数がかなり減らされていますが、その他はかなり細かい。
コチラも精密模型的な感じですね。

オルディオスAタイプは、本家にかなり近い色をしているのも魅力です。
(「ゾイドガム オルディオス」とかで画像検索をすると出てきます)


そしてゾイドガム版オルディオスの最大の魅力は、オリジナルギミックの「変形」であります。
まぁ変形というほどの大それたものではないんですが、翼を水平に出来るのですね。

本家キット版だと翼は上に向いた感じで「飛行」という事を考えたら「?」な構造でした。
ですがゾイドガム版は水平に出来る事で、より「飛べる」事への説得力が増している感じがします。
これはまさに動力を持たないことの恩恵ですね。

翼を折りたたむギミックも本家と同じようにできます。
あと、おぼろげながらの記憶では頭部サンダーブレードが固定ではなく若干の角度を付けられたような記憶がある…。

この弾のゾイドガムは当時は全て持っていたんですが、残念ながら現存しておらず。無念。
いつかまた揃えたいものです。
スポンサーサイト

リバセンのチラシ

タカラトミーのチラシをゲットしました。
リバセンの展開直前の頃のもので、たぶん玩具屋などのご自由にお取り下さいコーナーに置かれていたものではないだろうか。



今更ながら心躍る。
隣はトランスフォーマーですね。
あと、裏面はクールガールというフィギュアが載っていました。こっちは全く知らぬ。

さてリバセン部分ですが、


ふぉぉぉぉおお 心躍るねぇ。


こういう部分は特に心躍る。
開発中の写真っていいですよねぇ。
模型でもサフを拭いた上体が妙に魅力的だったり、なんか途中というのはワクワク感が特有に高い気がします。


月刊ゾイドグラフィックス2017とか、やってもええんやで。
難しいとは思いつつ、この機体がいいなーとか妄想しちゃいますねぇ。

こういう雑多系のチラシは種類を把握する事すらぶっちゃけ無理なわけですが、見つけ次第に収集していきたい次第です。

コロコロ@8812

本日は名古屋のまんだらけでゲットしたコロコロについて紹介します。
1988年12月号です。メカ生体ゾイド、マッドサンダー無敵時代の号ですね。

ゾイドブームが加熱していた時代なので広告がたくさんありました。


この他にも、バトスト4巻の広告もありました。
キット、ゲーム、書籍が同時に展開していたとは何とも凄い事だなあと改めて思いますね。


さてさて、この頃のコロコロにはあの漫画が連載されています。
そう、特攻ゾイド少年隊です。
全体的に好評とは言い難い本作ですが、今号に掲載された話に限れば実に燃えるアツい展開があって最高です。
いわゆる神回でした。
以下紹介します。

本作は大きく分けて第一部・第二部があります。
第一部はゾイドを組んでシミュレーションマシンでスキャンしてバトルをするプラモ狂四郎型の構成なんですが、第二部では本物のゾイドを製造して主人公タケル少年が悪い奴らと実戦で戦う感じになっています。
(舞台は現代地球なんですが、まぁ、こまけぇこたぁいいんだよ!!)

今号は第二部序盤で、タケルの乗るシールドライガーVS敵側の乗るゴジュラスが戦う内容になっています。
で、繰り返しになりますが今号の展開は最高。あらゆるゾイド漫画でも1,2を争うアツい展開になっています。

~ここまでの展開~
本物のゴジュラスを造ったのだが、なんと悪い奴に乗っ取られてしまった。
町を破壊しながら暴れはじめたではないか。
しかし、ゴジュラスのコアは暴走状態にあった。
放っておけば、あと1時間程度で周囲一体ごと吹き飛んでしまう…。
コアを停止させるには、外部から強いショックを与えるしかない。
こうして、タケルはシールドライガーに乗って出撃したのであった…。
(※作中のシールドライガーは金色に塗装されているのでゴールドライガー(G・L)とも呼ばれている)


序盤は格闘戦。
シールドライガーは飛びかかるが、ゴジュラスはそれを捕捉。
テクニカルに投げ飛ばし、格闘王の実力を見せつける。


戦いは一方的な展開になる。
シールドライガーは何度も攻撃するが、その中で次第にパワーで劣る事からそもそもゴジュラスを吹き飛ばす事は無理だと知る。

正面からでは勝ち目がないと踏んだシールドライガーは、戦法を変える。
機動力を生かしていったん離脱、背後に回る。


ゴジュラスはその動きに追従できず、容易にバックをとられてしまう。
よし背面から弱点のチューブを攻撃だ。


しかし、ゴジュラスの尻尾の強烈な一撃がシールドライガーにクリーンヒット。
そう、ゴジュラスは接近戦においては死角がなかったのだ。
たとえ後方でも。
悶絶するシールドライガー。

止めを刺そうと接近するゴジュラス。
だがここで、タケルとシールドライガーを助けるべく仲間が生身で突撃。


ビルから決死のダイブでゴジュラスのコックピットに飛び乗る。
その手にはスパナなどの工具が。
生身でゴジュラスのチューブを解体する気だ。

振り払おうとするゴジュラス。
そしてまた、街を破壊された子供たちが登場。
怒りの声を上げる。


「暴れてるゴジュラスなんて嫌いだ!」
しかしその手にはゾイド・キットが握られている。
子供達はゾイドが大好きだった。
けど、そのゾイドに街を破壊されてやり場のない感情にあったのだ…。


この解説が切ない。

この間、生身で特攻した仲間はまだチューブの外し作業をしている。
振り払おうと頭をふるゴジュラス。ついに、仲間たちは落下。ああ地上に激突してしまう。


だが、子供達の声が奇跡を呼んだ。ゴジュラスが自分自身の意思を取り戻したのだ。


落下を受け止めるゴジュラス。

いやしかし、パイロットの強引な操縦でゴジュラスは再び暴れだした。
もはや、シールドライガーもボロボロだ。
だが、街を守らんとするタケルの想いがシールドライガーに再び力を与える。


シールドオープン!
(余談だがご覧の通りEシールドアタックの元祖はこのシーンだったりする)

残りのエネルギーを全て使い切ってでもゴジュラスを止める!



「無理です。失敗すればタケル君がはじけ飛んでしまいますよ!」
そう、思いだすのだ序盤の戦いを。
全力状態での突撃を、ゴジュラスは余裕をもって耐えていたじゃないか。
今の傷ついた状態で、どれだけの成功率があろうか…。

いや、タケルの想いにシールドライガーが応えた。



急激にパワーを上げる。
本来の能力を超える力さえ出している。
タケルの想いがゾイドと重なり共鳴している・・・。

そしてゴジュラスに特攻。



直撃。


正面装甲が大きくひしゃげたゴジュラスは、ようやくその身を大地に横たえた。
ようやく解決か……。
そしてまた、シールドライガーも力尽きる。


いやしかし、大ダメージを追いつつもゴジュラスはまだ生きていた。



そ、そんなまさか。
何というタフさだ。
シールドライガーは力を使い果たし起き上がる事さえできない。



シールドライガーを踏み潰し再び街を破壊せんと迫るゴジュラス。
しかしここで、再び少年達がゴジュラスの前に出た。



やめてくれゴジュラス。ゾイドは僕たちの夢なんだ。お願いだゴジュラス、夢を壊さないで!!

動きを止めるゴジュラス。

「邪魔をするなガキどもめ」
またも強引な操縦でゴジュラスを動かそうとするパイロット。
だが少年達の思いを受け、ゴジュラスはそれにあらがった。
そして選んだ道は…、


自壊。
こうしてゴジュラスは完全に停止し、街はそれ以上の被害を免れたのだった…。


というのが今号ですが、いやー、色んな要素があって良いですね。改めて最高。
作画も本話は他の話に比べてとても良い感じ。
やっぱりゴジュラスVSシールドライガーに注目しちゃうんですが、これって凄く理想的というか、両者とも活き活きしていていいなーと思います。
格闘王・驚異的なパワーとタフネスを持つゴジュラスが存分に描かれています。
そしてシールドライガー側は機動力を生かして容易にバックを取る所が描かれている。しかしパワー差から決定力がなく、耐久力もないため撃破は困難を極める…。

特攻ゾイド少年隊の他の話は、最後にはシールドライガーがスペシャルアタックを決めて大勝利というものが大半ですが、本話は唯一だけ主人公が独力では勝利できなかった話でもあります。
主人公とシールドライガーが共鳴した特攻を受けてもなお倒れなかったゴジュラスは脅威としか言いようがない。
元気玉くらっても生きてたフリーザ様くらい恐怖です。

シールドライガーのピンチを受けて動く仲間達もアツいですね。生身で特攻するのは凄すぎですけども…。
うーん、これってバトストでいつも頑張ってる兵士の描写へのリスペクト・・・なのか?

主人公と通じ合い想定以上の力を出すシールドライガー。
少年達の思いを受けてパイロットの操縦を振り切り自身の感情を取り戻すゴジュラス。
こうした描写も良いですね。
ゾイドを好きな少年の気持ちが最終的な事件解決の決め手となった。しかしそれはゴジュラスの自壊という切ないものでもあった。
この、ほろ苦さも良いと思います。


特攻ゾイド少年隊は全二巻で単行本化されています。本エピソードは第二巻に収録されています。
相場的には二巻セットで2100円くらいの事が多いかな…?
まんだらけ等に行けば発見は比較的容易です。
気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

1985

さてさてこちらは、

は~いステップジュンという漫画(全2巻)なんですが、見ての通りけっこう古くて1985年の作品です。
なんでこんなのを紹介しているかというと…、

本作のヒロインが家庭教師のバイトをする事になって小学生の男の子の家に行くシーンでこんなものが。


おわかりになりますかな。


ガイサックとゴドスがいるー。
両機は1984年発売。この年からゾイドはブームになってた。
この漫画は1985年ちうことで、まあ、なんていうか登場している事がちょっと嬉しい感じです。

作者の大島やすいち先生はメカニックの描写に定評があります。
本作でもバイクなどが頻繁に登場するんですが凄い上手い。
ガイサックとゴドスもコマの隅っこに描かれたものながらいい感じですね。

あと、更に凄いのは

よく見ると奥の方にロボゴロンまで居る事です。
んー、マニアックだ。

あと、コンピューターのモニタにも1985年を感じるなぁ。
MSXかな。

そんな感じでこんなところに出演していたぞゾイドな情報でした。
この他にもおぼっちゃまくんにも出ているらしい。
そういうのを見つけるとおおっ! てなるのでまた出会えるといいな。

グレートな内部図解

今年最初の学年誌をゲットしました。


小二の92年6月号。
ヒャッハー資料だぜー といってもZナイトの時期のものですが。

Zナイトも何だかんだで半分くらい集まってきたかなー。
国会図書館で複写してきたものがあるのでストーリーは全て把握しているんですが、やっぱり生は良い。
ゾイド掲載号と違ってあまりにも高い場合はスルーしたりもしているんですが、そのうちコンプできると良いなあ。

さて92年6月といえば、主役がZナイト→グレートZナイトに変わった時期です。
裏表紙がまずグレートZナイトの広告です。


白く高貴な姿に畏怖を込めて「Knight of White」とも呼ばれる。
ところで前の持ち主さんの名前が青いマジックで書いてあるんですが、ちょっと微笑ましい。
ファミコンのカセットやなんかにも名前が書いてある事がありますが、こういうのも収集の味のひとつ。

グレートZナイトは、デザインは正直あまり変わっていなくて新鮮味が薄いんですが、色は本当に変わったなーという感じ。
青より白が好きかなあ。
HMMでは出ないかな…厳しいかな。Zナイトもマリンカイザーも凄く良いものだったのですが。

さて中身。


今号ではグレートZナイトの内部図解がありました。いやあZナイトでもあったのですねえ。
内部図解はやっぱり燃えるな。
コアもバッチリあります。


コアの比率がちとでかくないかね。この辺からZナイトを読み解いても面白いかもしれない。
よく見るとゾイドのパーツもいくつか使われています。そういうのを探すのもいと楽し。
とりあえず分かる所ではパイプ類はデッド・ボーダーのもので、バックパック内部にはゴドスのエネルギータンクが使われていました。

この時期は登場直後という事もあり、パワーアップしたグレートZナイトはこんなにも強いぜ! という特集が多いです。
ですが悲しいかな数ヵ月後にシリーズは路線変更して小型キット「ストライカー」が中心になります。
小型ながらにして強力なストライカー。これらを相手に苦戦する描写が続き、そしてグレートZナイトは封印されるという憂き目にあいます。
まぁラストで再び発掘されキングゴジュラスを倒したのだから最終的には報われたのですが。

そんな感じで初ゲットでした。
ゾイド掲載号も見つかるといいなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント