ママニイイツケテヤル

旧ゾイド最後のファミコンソフトといえばゾイド黙示録。

日本橋の中古屋に行くと、たいてい超美品が捨て値で売ってます。

中央大陸の戦いとかゼネバスの逆襲も箱説付きで売ってある事が多いですが、たいてい箱にかなりの痛みがあります。
ちなみにGBのゾイド伝説は箱ありで見つかる事は極めて稀。


察するに、中央大陸の戦い&ゼネバスの逆襲はそこそこ売れた、
黙示録は生産は多く販売は少なかったのではないかと思っています。

発売は1990年12月。
旧ゾイドがその終焉を迎えようとしていた時期です。

正直、ハッキリ言ってクソゲーなんですが、ゾイダー的に注目すべき点もあります。
取扱説明書に、ゾイドストーリーの最終章が載っている点。
この点だけで、このソフトは価値があると言えると思います。

ゾイド黙示録もそのうちHPで詳しく紹介したいと思っています。

ところで、

広告。

キングゴジュラスの圧倒的体躯が伝わってくる素晴らしい構図だと思います。
個人的にはゾイド黙示録はパッケージも好きなんです。
シンプルですが、センスいいと思います。
本当、これで内容が面白ければ有終の美だったんですが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント