やまとのシールドライガー

やまとのシールドライガーを愛でています。
期待通りのいいやつです。
そして現段階での思った事をつらつら書きます。


顔はトミー版にかなり近いですが、キャノピーのせいで少し印象も違う気がします。
ディティールが一部省略されています。


特にパッと分かるのはここ。
オリジナル版もHMM版も、ここには内部がチラ見えしてる感じでモールドがあります。

あと、やっぱり鼻先が左右に分割されてないのが気になるかなぁ。。
のっぺりしてると思う。

…と、ここまで考えてふと思ったのが、


アニメ版のデザインに似てると思います。
キャノピーの処理も側面のディティールもかなり近い。
鼻先が左右で分かれてないのも同じ。

付属物がバンとフィーネとジークの人形、ゾイドコア@ジークがしがみついた版だった事から考えても、やまとライガーはアニメ版を基本として作られてると考えるべきなのかも。

しかしながら既に放映からかなりの年数が経ってる。
HMM版もリリースされているし、アニメ放映時の3Dモデルにはやや問題もあった(この頃はシールドライガーやセイバータイガーもスリム化いっさい無しでモデリングされてた。個人的には逆にそれが嬉しかったんだけど)ので、基本はアニメ版でありつつも、要所要所を今風にリファインした末のモデルなんじゃないだろうかと思いました。


コックピットが素晴らしい出来で、計器とかあります。
キャノピーの透明度が高くなってるから、閉じてもこの辺がうっすら見えてとても良い感じです。
この辺の作りこみは非常に嬉しい。
ただキャノピーがあまり開かない(画像ので限界まで開けてる)のは頂けないかなぁ…。
ぱかっと反対側まで開けたい。
ちなみに複座となっており、バンとフィーネを載せれます。
やっぱりアニメ仕様なんだろうなぁ。


これは素晴らしい点。
顔の位置を上下させられ、素晴らしい表情が付けられます。
低く落とすと獲物に飛び掛る直前のような感じだし、高くすると辺りをうかがっているようでとても様になる。
そう、こういうのが欲しかったと思う。
しかも元から完成品だから、がしがし動かしても丈夫で部品が取れたりしないし。
塗膜も強いから、よほどこするような事をさせない限りは大丈夫な風に見えます。

ただし欲を言うなら左右への可動は少なめになっています(一応向けるけど、本当一応という程度)。


ボディーの構造は、「大・小・中」の並びで3つのブロックで構成されており、とても良い可動性を発揮します………って、なんかこれはネオブロックスの構造に極めて近いような気がする。
もちろんネオブロより複雑な構造ではあるんだけど。
開発にトミーがかんでて、ネオブロックス時の技術がフィードバックされてたりするとか…?と思いました。
まぁともかく、この構造により非常に良好な動きも持っております。

売り場ではあまり入荷数が多くないみたいで、あまりまとまった数は見かけないんですが…、個人的には大プッシュ中であります。
本当いい。
ただしやまとの事だから、よほどの事が無い限りバリエーションは出してくると思います。
ので、そういう情報が出てからでも遅くは無い…と思います。

やまとはいい意味で狂ってるので、マクロスの機体だったら主人公機はもちろん脇役機や量産機も出してる。
ちなみに劇場版とTV版の違いもあるから、同じ機体でも塗装は2パターンずつあったり。
更にスペシャルウェザリングVer.とか無塗装ver.とか…。
あと細かいバージョンの違いや練習機まで出してたり。
ちなみに2万とかするのも多いので、むしろ価格はゾイドより高めのが多い。

勝手に予想すると何だろう…。
アニメで攻めてくるとしたら…、まさか白い機体…?
ただある程度はバトスト的なものも読んではくるだろうからなぁ…。
DCS-Jか、外装を変えてブレードライガーとかがくるんじゃないかなぁとか思ってたりします。
バリエーション全部きたらどうしよう…。
やまとなら結構ありうる気が。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント