電動王国

買いました。


先日から話題に出していた電動王国です。
ただ、かなり大型の本屋で無いと取り扱っていない模様…。
発売自体は15日にされていたようですが…(15日に何件か店を廻ったけどどこも未入荷だった)


本のサイズは小さめです。
A4サイズだと思い込んでいたのでびっくりでした。

して中身。


中身もまた予想外。
てっきりビジュアル重視の本だと思っていたら、けっこうというか、かなり文字中心の研究本です。


ビジュアルもそれなりにありますが、全ページ白黒で、それ目的に買うならあまりオススメでないです。

文字中心な事もあり、まだ読破しては居ないんですが、内容はかなり予想とは違っていたとはいえ面白いです。
著者がそうとうこの分野に詳しい人なので、一つ一つの分に説得力があり惹き込まれます。

例えばトミーがかつて発売したサイテックスシリーズが紹介されていますが、サイテックスの紹介だけでなく、玩具の歴史としてサイテックスが果たした役割や影響、その後のゾイドブロックスとの比較など、全体をふかんで見下ろした意見が書かれている本は凄く貴重だと思います。
その点で、その分野だけのにわか知識で書かれた本とは一線を画しています。

ただ残念なのは、本の中で随所に「ゾイド」の言葉は書かれています。
ただゾイドそのもののページは無かった……。
むしろこの本、ゾイドはもう知ってるよね?だから他のマイナー系を中心に紹介するよ というスタンスなのかも…。
色々なものの紹介で、「ゾイドでは~~~だが、この玩具では」とか書かれており、ある意味ゾイド知ってる前提のような文は嬉しかったですが…。

ところでこの本は、ロボコンマガジンという雑誌の中の企画ページ「電動王国」を再構成した本らしい。
ロボコンマガジンなんて雑誌は全くチェックしていなかった…。
今回は先に書いた通り、ゾイドは収録されていません。
ただロボコンマガジン本誌の方では、一度ゾイドが特集された事があるらしい。
(ゴジュラスギガ発売ごろらしい)

うーん…。
資料系はそうとう頑張って調査しているつもりでしたが、まだまだ漏れがあるんだろうなぁと思わされました。
ともかくロボコンマガジンは調査してみたいです。

話がそれてきましたが、電動王国は予想とはかなり違った本でしたが、面白いのでやっぱりオススメです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント