おもひでギュルギュル

先日、とある番組で以下のような説をやっていました。
それは閉所恐怖症や高所恐怖症の原因についての事でした。



そういう恐怖症は、たいていは子供の頃のトラウマに原因があるとのこと。
つまり例えば子供の頃、何かのトラブルで狭い所に閉じ込められた経験があれば、(本人がそれを覚えているかどうかは問わず)高確率で閉所恐怖症になるとのこと。

そういえば私はこの手の恐怖症はないんですが、食べ物で唯一シイタケが嫌いです。
見るだけで反射的にえづくほどの嫌いっぷり。
これも子供の頃、無理やり食べさせられて吐いた事を覚えている。
今でも、そこまで極端な嫌いな食べ物ってないんですが、シイタケだけは別格。
こう考えると今は大人ですが、嫌いや恐怖は子供の頃の経験則に裏打ちされたものなんだなぁと思った次第です。

さてそんなこんなで納得してテレビを見ていて、ふと思いました。
もしかしてこれって、逆も当てはまるんじゃないか?



私はおそらく日本でも有数のゾイドバカでありましょう。
一位とは言わないけどおそらく相当は上位に食い込むと思います。
そしてその裏打ちは、やはり子供の頃なんじゃないかなぁと思いました。

学年誌、キット、自分で作ったカード、etc…、
これらを好きなだけ買える身ではなかった。
誕生日まで何ヶ月も我慢した挙句やっと手に入れるのがゾイドだった・・・ので、その手にした瞬間の多幸感たるや書き表す言葉がない程ではあった。
ので、今ゾイドに触れるのは、その多幸感を呼び覚ます行為でもあるんじゃないかなぁと思いました。

子供の頃からの好きを引きずってる というのは常常意識していましたが、なるほどこんな風につながってるんだなと思った次第です。

抑圧されるほどやりたくなる というのはこういうカラクリの下あるのかもしれません。
そう思いました。

そんなわけでキットやら学年誌やら、まだまだ集めます。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント