増刊号

たまに、コロコロは集めないの?と言われます。
実はそこそこ集めてはいますが、けっこう知ってて見逃す事も多く、資料ハンターの割にはコロコロに愛が低かったりします。

理由は幾つかありますが、その中の一つが増刊号の存在であります。
コロコロは増刊号が多く、それまで含めるとコンプがかなり厳しくなるんですね。
集めるからにはコンプしたい性分の私的に、ちょっと二の足を踏んでしまうわけです。

ただ安く売ってたら買う訳でもあり、そんなわけで半端な数のコロコロは集まっています。

さて、前置きが長かったですが本題。
そんなコロコロの増刊号を手に入れました。


91年のものです。
91年なので、目的はZナイトでした。


Zナイトの漫画が載ってます。
作画は小石さとし氏。
デザインはアレンジされていますが、なかなか迫力の作画だと思います。


マリンカイザーもこの通り。

ただこの話は、歴史が分岐したもう一つのZナイトストーリーというか…。
if世界の話っぽかったです。

Zナイトは、その幕開けが常にマリンカイザーVSZナイトで始まります。
戦いはブルースター軍Zナイトが辛勝し、マリンカイザーもブルースター軍に配備される。
それに対抗するため、キルナ軍はファイナルアーマー・ギルガを繰り出すのだった。
こうして戦いは激化してゆく…。

というのがいつもの流れですが、この漫画は、
Zナイトとマリンカイザーが激突→Zナイトが辛勝。
装甲巨神同士の戦いに恐怖した両軍のトップは、この戦いの後に平和協定を結び、以降、Zナイトは再び封印されたのだった。

なんという出オチ…。
面白い内容だったんですが、ゾイドで言うとアイアンコング出現前にゴジュラスが帝国首都を陥落させ戦争が終結したような展開か…。



あと、デザートウォーカーやエギールが宇宙で戦ってたり(宙空間戦闘用はスカルバイパーである)、やや設定のアンバランスさが見受けられましたが、まぁその辺はこの時代の漫画では良くある事かも…。
アンバランスといえば、「宇宙暦・・・」といって始まるのに、何故か冒頭で主人公は蒸気機関車で移動してた。

ただ、Zナイトを発掘し調整する科学者が主人公の父親だったり、
偵察に来た敵のバトルアーマー三機編隊が、血気はやって敵基地を攻撃。Zナイトを発見し攻撃するも、とっさに乗り込んだ主人公操縦するZナイトに返り討ちにあう。
とか、そこはかとなくあの作品の影響が…。オマージュ?

ところでZナイトといえばゾイドの後継であり、設定的にも「ゾイド人」という言葉はよく出てきます。
ただこの漫画内で、何故かゾイド人とは使用されず「イゾード人」という謎の単語になっていました…。
イゾード。
しかも、地球人はイゾード人の末裔であるとも。
この辺、よくトミーのチェックでOKが出たなぁ…。
もしくは、完全にifモノとして割り切った作品なのだろうか。

そのほか。
バーコードバトラーの漫画が載っていました。


懐かしい!バーコードバトラー!!
と思っていたら書いてる方が上山道郎先生じゃないですか!

余談ですがこの漫画、Zナイトの直前に載っていましたが、何か運命的なものを感じたり感じなかったり。

あと、気になる広告が…。


電子で動かすメカ恐竜、
21世紀ボーイに贈る だそうですが、この広告、かすかに子供の頃見た記憶と、憧れてた記憶があります…。

ゾイドが一端の区切りを迎えたのは91年3月ですが、こいつは91年春から登場した玩具。
どうやらゾイドの後継はZナイトだけじゃないのかもしれないなぁ…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント