フクイサウルス

商店街を歩いていると…、

恐竜博がやっていました!
規模は小さいですが、その分、観覧も無料。早速入りました。

入り口に恐竜博士が。

ラプトル系の顔立ちかな…?
ちょっと怖い。

して中ですが、恐竜全開。

子供も結構いて、やっぱりいつの時代も恐竜は人気なんだなと思いました。
母と子の会話が聞こえてきて、子供の熱心な質問に母親がたじろぎながら答えていたりしたのが印象的でした。
その後、スタッフの人が子供と恐竜談義をしていた。
たしか草食と肉食の違いとか、歯でそれが分かるとか、そんな内容でした。
彼が立派な恐竜博士になることを私は願います。

さて、

パネル類。
大迫力。日本でもこういうのが発掘されないかなあ。

してこの博覧会の目玉はこちらでした。

フクイサウルスの全身骨格標本。
でかい。


肉をつけるとこんな感じだそうです。
イグアノドンに近いもの、だそうです。

イグアノドンといえば世界で最初に見つかった恐竜だったはず…。
んで、昔の図鑑では立派に直立してたんですが、今はこういう姿勢です。
パラサウロロフスなんかも、子供の頃は直立だと思ってたなぁ…。

顔。

骨格は何故こんなに美しいのだろう。

正面。

非常に狭いです。
ゾイドの帝国共通コックピットとは全く異なるラインで、新しい共通コックピットのデザインが必要となるかもしれない。

手。

手は人に近かったです。
五本指。
イグアノドンのような鋭い一本はない模様。

あと、

ステゴサウルス(9m)の太ももの骨が展示されていて、自由に触る事が出来ました。
いやいや、手と比べれば分かると思いますがデカイ。
さすが恐竜はスケールが違います。

残念ながら本日で終了との事ですが、福井では常設されている模様。
お近くの方は出かけてみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント