改造マッド

ゲットした学年誌のあれこれ。
今日はマッドサンダーが猛攻してた時期のものを紹介します。

マッドジェット ビッグサンダー サンダーパイレーツといえば、新バトストにも収録されている改造マッド達です。
曰く、マッドサンダー3大改造。

小三にこれら3機が載っていましたが、残念ながらバトストではなく機体紹介のみでした。

とはいえ得るものはありました。


■マッドジェット
興味深い事に、学年誌ではマッドウイングとなっていました。
新バトストで名称改定されていますが、おそらく帝国(暗黒)側にデスウイングが居たからじゃないかなぁ…。

デスバードを超える巨人機と書かれており、もしかしてデスバードに触発されて作られた機体なのかもしれない…。
しかしデスを前傾姿勢にし徹底的に改造したデスバードに比べ、エンジンで強引に飛ばしてる感じがいかにも共和国機で面白いです。

さて説明が随分違うのが面白いです。
新バトストだと「4発のジェットエンジンで航行」とありましたが、学年誌版だとエンジン数が超絶多い。
14発のエンジンで飛ぶ!
これは、学年誌版の方が正しいだろうと思います。

マッドジェットのモデルは、米軍のB-36じゃないかなぁ…と思っていますがいかがか。

この写真はバトスト未収録で、翼下のエンジンの付き方が良く分かるのが貴重なアングルです。
欲を言えば後部のエンジンの具合が見えるアングルが欲しかった!

翼は興味深いです。
良く見ると、前緑が太く、後緑が薄くと、実際の航空機の翼と同じように作られているのがさすがです。

後年、暗黒軍との戦いで、デスエイリアンに撃墜されるマッドジェットですが、しかしあれは細部が違う機体だったから二号機なのかなぁ…。
改装された…?

実際、空飛ぶ航空母艦となれば戦略的意義は大だろうから(最強の地上ゾイドマッドサンダーを改造している点はさて置き)、少数機が量産されたのかなぁ…。
マッドジェットは数ある改造マッドの中でもかなり好きな機体です。



■ビッグサンダー
正面からの図が載っているので再現する方は参考に…と言いつつ再現する人は居るのか…。
このアングルはバトスト未収録なので貴重です。
ちょっと脚が貧弱に見えるかな…。
さて、説明文が興味深いです。

ゴジュラスMK-IIと同じキャノン砲とありますが、口径38cmとされているのが興味深いです。
別資料では42cmとしているものが複数あり、どっち・・・?
もしかして限定型が42cmで量産型は38cm…?

もしくはある時期から生産タイプが変えられたのか…
(97式中戦車チハを例に取れば、初期は貫通力の低い57mm砲を装備しており、後期は貫通力の高い47mm砲を装備していたというように、長期運用される機体ならそういう可能性も大いにあると思う)
まぁ、誤記だろうとは思いますが想像を膨らます方向で考えるのが吉かも。

そういう意味で言えば、腕のキャノンが、シールドMK-IIのもの とされているのも興味深いです。
何故ならこの砲はマッドの主砲でもあるから。
もしかして見た目は同じでも、マッドの主砲はマッド用にカスタムされ中身は別物 と見る事が出来るのかも…。

非常に興味深い資料であります。

サンダーパイレーツはバトスト収録のアングルと寸分違わず。
…サンダーパイレーツ、誰か再現しないかなぁ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント