新旧ゴム対決

先日の展示会で、これを頂いたことを記事にしていたと思います。


ゾイドバトルカードゲーム。

表紙かっこいいです。


中にゴム人形が入っていますが、これがなかなか良い出来で、非常に細かいディティールが入っています。

しかしこの大きさ。
メカ生体ゾイドの濃ゆいファンなら、その昔駄菓子屋で販売されていたビッグポーズを思い出すのではないかと思います。

86年ごろ、駄菓子屋などでアマダから「ビッグポーズ」というシリーズ名でゾイドのゴム人形が発売されていました。
ビッグという割にちっこいんですが。
最近、喜ばしい事にそれをコンプできたので、せっかくなので比較してみました。


まず大きさ。
基本的にはビッグポーズの方が一回り小さい。
とはいえ、ビッグポーズは全ての大きさが(小型ゾイドだろうが大型ゾイドだろうが)統一されているのに対し、ゾイドバトルカードのは、大型ゾイドは大きく小型ゾイドは小さい。
なので、小型ゾイドで比べれば同じくらいの大きさ。
大型ゾイドで比べればビッグポーズのが小さいという感じです。


レッドホーン。
これを見れば分かるように、ゾイドバトルカード版はディティールが非常に細かい。極めて小サイズの中に、圧倒的な情報量が詰まっています。
ビッグポーズは省略が多いし、アレンジも多少あります。
例えば背中の連装砲が何故か単装砲になっている…。

単純に際限度・完成度が高いのはバトルカード版かなぁと思います。
とはいえ、ジオラマの遠景として使うならビッグポーズの方が適しているのかなとも思います。


ゴジュラス。
これもレッドホーンと同じくディティールの差が激しいです。
しかしバトルカード版のゴジュラス、よく作ったなぁと感心してしまいます。
ものすごい再現度です。
マニアックな事を言うと、ビッグポーズ版のゴジュラスは、ノーマルゴジュラスではありません。
箱裏に載っている改造作例のもの…多少装甲がプラスされたタイプになっています。
ビッグポーズ版があまりにもツルッとしているのはそれが理由でもあります。


カノントータス。
背中の連装砲が省略されている事をのぞけば、ビッグポーズの方がシャープで良いかなあ…。
なおカノントータスといえば微妙に左右非対称なゾイドですが、ビッグポーズ版もバトルカード版も、共に左右非対象を再現しています。
レベルの高い戦いだ…。


このクラスだと、ほぼ同じ大きさです。
ところで、ビッグポーズ版は砲の仰角が最大で造形されているのが特徴です。
この点はバトルカード版が好きです。


腹側から見ると、足の処理が両者で共通しているのが面白い。
やはりこの大きさで作っていると、えてして同じような方向に向かっていくんだろうなぁ…。


ヘルキャット
どちらも甲乙付け難い完成度。
ビッグポーズ版は背中と胸部の砲が単装砲にアレンジされています。


モルガ
バトルカード版のは、芋虫っぽいポーズが付いているのがいい感じ。
ビッグポーズ版は、ゴジュラスと同じく箱裏のバリエーションが再現されています。
パラボラアンテナが良い感じ。


アイアンコング
これは肩の六連発ミサイルの有無が大きい。
バトルカード版が好きです。
とはいえビッグポーズ版も腕に角度が付いており良い感じ。
アイアンコングの周辺アイテムは概して出来が良い気がします。


コングは巨大ゾイドなので、大きさの差が一番大きいです。


同一ゾイドで比べてみましたが、どちらも造形者の愛が詰まっており眺めていて飽きません。
バトルカード版の人形はまだ全て集めきっていないので、そのうちコンプして他のゾイドでも比較してみたいです。


さてビッグポーズといえば、バトルストーリーで頻繁に登場しており、遠景を盛り上げた名脇役です。


この遠景モデルがジオラマにどれほどの奥行きを与えたか…。
私はメカ生体ゾイドのジオラマは、空気感や奥行き感が凄く好きで凄いと思っているんですが、ビッグポーズあればこそのものものと思います。
(後期にはカバヤの食玩が多数登場している)

機獣新世紀ゾイドのジオラマでは、ほとんど本家キット以外のモデルは使われていないなぁ…。
いや、ほとんどというか一度でも使われてるかな…。
本家キットで撮影→CGで縮小して奥に配置 というのは幾らもであったけど…。

ジオラマの質はメカ生体の方が好きです。
機獣新世紀ゾイドのジオラマは、後期は特に、CGに頼って薄っぺらいものも増えていたような…気が…正直します。
公式ファンブック4の24・25ページのものとか…ちょっと酷すぎる。

ジオラマの作り込みを考えるとき、なにげにこの小さなフィギュアは重要な鍵として語るべきアイテムな気がします。
まぁ、ちょっと批判めいた事を書いてしまいましたが、ともかくフィギュア自体の完成度はどちらも素晴らしいです。


さてさて、週末です。
この週末は、いい加減HPも更新したいです。
コンセプトアートIIIも、発売から一週間。
そろそろネタバレしてもいいだろうし、感動も詳しく書きたいところです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント