ちょこっと解説帝都防空航空隊

帝都防衛航空隊ですが、地名がよく出てきてややこしくなってきていると思いますので、ちょこっと解説します解説します。

開戦時の両国の領土マップ。


以下は地名も併せて表記しますので、参考にされたし。


クリックで拡大
クリックで拡大

これはサラマンダーがプテラスの護衛を付けて爆撃できる範囲を表したものです。
緑の地域が可能地域。ただし略図であり詳細はやや異なります。
パーセントが示してあるのは、その地域の戦略目標の破壊率で、バレシアは比較的無事であるがそれ以外は壊滅状態であるのが分かります。

クリックで拡大
クリックで拡大

共和国の地上進撃でダリオスが陥落し、同地域は共和国支配域となります。
ただミーバロスやイリューションはかろうじで撃退に成功し、追い返すことに成功します。
その後、再侵攻に備えて直ちに周辺警護が強化され、中央山脈を素早く行動できるコング、サーベルが中央山脈に派遣され、共和国の動きを逐次監視します。

なおオベリアが陥落し飛行場が完成した場合、飛躍的に爆撃地域が広がるのが分かります。
共和国の基本戦略は、まず爆撃で主要目標を破壊した後に、ウルトラザウルス、ゴジュラスを中心とした地上部隊を進撃させる事です。
現在帝国は、トビチョフが陥落すればウラニスク大工業地帯が爆撃されゾイド生産がほぼゼロになるという危機に瀕しています。
また再度の共和国侵攻でミーバロスあるいはイリューションが陥落すれば、帝国首都すら爆撃対象となる危険性もあります。

共和国は中央山脈に配置されたコング、サーベルを脅威とみなし、山脈を越えての侵攻を断念し、そのかわりウルトラザウルスの海上航行能力を活かした海上ルートでの侵攻を開始します。
こうしてミーバロスに上陸されたのが現在の状況です。

なおミーバロスへの上陸作戦はバトスト1巻に出ているものです。
非常にマニアックですが、「漁船」が出てくるところとかで微妙にリンクさせています。
探して頂けると幸いです。


あともう一つ、共和国はプテラスを護衛につけないサラマンダー単独の爆撃なら、現時点でもウラニスクや帝国首都を爆撃する事は可能です。
しかし帝国の防空強化により損害が増えたため、極力被害を出さぬようプテラスを護衛に付けられる範囲以外は行動していないのであります。
(サラマンダーは量産の効きにくい切り札の機体である。ただ現時点で帝国はこの事を知らないのであるが)
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント