バクゥ制作7

最近滞っていたバクゥですが、いいかげん進めました。


前回の状態がこれ。
とりあえず後脚から着工せねば。


バクゥの脚はシンプル。
キャタピラを取ったらなおのことシンプル。


まずはゴテゴテ貼り付ける。
出来るだけバクゥのパーツで構成しています。

前脚と同じく表面の膨らみを削ってプラ板を貼り付けています。
しかし後脚のみ、C面を作りこんで立体の情報量を上げています。
注目せんと分からないと思いますが…。
効果は大ですが難しかった。
反対側は同じように出来るんだろうか…。


んで装甲も取り付け可能にしています。
ここポイント。
大地をキックして素晴らしいジャンプ力を生むバネが内側にある為に特にガードしてある。
これはクイックキットのムラサメライガーの装甲を再利用しています。

設定的には上記ですが、モチーフのミアキスの脚はとても太い。
ので、太く見えるようなパーツ構成にしたかったというのもあります。

ちなみに外側にしか付けていない。
パーツ数的には内側にも装甲を付けれたんですがしていません。
最近はHMMの影響もあり内側にも装甲があるのがデフォですが、私的には高速機は特に装甲は外側だけで良いと思う。
高速機だから装甲は出来るだけ削って集中防御にした方が理に適っていると思う。
とすれば、ほぼ被弾しないであろう脚部の内側などは装甲を張る必要があるのだろうかとよく思う。


装甲を外すと分かるんですが、前脚と比べると基本パーツ構成は同じですが少し異なる部分もあります。


こっちが前脚。

まずシリンダーの太さが、後脚のものの方が太い。
これは、そりゃぁ後脚の方が大地を蹴って速度を出すのだからパワーが必要だろう=大型のシリンダーが欲しいという考えで太くしています。
丸モールド部分が、後脚のみマイナスモールドになっているのも同じような考え。
機能的に若干違うんだという事が出せれば良かった。

これは密かに…、またこういう事を言うと問題なのかもしれないけど、HMMの設定へのアンチテーゼ的なものを含んでいます(あくまで私個人の思いであります)。
コマンドウルフの設定では、スネ部分のパーツは前脚も後脚同じものとされていた。
前後左右で使い回しが効くので良いとの事。

一見なるほどとも思えますが、やっぱり違うんではないかと思う。
先に書いたように前脚と後足ではそもそも役割が違う。
後脚は大地を蹴りジャンプするし、前脚はクッションのように接地時の衝撃を受け止める役目がある。また敵にパンチを見舞う。
同じ形であって良い筈が無いと思う。
仮に同じ形であるなら帯に短し襷に長し的な半端な性能の脚部が出来上がるように思う。
個人的にであるけども、HMMの設定はこういう部分で脆いと思う。

とまあ愚痴っぽくもなりましたが、私なりのこだわりを反映させつつ完成させたいです。
次は反対側をやらねば。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント