震災から二年

さて本日といえばやはり震災から2年という節目の年なわけです。
震災から早いような長いような2年ですが、もう大きな地震が来ないように願うばかりです。
と願う一方、日本という立地である以上大小はともかく来ないという事は現実的にありえまい。
自然は偉大で、大きな恩恵をもたらしてくれる一方で大災害ももたらす。
そう考えると原発というものはもっと本質的な面で議論されるべきだなぁと思いました。
感情的にヒスで反原発な方は正直どうかと思うのですが、やはり制御できない技術は人が持ってはいけないと思うに至る。
こう書くと電気代の値上げが云々とオウム返しのように言われるのが現状なわけで、まぁそれはそれで分かる。
実際きつい。
ただそこで留まっていたら延々そこで止まってしまいいつまでも曖昧なまま過ごすことになる。
そしていつかまた自然の驚異が来るとも知れない。
その時どうなるのか。
是非報道や相応の立場にある方は今のあり方を見つめ直し俯瞰で見下ろした論を展開し、もっと大規模に信を問うていけば良いのになと思いました。

東日本大震災にで亡くなられた多くの方に心より哀悼の意を捧げます。
また被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント