ミラージュフォックスPV

さてミラージュフォックス。

色々楽しみだし、6月なんてあっという間よ。
これからどんどん情報が出て、通販も始まり、我々はそれを追っていかねばならぬところでしょう。

今回、3DCG を使用したプロモーション映像が出ています。

YOUTUBEより


久々の公式動画に興奮を禁じえないです。

水を差すようであれですが、「局地戦」でなく「極地戦」で正しいのだろうか。
メカ生体ゾイド時代のシールドライガーの箱の表記も、本来は「局地戦用高機動型」となるべきが、誤記で「極地戦用高機動型」となっている。
そしてMSSの箱で密かに修正されている。
ミラージュフォックスはカラーリングもあり雪原での戦闘を思わせる。その意味では極地でも正しいような気もしますが。

まぁ、細かい突っ込みは置いといて・・・、映像です映像。
ゾイドリバースセンチュリーのような紙芝居ではなく、本当に動き回っている公式映像は久々でシビれます。
しかもクオリティーが高いの高いの。
今後リリースされる全ての機体にはこんな映像が付くんだろうか…。
期待しています。

内容の感想・・・、

まず、3DCGの出来の素晴らしさは感動もの。
当然、オリジナルデザインのまま作られている。
オリジナルデザインはやっぱり好きです。
戦闘機同士の対決ならスマートでもいいかもしれないけど、ゾイドは基本的に地上の兵器だ。
あのオリジナルが持つガッシリとした太さは、力強くて良いと思っています。



また、必要以上に光っていないのも良いと思います。
バトストや初代アニメのマットな質感に近い。
ゾイドフューザーズやジェネシスは装甲のテカリが強く、レーシングカーのように綺麗ではあるが戦闘兵器の雰囲気ではない。
(フューザーズは見世物バトルなのだからあれで良いのかもしれない)

映像は終始効果音なし。音楽のみ。
これがいい。
少し物足りないが想像力は凄くかきたてられる。

ミラージュフォックスのPVなので、もちろんミラージュフォックスの活躍となるんですが、相手はサーベルタイガー。



いや、目の色が緑なのでセイバータイガーなのか…?
ストーリー詳細がまだ謎なので断定は出来ないが、
①メカ生体時代の設定だが、目の色の違う機種は存在した
 (目の色を変える音が可能なのはグレートサーベルやゴジュラスMK-II(量)を見れば明らかだろう)
②メカ生体時代の設定だが、暗にパラレルワールドである事を伝えている
の、どちらかだろうか・・・。
個人的には②であって欲しいんですが。

5機で行動するサーベルの動きは必見。
メカメカしいデザインであるが、実に動物らしく有機的に動いている。
メカ生体という言葉そのもの。
過去に出たあらゆる映像の中でトップだと思う。
特に尻尾のふりふり感が最高と個人的には思う。
あとなにげに、隊長機と思われる機体のみ、肩の塗装パターンが少し違っていたりするのが凝ってるなぁと。
こういうのは本当素晴らしい。


そして、サーベル5機の前に現れる白いキツネ型ゾイド。
プロモーション映像なので、ここからはずっとミラージュフォックスのターンだ。


不審な機体に気づき迎撃するサーベル部隊。
機体同士で会話するシーンが凄くいい。

さて、サーベル5VSフォックス2の戦い。
体格的にも数的にもサーベル圧倒的優勢。フォックスはどこまで粘れるのかと思ったが、予想外にも戦いは一方的なものになる。


ガトリングで撃ち、


ブレードで切り裂き、


クローでぶった切り、無傷のまま部隊を壊滅せしめる。


最後は天に向かって吼えて終了。

いやー、かっこいいです。実にカッコいい。
ところで、色のせいでもあるのでしょうけど、最後の吼えるシーンのフォックスは、すごくケーニッヒウルフに似ているなぁと思いました。
ケーニッヒも出ないかなぁ。
初登場の頃、メカ生体派の私にとってもこの機体は凄くカッコ良く映った。
ゾイドオリジナルで何かプラス要素で復活するなら、是非背中のファンの回転を使用して、あっと言わせるギミックを追加して再販して欲しいなぁ。

さて、
PVですが、カッコいいけどフォックス強い。強すぎる気はします。
というか、こんだけ強いならライジャーより強いのは確実だろう。
ジーク・ドーベルにも対抗できるのでは。下手したら強いのではないかと。
ならば量産しなかったのは意味が分からないような気もする。

個人的な、解釈。
解決する方法としては、これは共和国側が作った民間に向けた戦意高揚映像とでも解釈すれば良いのかなと思います。
あるいは、フォックスの開発メーカーが軍の量産発注を得るために作ったプロモーション映像である、など。
軍部には「機体のデータを入力し、敵機械獣と戦った場合のシミュレートを行いました」とでも言っている… この映像を見せれば受注は手堅いだろう と。

最初に、中央大陸戦争後期ならグレートサーベルなんじゃないの?と思った。
この時期既にノーマルのサーベルは戦場に出ていないはず(少なくとも学年誌ではグレートサーベル登場以降は一切出ない)。
そう思うと、ますます共和国側が作った宣伝用に誇張された映像ということに納得がいくのではないかなあ。

まぁ、こういった考察も面白いですが、純粋に、単純に、動き回るゾイドが見れた感動はやはり大きい。
今後も続いて欲しいです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント