雷神の原型

以前にコラムでベアファイターの試作モデルが云々という文章を書いたことがありました。
実はもう一つ、特に試作モデルを追っている機体があります。

それは、私の中で至高のゾイドであるところのマッドサンダー。


私見ですがマッドサンダーはデザインは極地。
戦艦で言うなら大和というか、集大成というべき完璧さだと思っています。
ただデザイン的にはともかく、キット的にはいくつか弱点があります。

副砲の「穴」がない部分。下側が肉抜きされているところ。
キャノンビーム砲の基部の肉抜きは…、既存ランナーの流用だから仕方ないか…。
あと、ここ。


前頭部の装甲の裏側。
本来、肉抜きになっているところにもプラがあり、荷電粒子砲にも耐える特厚の装甲を表現すべきだっただろう。

そんなわけで肉抜きが大型ゾイドの割に多いというのはマッドの弱点だと思っています。


さて試作モデルの話。

登場からしばらくのバトストや広告では、試作マッドの姿を拝めます。


試作マッドの製品との相違はこの辺に集約されている。
有名なのは、試作段階では副砲はちゃんと「穴」の空いた造形で、下面にもそれらしいモールドがあったということ。
これは当時すごく試作モデルが羨ましかった点です。
他、脚部の装甲のディティールが少ない。
これは製品版の方が好きかな…。
あと、ハイパーローリングチャージャー脇の排気口のディティールも異なる。
ここは製品版の方が排気口らしく見え明らかに良い。

さて、ここまでならよく知られた話で、わざわざ記事にするまでもないようなところ。
しかしこの広告を見ていて、ふと気づいた。

この広告ですが、組み立てる面白さを伝える為にランナーやパーツを置いてある。
バトスト1巻裏のサーベルタイガーの広告に似た構成です。

そしてこれ…。


これは半荷電粒子シールドのパーツですが、これを見てはっとした。

最初に気づいたのは、サンダーホーンの取り付け位置の形が違うこと。
製品では接続ジョイントが四角いが、試作品では正円に近い。
おそらく、正円にしてしまうと回るから変更されたのだろう。

いや、そこは大した問題ではない。
問題はその後ろに転がっている方のパーツ……。

製品の反荷電粒子シールドは、モナカ構造で左右から貼り合わせて終わり。
だがこの試作品は、明らかに後ろからもうひとつのパーツを差し込むような構造になっている……。
という事は、先に弱点と書いた、半荷電粒子シールドの裏面の肉抜きすら克服しているのでは…。

そうだとするとすごく羨ましいモデルです。
製品はコスト面の問題でいくかの肉抜きはやむなしとされてしまったのかなぁ。
あと、こういう構造ということは、製品のマッドサンダーはマグネーザーおよびハイパーローリングチャージャーのギミックがすでに完成体として提供されている。
しかしそれも組ますつもりだったのでは、と思えてくる。

こんな発見もあるので、試作モデルを研究していくのは楽しいです。
しかしこのマッドはいつか見てみたいものです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント