最初期のメディア展開のこと

最初期の小三のゆるーい話。


ゾイドといえばバトルストーリーだと思います。
リアルな戦場を描いたそれは非常に魅力的だと思います。

しかし最初期からゾイドはバトルストーリーだったかというと違う所もあり、「展開する中でバトルストーリーへシフトしていった」という方が正しいと思います。
最初は、「SF」が強調されたものでした。

最初期のゾイドのCMのナレーションが
「時間と空間を越えた未知なる星域ゾイドゾーン。あらゆる環境に適応した機械獣・メカ生体ゾイド。緊急時には直ちに軍団を形成し、壮絶な電撃戦を展開する」
だったのだから(ゾイドオフィシャルページでチェックすべし)よく分かると思います。


ゾイドが、かなり初期の段階から本格的にメディア展開を行った雑誌・小学三年生も、最初期の掲載からガチなバトルストーリーがあったわけではありません。
何となく「ゾイドは戦う兵器であり帝国と共和国が戦っているんだよ」というような事は書かれていたけども、実際に戦っているような場面は少なく、むしろ別の切り口からゾイドを紹介することが多かったと感じます。

今回、84年11月号を紹介します。

この号は特に印象深いものです。


この号は、「探検隊がゾイド星の奥深くまで潜入し、まだ見ぬ秘境を発見。そこはゾイドたちが暮らす楽園だった」というものだった。
SFロマンあふれる展開です。


洞窟の奥で白いゴジュラスを発見。尻尾が短いのが特徴だとある。
「ホワイドン」と名付けられたそうだ。

冒険していて見つけたということはつまり野生体だと思うのだけど、うーん、まぁ、細かいことは気にしちゃいかんのだろうな、この時代は。


最初期のストーリー展開はまだまだ方向性が固まっておらず、様々模索されていた跡があります。
先にも書いたとおり個人的にはバトルストーリーが好き。
ただ、こういった「ゾイド星の謎を探り、新たなゾイドを発見してゆく」という冒険モノでも魅力的だなーと、この号を見ていたら思います。
やっぱり異星の物語だし。

…もしかしたら現在軸になっているコンセプトアートは、この最初期にあったSFテイスト満載の冒険・探検モノと、バトルストーリーをミックスさせたものなのかも。
とか思ったりもしました。


ちなみにこの頃の改造ゾイドはすごいものが多い。


スカウトウォーカー。
これはカッコイイ。けど背中に乗ってるのは何・・・?


トライクルーザー
こっちも何か乗ってる…っていうか説明文がすげえ。
グラビティウルフの源流か?


スーパードラゴン
これも車輪。
ただこれは顔は結構いい感じ?

もちろん、後のバトルストーリーに繋がるようなミリタリー系のものもあります。

グランチュラの連装砲装備型はカッコイイ。
デンジャラスは本当にデンジャラスだわ…。

ストーリーテイストとしては冒険モノは好きだけど、改造の方向性はバトストのものの方が好きかな…、正直。
とはいえ、この時代の、固まっていないからこそ自由に楽しんでいる雰囲気は、それはそれで非常に魅力的です。

新しい展開が起こっている昨今。
議論するような見方もそれはそれで楽しい一方、おおらかな時代を振り返り寛大になってみるのも良いかと思います。
そしてその上で良い方向を導いていけると良いですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント