HMMイグアン

コトブキヤのページで、HMMイグアンの詳細が出ております。

公式ブログでも話題になってます。
これはかっこいいイグアン。
発売後すぐさま組まねば。

耳の機銃は腕の分と合わせて3個付くと思ってたら2個しか付かない模様。
ちょっと残念。
以前のブログ

思うところあれこれ。
総じて言えばこれはカッコイイと思う。
発売が待ち遠しいです。

細かい点で言うなら気になる箇所がないわけでもないかなぁと。
今後こういった点も改善されるといいなぁと思いつつ書きます。

できれば機銃は色を赤で統一して欲しかったです。
イグアンは「装甲:銀」「メカ部分・武器:赤」でした。
ゾイドは大半そんな感じで「装甲=○色」「メカ部分=○色」「武器=○色」という感じで統一されている。
リアルかはともかくゾイドらしい配色だなーと思うので、出来れば統一して欲しいところです。

武器系統はHMMなので大きめになっています。
おかげで尻尾がすごいです。
格闘戦で尾をムチのように…というのは無理だなぁ…。
とはいえ単純にカッコイイしありだとは思います。

ただショックアブソーバーがあるのは頂けないアレンジかなぁと思う。
元が生物であり過剰な衝撃が出そうなものもないんだから、衝撃は尾部だけで支えんかい。
と思ったり。
ゾイドが生物らしく荒々しく在るというのは、反動をしっかりと自分の足なり尾部で支えるということではないかなぁ。
何でもかんでも人工物に頼っては。
あと、ジェノザウラーやバーサークフューラーのような荷電粒子砲という超火器を撃つゾイドが搭載して初めて「補助の人工装備がないと撃てない程のスゲぇ火器なんだ」という演出ができるのではないかなぁと思ったりします。

あと尾部では、排気口がやたらカクカクなのも気になる。
これでは共和国のラインであり、オリジナルのようになめらかな円を描き帝国らしさを出して欲しい所ではあります。

武器類の中では、左腕の四連インパクトガンのみ元より小さくなっている風に見えるのも気になるといえば気になるかなぁ。
この砲はイグアンだけが持つ武器でありイグアン最大の火器だったのでちょっと寂しい。
あと、オリジナルは砲付け根が太く砲先端が細いデザインだったのと、砲身が非常に肉厚だった。
HMMのは砲身が一定の太さで、あと非常に薄い。
ただ下側に弾倉を思わせる装備が付いていたりして、そこは好アレンジかなと思います。

いいなーと思ったのは右手です。
可動も良さそうだし、形もバッチリ。
オリジナルのように、右耳を外して持つこともできるようで、わかってる実に分かってる。

ランナーの関係でこのパーツが二つありその気になれば両腕が指のイグアンや両腕がインパクトガンのイグアンとか作れたら面白いのになぁ。

まぁつらつら書きましたが、全体的にはかっこいい。
いい感じのイグアンです。
あとはポロリがないことを願います。
発売が楽しみです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント