コラム二個復旧

HP更新しました。
コラムを二つ。新規ではなく復旧ですが。

「ゴジュラスはどこまでゴジラ型か」と「ゾイドとなるモチーフについて」です。
この二つは連作のようなものなので、同時タイミングで復旧させました。

個人的に、現代的なものだけではなく、その時代の哲学や価値観にのっとった見方をするというのは、とても大事だと思います。
モチーフ的な意味合いだけでなく、細部でもそれはあると思います。
色々な新規アイテムは欲しいですが、ディティールの一つにも当時の流行に影響されているものがあったりするので、ぜひHMMやMSS、ThreeZeroなどなどリメイクと言って差し支えない立体が生まれる現在だから、当時をより深く掘り起こして受け止め、その上で進んで欲しいと思います。


さて、モチーフ。
コラム中でも書きましたが、個人的にはモチーフはゆるくてもいいと思っています。
「時代」と「イメージ」はキーワードになると思っています。

まず時代。
これは文中でも書いていますが、時代ごとに恐竜の予想図はどんどん変っている。
ティラノサウルスも、もう2000年ごろのものは古くて、現在のものは羽毛が生えていたりするらしい。
この先はどうなってゆくのやら という感じです。
移動スピードは早いのか遅いのか。捕食者なのか腐肉者なのか。小さい前脚は何に使うのか。etc.

もし仮にティラノサウルスが鈍足で腐肉者だったとして。
そういうゾイドが居れば、まあそれはそれで・・・という感じだけど、やっぱりパワフルに暴れまわり敵を破壊する方が私的には惹かれる。
どの復元図にもそれぞれ愛着を持っている人が居て惹かれている というのはキーワードになるとお思います。


面白い例。
世界で始めて見つかった恐竜の化石は、イグアノドンの化石だそうです。
巨大な歯の部分が見つかった。
その歯はイグアナの歯に良く似ていたが、なにしろサイズが巨大だった。
そこから、太古には巨大な爬虫類が存在していたことが判明したのだ。

復元図は、イグアナに似ているからイグアナのような姿で復元された。

頭に角が生えているのも特徴。
イグアノドンの前脚の親指は、スパイクのようになっている…のだが、この時発見された骨は、歯とそのほか一部のみ。
スパイクは親指だとは気付かれず、角があったのではないだろかと何の根拠もなしに頭に付けられただけだったりする。
いや何の根拠も無いというのは少し御幣がある。実は、薄い根拠だけはあった。
この歯の化石は、最初の鑑定では「サイの歯だ」と結論付けられた。
鑑定結果に納得しなかった歯の発見者は、独自に鑑定を続け、ついにイグアナの歯に似ている事を突き止めたのだった。
最初はサイと鑑定…。
おそらくこの復元図は、その事が尾を引いた結果ではないだろうか。


その後、新たな骨が発見された。
実に全身骨格31体分という膨大な量だ。
それにより、イグアナの様に復元したのは間違いだった・・・・という事に気付き、このように復元された。

イグアンはこの姿を採用していますね。

そして現代は、

このようになっている。
前傾になっただけではない。なんと4足歩行に戻っている。
これは骨の他に足跡が見つかったとか、その他諸々の研究が進んだ結果でもある。

4足から2足になり再び4足に。
何とも興味深い。

親指のスパイクも、その機能については説が様々ある。
最初は、肉食獣に襲われた際の護身用と考えられていた。
現在では、藪の中で好みの葉を寄せる時に使われたのではないかと考えられている。
ただ他にも、地面に穴を掘っていたのではないかという説もあったりする。

また、イグアノドンの尾の断面は縦長になっている。
その為、尾を使って泳ぐ水生動物と考えられた時期もあった。

もう、イグアノドンだけで何種類のものがあるんじゃい!という感じ。
そして非常に面白い。

イグアノドン型というだけで、何種類も作れそうな気がして面白いなと思います。
問題は、古い学説がそれほど紹介される機会がない事か…。
個人的に、図鑑の後ろの方の白黒頁にでも、「恐竜復元図の歴史」のようなコーナーを作ったりして欲しいなあ。
最新のものだけを載せるのではなく。
現在のものもあと数十年したら古くなっている可能性があるので、この本のものも絶対的なものではなく現在のところの最新のものでしかない というようにした方が良いとも思う。
あと、最近はコンビニで売っている安い本も増えたので、ああいうので、昔の恐竜復元図大百科みたいなのが出て欲しいなあと思います。


あと、イメージ。
プテラノドンは昔の恐竜映画で、歯があるように造形される事が多かった。
トリケラトプスの角も、やたらめったら長く描かれる事が多かった。
そういうものは非現実的ではあるが、なにゆえそう造形されるかというと、「やっぱりそうあって欲しい」と思う姿がそれなのだろう。

ゾイドは時代もイメージも、両方拾ってこの先展開していってくれたらいいなと思います。
この時代、なかなかハッキリと「○○型」と書いてしまうと批判もおきそうだ。
その際は「恐竜型」という便利な表記を復活させるのも一興だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント