コマンドウルフRGCレビュー

コマンドウルフRGCを組みました。
レビューしてみます。

最初に書いておきますと個人的にはかなり低評価でしたので、ご注意願います。



ちょっと特筆だったのは、キャノピーの色です。

琥珀色である。メカ生体のブラウンと新世紀のオレンジの中間のような色になっていました。
なかなか良い色だと思います。

追加ランナーのパーツですが、おそらくスライド金型を駆使して成型されています。

かなり複雑な形状のものが多い。この辺りは、さすがに昔から比べて技術的に進化してるなーと思います。

塗装済みパーツも多い。
塗装済みパーツは、塗り分けは綺麗に出来ていますが、緑色と赤色の塗りは厚ぼったく、マイナス。
またツヤありで塗られているので、成型色部分との質感の差があるのもマイナス。
ゲート位置が考慮されていないのもマイナス。
ゲート部分で塗装がはがれ、美観を損ねているのは気になる。
最初から塗装済みパーツを使用する前提のキットなのに、アンダーゲートにしていないのは何故…?


シールはなかなか良い感じです。

マーキング類がメカ生体のものに近いテイストになっています。
量も多く、重宝しそう。


とりあえず組んでみる。

緑のコマンドウルフが出来上がります。
色は緑色が何とも絶妙なミリタリー色で、思ったより似合っています。


次、ザッパ隊長機仕様。

ノーマルとの違いは、背中にロングレンジライフルおよび射撃管制装置を装備している事と、コックピットがドラゴンヘッドと呼ばれるアーマーで覆われていること。

ロングレンジライフルはアーバイン仕様と同じものですが、ザッパ隊長機仕様は射撃が無人化されており、もともと砲手席があった場所に射撃管制装置が付けられています。

何故か射撃管制装置のディティール量は異常に多い。率直に言って多すぎて浮いています。
ディティールは多すぎても少なすぎてもダメだと思う。常に適量というものがある。全体でバランスを保ってこそだ。
今回追加されたパーツ全てに、このように細かいディティールが施されていたのなら、あるいは納得できるかもしれない。
しかし新規パーツを見ても、このパーツ以外は、普通にゾイドらしい量のディティールになっている。
何故このパーツだけ、ディティールがこんな事になっているのかは謎。

そういえば、このロングレンジライフルって、もともとゴジュラス用として開発されていた試作品を横流しし、アーバイン機に無理やり搭載したとかそんな設定だった気がする。
それからすると、この時代からロングレンジライフルがあるっていうのは変な話でもあります。まあゾイドオリジナルでは毎度の事ですが。


ドラゴンヘッド

ゲート位置が悲しい…。

形状は、ドラゴンヘッドと言えなくも無い形状であるが、コンセプトアートのものとは随分違う。

もうちょっと頑張って欲しい。

あと、致命的なんですが、ドラゴンヘッドを付けるとキャノピーを開けることが出来なくなる
どうなのよ…。
まだしも、「形状を完全再現して、その結果、開閉ギミックが犠牲になった」あるいは「形状で妥協したがキャノピー開閉ギミックは残った」だったら良かったんですが。
形状は完全再現じゃない上にギミックも無くなるて…。


次、RGC。

やはりこれが目玉でしょうか。
どでかいレールガンがひときわ目を引く。
レールガンは、伸縮できるようになっている。


レールガンですが、ちょっと誤解していた部分がありました。
今まで、裏面から見たらスカスカだと思っていましたが、それは誤りでした。


正しくは、上から見てもスカスカだった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あと、上の投光機みたいな装備は動くと思っていたら固定だった。

レールガンはキット構造的にも問題が多い。
巨大なパーツは左右から張り合わて作るようになっていますが、パーツの合いが悪く、大きな隙間が出来てしまう。

ちょっとピンボケで分かりにくくてすみません。
ピンク色の部分が隙間です。

まあ、これだけ大きなパーツを左右から張り合わせるだけじゃ、隙間が出来て当然です。
従来のゾイドは、これに対してきちんとした配慮があった。
大きなパーツの張り合わせは、このようになっていた筈だ。

左右パーツをあわせるだけでは結合が不十分なので、固定するためのパーツがあった。
コマンドウルフも、胴体はそうなっている。
初期ゾイドは、キャップで固定している場合も多い。

いずれにしろ、大型のパーツはそのパーツで張り合わせるだけでは結合が弱いという事だ。
コマンドウルフRGCの巨大な装備は、残念ながらゾイドキットとして最低レベルの構造といわざるを得ない。
今回、最も目玉たる装備であろうが・・・。

先にレールガンは伸縮可能と書きましたが、上記のようにレールガンのパーツの合いが悪いので、伸縮させるのも一苦労です。
かなり力をこめないと動かせない。
動かしても、ガチガチガチッ・・・!と、壊れるんじゃないかと思うような音を立てて伸縮する。

レールガンの接続は、前方に向けて完全固定となります。
これだけ大型の装備が横へ撃ててはそれこそ無茶なので、これは良い事だと思います。


ヘッドギア。


ヘッドギアは妙に凝った造りになっています。

パーツに螺旋状の彫りが入っており、回転させる事で多少の伸縮が可能になっている。

最短と最長だとこれ位の差がある。微妙といえば微妙ですが、ズームレンズのようで面白いギミックです。

ただ、ヘッドギアには問題が幾つかある。
まず、顔を下に向けると、ヘッドギアは追従してくれない……。

ヘッドギアは前を向いている時しか使えないのだ…。

あと、もう一つ大問題な事がある。
コマンドウルフといえば、首を上げる事と下げる事が出来る機体だ。
ギミック的には、それで歩行スピードを切り替えられるようになっているのは有名です。
しかしコマンドウルフRGC。
この機体は、レールガンを装備すると、レールガンに頭がぶつかってしまうので、首を持ち上げることが不可能なのであった…。


先に書いたように、レールガンは前方に向けて完全固定されている。
従って、どうあがいても無理。
なお、ヘッドギアを外しても無理。


その他

スモークディスチャージャーから換装された、この辺の感じは良いと思いました。


総合的に、個人的にはかなり低評価でした。
何よりキット構造の弱さを感じます。
隙間が盛大に出来る構造といい、装備するとギミックが不可になる構造といい・・・。

スライド金型とか色々使っているのは進化していると思いますが、逆に構造的な部分では随分劣化したなと思います。
頑張ってくれトミー・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント