27回アンケート結果発表

第27回アンケートの結果ページをUPしました。
どぞー。
こちらです。

今回は2014年のゾイドに望むことという事でしたが、かなり多く、タカラトミーの姿勢に対する要望がありました。
キット再販とかももちろんあるんですが、長文の意見はほとんどメーカーの姿勢に対するもの。
これはかなり異常事態。ただ、そりゃそうだよなあとも思います。
多くの要望にあるように、ぜひともタカラトミーが自身を見つめなおしてくれるといいなと思いました。

今回のアンケートでひときわ印象に残ったのが、こちらです。

まず、本来のゾイドは子供向けの(知育的側面を持った)玩具シリーズだった筈です。
しかし現状は原点回帰を謳いながら関連商品の全てがオールドユーザー向けの展開に終始しておりタカラトミー製のゾイドですら価格の高沸、流通の限定化など子供が手に取れない(アニメ、児童誌等での露出もなく存在を知る機会すら殆どない)状態になっています。
去年の30周年企画(ゾイドオリジナル)、ここで支えねば後が無い。
そう思って買い支えようとしたファンも少なからずいた筈ですが結末はいつもの竜頭蛇尾。
販売方法やラインナップ、バックボーンたるストーリーの問題もありますが、加齢や環境の変化に伴ってファンの総数自体が目減りしているのが一番の原因ではないでしょうか。
子供がいなくなり老人しか残っていない寒村に未来はありません。
幸いにしてHMM・MSS等オールドユーザーのための受け皿は他社が担っているのですから本家にはアニメ等の展開で低年齢層にゾイドの存在をアピールし積極的に新しいファン層を開拓する努力をして欲しい。


凄く深いと思う。

この意見を呼んで思ったのは、一行目です。
「本来のゾイドは子供向けの(知育的側面を持った)玩具シリーズだった筈です」
これは…、そうなんだよなぁ…。

原点復帰と謳ったリバセンも、動力ゾイドの本流と謳った今も、その目指した「原点」というのは世界観やキット的な部分であって、本来のターゲット層に帰依するという所はまるでなかった。
世界観も大事で、本当に凄く大事。自分が追いかける部分もそこが大きい。
ただ今回のこのアンケートを読んで凄く思ったのは、様々な要素があるのだから、重要なものを見落として原点や本流と言うべきではないかもしれない という事です。

本当に今後考えてゆかねばならないテーマだと思います。

結果ページにも書きましたが、
「玩具売り場に何種類ものゾイドやジオラマが普通に並んでいて、子どもたちも目を輝かせながら手にとり、本屋にはゾイド関連図書が色々と並んでいる姿が見たい」
こういった意見が夢・理想的なものとして挙げられるのも、思えば切ないものです。

一方で「ハイターゲットに絞った方が」という声もあり、それはそれで良く分かります。
「HMMがハイターゲット担当で」 という風になればいいんですが、デザインはじめ様々な問題がありそれもなかなか難しい状態。

こればっかり言っている状態ですが、良い方になればなあと思うばかりです。


ほんらい、素晴らしいシリーズは子供も大人も両方同時に楽しめるものだと思います。
何故なら子供は本能的に子供だましを見分ける。本質を見極める感性を持っている。
結局、子供に受けるものは本当に良いものでなければならない。
そして、本当に良いものは大人でも楽しめる。


ともすれば自分もゾイドを考える中で、子供というワードを忘れがちです。
この点大いに反省し、色々考えていけるといいのになと思いました。

アンケートは本当に色々考える事が出来ると思います。
今後ともよろしくお願い致します。


第28回アンケートは、今回のものとは趣旨の違う、お祭り的なアンケートです。
ライジャーVSシャドーフォックス。
既にたくさんの投稿をいただいておりますが、まだまだ募集中!!
どちらが勝つか!?
ぜひぜひ お願い致します!

PC用
携帯用

お待ちしております!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント