クワガタムシ

HP更新しました。
レビュー ダブルソーダです。

こちら

子供の頃に持っていた事もあり、思い入れの強い機体でもあります。
完成度は本当に高いと思います。
大あごも極太パイプも上翅の穴が開いた感じも下翅のカナード翼も背中の砲の配置も全て最高です。

キャノピーは付けてあげて欲しいけど、見慣れたという事もあり、今の姿も似合っている気はします。
しかし、なんでわざわざ昆虫界最強の装甲を持つカブトムシとクワガタが揃ってむき出しなのかは謎すぎると思います。

今回、サイカーチスには申し訳ない内容になってしまいました。

サイカーチスファンの方申し訳ありません…。
熱い、サイカーチスのここがいい意見もお待ちしております。

レビュー内でも書きましたが、ダブルソーダは大型ゾイド相手に奮戦しています。

このシーンはチェスター教授の乗るアロザウラーの脱出ポッドをキャッチしたシーンです。
これはかなり貴重なシーンではないかと思います。
思えば、このダブルソーダがいなければマッドサンダーも完成していないんだよなあ…。
歴史を作った機体。
簡易改造されている…。
それほど複雑でもなさそうなので、作ってみようかなあ…。
着脱可能なように出来れば一番いいんですが。

ところでこのシーンのダブルソーダ。
敵の対空射撃を妨害するために煙幕を炊いた上でアロザウラーを回収したのだろうか。
それとも、いちど回収に失敗して再突入した軌道なのだろうか。
どちらにしろ緊迫したシーンで、このシーンでSSを書いてみても面白そうです。
しかしよく電磁クロウの餌食にならなかったものだ…。

ダブルソーダから数ヶ月遅れて登場したのがシーパンツァー。
そしてシーパンツァーをもって重装甲スペシャル級ゾイドは展開終了(再生産自体はかなり後まで続けられているが)。
しかし両軍の最後の重装甲スペシャル級ゾイドの戦歴には圧倒的な差が…。


鹵獲するダブルソーダと鹵獲されているシーパンツァー。
扱いの差をよく表した一枚だと思います。

ところでこの写真を見ていると、本当にダブルソーダの積載量が凄い事が分かる。
30t近いシーパンツァーをぶら下げて飛行。
しかもぶら下がり方からして、そこそこのスピードが出ているだろう。

サイカーチスも物資輸送用に使われた事があった。
こちらはカノントータス対空タイプに撃ち落されてしまったが・・・。
この両虫型ゾイドは、このクラスとしては破格の積載量をもつゾイドだったというのは確からしい。
さすが力持ちの昆虫型ゾイドという感じ。

たとえば山岳のような険しい地帯では補給が難しい。
そこで空中から物資を投下できる機体が重宝される。
そういう戦いを想像しても幅が広なるなーと思いました。

重装甲スペシャル級は本当、色んな多脚やキワモノなど個性的なゾイドが多かった。
ダブルソーダやシーパンツァーが最後のリリースになったのは非常に残念なことでした。

新世紀になってから新型小型ゼンマイゾイドも出たけど、恐竜型ばかりだったからなあ…。
ぜひ、またこのようなゾイドが出て欲しいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント