コラム更新

HP更新しました。
コラムです。モチーフから導く性能、こちら

以前にブログで書いていた記事に加筆&画像追加して構成しています。
私は、このコラムに書いてあるように、元である生物の力を活かしてこそゾイドは魅力的であり、なおかつ種の多様性を保てるものと思います。
更にインフレをある程度防止できるものでもあると思う。
種の多様性というのは、空戦を行うならライガーを改造しても勝てない。空に適したモチーフが必要という事です。
「ある特定の場面」なら勝っちゃうのもアリかもしれませんが、量産機としてのゾイドを考えると、やはり各分野の専門家が強いのが良いと思う。

なぜ機獣新世紀以降でこうなったかを考えると、MK-IIゾイドの存在が大きいと思う。
ゾイドゴジュラスを例にすると、ノーマルは格闘戦メインのファイターであった。火器は付いているがあくまで補助であった。
だがMK-IIは格闘戦と全く対極にある、射程距離を限界まで伸ばした長距離キャノン砲を装備する砲戦ゾイドであった。

メカ生体の時代における基本は「モチーフ優先の能力」であったと思うが、MK-IIタイプのみは、「外付けの武装を優先する能力」であったと思う。
ただシリーズが長く続く内に、次第にMK-IIタイプの能力が、当初は特別だったのにその感覚は薄れ、当たり前のようになってゆく。
それゆえに「MK-IIゾイドが基準」のようになってしまい、それでモチーフを越える能力を持ったゾイドが多数誕生したのではないだろうか。

機獣新世紀ゾイドばかりを例に出しているような感じだが、これはメカ生体ゾイドの暗黒大陸編以降に言える事だ。
ジークドーベルやハウンドソルジャーは、なぜ自前の装備でなく外付けのヘルブレイザーやクロスソーダで戦う。
数が少なければ、例外的に捉えられたのだが、次第にモチーフを越える能力を持ったゾイドが標準化し、そしてそのままのノリで1999年以降に展開したように思える。
更に、機獣新世紀ではその傾向が加速したと思う。
まぁ、確かにカッコいいし難しい所であるとは思うが…、この辺のバランスは今一度見直して欲しいと強く願う次第です。


さて、このコラムの続きのようなものをつらつら書こうと思います。
このコラムに対してこんな問いが出てくるのでは と思った。
モチーフを活かせモチーフを活かせと言ったら、砲戦なんて出来ないのでは?
この事に対して考えたいと思います。

それに対しては可能だと答える。
まず火器であるが、そりゃあ戦闘兵器ゾイドだから付けるべきだと思う。
こういう議論をすると0か100かみたいに受け取られる事があるけどそうじゃなく、全てはバランスの問題であると思う。
ゴジュラスギガは確かにモチーフを活かしている意味では良いと思うが、極端すぎる。

モチーフの能力を活かしてた格闘力こそ至宝な機体は、火器はそれを越えない程度に付ければ良いと思う。
例としてはゴジュラスやマッドサンダーだろう。火器を持つがあくまでメインは格闘力なのは間違いない。
これは分かりやすい例だ。

ではウルトラザウルスのような砲戦こそ命なゾイドはどうかというと、個人的にはウルトラザウルスはモチーフを上手く活かしていると思う。
何故か。
言うまでも無くモチーフのカミナリ竜は大砲を持っていない。
だが巨大だ。陸上最大の恐竜をモチーフとしているのが最大の特徴と言える。

さて大砲。
大砲を撃つのは、その構造を知るものなら凄まじい反動がある事をご存知だろう。
かの戦艦大和は世界最大の巨艦であるが、なにゆえに大きいかというと、主砲を撃つ為だ。
小さな船に乗せようものなら撃った反動でマトモな操舵が出来ない。
砲を撃つ反動を受け止める母体が無い限り、砲を搭載する事は出来ない。

大砲を撃つ母体。
この点で巨大な4足恐竜ほど適任なものはあるまい。
しかも、カミナリ竜は角も無ければ帆もない。格闘にも電子にも活かしづらい。
いよいよもって巨体こそが強調された存在で、大砲を持つに相応しいものだと思う。
もう一つ加えると、首が長く高いのも特徴的で、これは射撃管制の点からも最適だ(高い位置に測距儀を付けないと射撃できない)。

火薬砲ではなくレールガンなどの電力で放つ砲であったなら、どうだろう。
レールガンを充分な威力で発射するには相応の大電力が必要で、やはり巨大ゾイドにこそ相応しいと思う。

と、こんな風に考えて大砲を持つゾイドを考えて欲しいなぁと思う。
簡単に言うとモチーフを見ると確かに大砲付いててもいいと思うわ と言える・直感できるモチーフが望ましい。

この論から考えると、例外となるのはMK-IIゾイドやデスザウラーだろう。
MK-IIゾイドは先に書いた通り、外付けの武装を優先したものだから仕方の無い所だろう。
そしてデスザウラーは、コラムに書いた「基本的には「生物の生態に忠実な機能」の機が多いからこそ、たまに出る生物からかけ離れたような装備を持つゾイドが引き立つものでもある」 この部分に該当する例外的なカリスマゾイドだと思う。

惜しいのは、次第に何となく、MK-IIゾイドやデスザウラーのようなものがゾイドの標準的なものとなっていった事だろう。
そんな中、ディバイソンは光るものがあった。
このゾイドはとんでもない重武装を誇り、ゴルドスの主砲と同じ口径の砲を17門も持つ(砲身が短いので単発での威力は劣るだろうが)。
だが設定が目を引く。「突撃砲」だ。
ディバイソンはあくまでパワフルなバッファローであり突撃する事が最大の戦法だ。
その上でその突撃の威力を更に強調するものとして17門突撃砲が付いていると思う。

ただ暗黒大陸編以降は、モチーフ無視が飛躍的に加速度的に増えていったと思う。

こういう風に思うところは本当に強いんですが、ゾイドオリジナルを見ているとどうも自分の思いと公式の造形がかなりズレてるなーと思うところが強いです。
自分の意見を正しいと主張するものではない。
ただ、正直、深い考えなしで暴走している感じは否定しきれないと思う。
ぜひとも、休止している今だからこそ出来る事として、ゾイド本来の装備とは何かという議論が活性化することを願うものであります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント