今更な疑問

今更ですがこんな疑問

ゾイドを見ていると、「これなに?」な疑問が色々出てきます。
そんな中で今更聞くに聞けない…ような事を幾つか羅列。
どなたか、お答え頂けますと長年の疑問が氷解します。


いっこめ
★なんで金色?
シリンダー周りの塗り分けですが、金と銀で行うのが新世紀以降のスタンダードな気がします。

こういうの。

このうち、銀はシリンダーの色だから理解できます。
が、なんでその「受け」にあたる部分が金色なんだろう…。
色のアクセントとしては素晴らしいんですが。

重機などを見ても、シリンダーは銀色だけど受け部分に金色は使われていない。
なんとなーくカッコイイしいいやと思っていましたが、新ためて考えるとなんでだろう?
金メッキを蒸着して腐食を防いでる・・・?


にこめ
★セイバータイガーATの強さは?
サーベルタイガーから改良されたグレートサーベルは、火力・最高速度とも大幅にUPしシールドライガーを下すに至った。
最高速度は200km/h→240km/hに。

で、セイバータイガーAT。
これは最高速度とか運動性能はどうなのだろう?
セイバータイガーは動力機関の出力アップと冷却装置の改造により、グレートサーベルに近い能力を得ている。
これにアサルトユニットを付けているんだから…、最高速度などはやっぱりアップ?
280km/hになったりするんだろうか…。それとも特にそういう事は無いのだろうか…。
んー。模擬戦で最高速度260km/hのジェノザウラーに容易に補足されてるからなあ…。

設定でもその辺は明記されておらず、ぼやー・・・っとしていたと思う。
どうなんだろう。謎。


さんこめ
★オリンポス山を制圧する意味はあったのか
機獣新世紀ゾイドの最初のストーリーって、
「西方大陸の中央南に位置する「メルクリウス湖」。その湖の中央には大陸全土が見渡せる「オリンポス山」がある。
 西方大陸で一番高い山だ。この山を征した者がこの戦争を征する。」
だったんですが、これを見て当時思ったのが、「そうなのか?」でした。
(まぁ山を目指す真意は別の所にあったわけですが)

高い山を征するというのは文中にも書いてある通り「大陸全土が見渡せる」がメリットであると思う。
敵の動きを逐一正確に把握出きるのは戦略上の利益図り知れぬと思う。
だからその点は納得するんですが、ただ、ここで当時から今までずっと思ってるのがゴルドスおよびゲーターのレーダーです。
メカ生体時は自ら電波を照射する自己完結型のレーダーを装備していましたが、新世紀ではGPSすなわち衛星を介する方式になってる。
衛生で精密な偵察できるなら、もはや山を制圧する意義とは・・・?

この辺りは近代戦の知識が浅く自分が間違ってる可能性も高いと思うんですが、けっこうずっと疑問です。
というか今更ながらレーダーの設定はGPSじゃなくメカ生体時のようなタイプが良かった気がする。


んー。ぱぱっと書いてみました。
以上3つの疑問に対する見解などありましたら教えて頂けると凄く喜びます!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント