小五二冊ゲット!

うおおおお 学年誌を二冊ゲットしました。

小五の88年5月号と9月号です。
どちらもゾイドが掲載。これは嬉しい。

5月号は、

あのヘッジホッグが戦っている貴重なスナップがありました。
良い良い。
ただ一つつっこむなら、せっかく改造してミサイルをたくさん積んだのに・・・、使ってないな。
17門突撃砲で倒すならノーマルでいいような気が。
(作り方講座を見ると、ミサイルは接着しようと書かれている。着脱不能ゆえにこういう描写になったのだろうか)

名称は、この時点ではただの「改造ディバイソン」としか付けられていなかったです。
「この強力な改造ディバイソンならデスザウラーに一矢報いる事も不可能ではないかもしれない!?」
等と書かれています。
「次の目標は無敵を誇るデスザウラーだ!!」とも。

ただ実は…、この次の号、6月号では更なる進軍を続ける改造ディバイソンに対し謎の超高速ゾイドが襲い掛かる。
それは帝国の切り札、グレートサーベルなのであった…というような話になってます。
残念ながらデスザウラーとは交戦しなかった模様…。
(グレートサーベルとの勝敗は不明だが)

しかし申し訳ないけど仮にデスザウラーと戦っていたとしても、この改造ディバイソンは対空能力は高そうだけどその他の能力はノーマルとあまり変わらなさそうである。
なのであまり勝算は無いような気がしてしまうなあ・・・。

9月号

こちらは赤いデスザウラーが共和国基地を襲撃。
防衛に出たゴジュラスMK-IIを破壊したところで謎の未確認巨大ゾイドと遭遇した・・・というようなものでした。
おぉゴジュラスMK-IIの破壊されたシーンがまた増えた・・・。

謎の未確認ゾイドとはもちろんマッドサンダーですが、この号では名称は「????」と記載されています。
「全長は40m以上、重量は600t近いと思われる」という予想スペックのみ記載されています。
この号では「登場した!」っていうだけで交戦は無し。
マッドサンダーが本格活動を開始するのは10月号以降の事。


ところでこの赤いデスザウラーですが、パッと見た時デスファイターか!?って思いました。
ですが色こそ酷似しているものの、肩パットが無い、腕や足の延長が無いなど別物の模様。
あとよく見ると分かりますが、バックパックの形状がかなり異なります。
カッコいい。

バックパックはバイクプラモなどのジャンクパーツを貼りつけてボリュームアップされており、設定的には「これにより荷電粒子砲の連射が可能となった」とのこと。
メカ生体時代は荷電粒子砲は一回の出撃で3発までしか撃てないうえ、決して連射可能な代物ではなかった。
絶大な威力を持つ反面、使いどころが難しいものでありました。
それを克服したこの改造デスザウラー。背中のバックパックは荷電粒子コンバーターなのだろうか。

それにしてもデスザウラーもバリエーションがすごく多い。
もう、こんな最強クラスでも容赦なく量産されまくっているこの時代の世界観が好きです。

ところで、今回小五を二冊ゲットしたわけですが、ちょっとお知らせしたい事があります。
今回のようにバトストが掲載されている小五ですが、だいぶ貯まってきました。
実は、あと一冊で小五のバトストフルコンプです!

まぁ、「広告だけ」の号まで合わせると、もうあと少しあるんですが…。

ラス1。
他の学年はまだまだ未収拾が沢山ありますが、小五はラスト1.
これはもう何とかしてコンプさせたい限りです。

うおぉおぉぉお
燃えています。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント