成田亨 美術/特撮/怪獣 ウルトラマン創造の原点 に行きます

突然ですが、近日、富山の富山県立近代美術館に行って参ります。
現在、「成田亨 美術/特撮/怪獣 ウルトラマン創造の原点」という展示が行われています。
それを見に行く!

成田亨先生といえば、あの初代ゴジラで建物のミニチュアを製作されたのがデビュー作で、以後、ウルトラマンシリーズで数々の怪獣やメカのデザインを行われました。
日本の特撮史を語る上で絶対に外せない偉大な方です。

私はウルトラマンはそれ程詳しくは無いんですが、ゴジラシリーズはうちに全作あるくらい大好きで(マグロ食ってるやつ以外)。
最初に劇場で見たVSビオランテ以降、ずっと心を鷲掴みです。
ゴジラもいいんですが、子供の頃から同じくらい好きだったのが背景のセットですね。

もう、本物にしか見えない凄いクオリティー。
これを豪快に破壊しまくりながら戦うんだから特撮は凄い。
(予算があまりもらえなかった特撮作品の、妙に建物に配慮しながら戦うような作品もそれはそれで好きです。グリーンマンとか…)

さてウルトラマンやゴジラですが、このセットが本当、大好きです。
こういったセットを上手く作る技術は世界一の技術だと思います。

そして、その素晴らしいクオリティーのリアルなセットと、巨大な怪獣やヒーロー。
それとそれらと共にある、防衛隊の超兵器メカの数々も大好きです。
ゴジラシリーズももちろん、ウルトラマンのメカも凄くいいですね。
いかにも実在しそうなものから多少ぶっとんだものまで。でもどれも納得できるデザインなのがいい。


で、ここから少しゾイドの話をします。
ゾイドでもジオラマが凄く多用されていて、大好きです。
特撮大国の日本だから出来たものだと思います。
特にメカ生体期のものは各パーツの造り込みもいいんですが、それ以上に画面全体に見た時に、画面に奥行きがあるというか…、そういう広がりを感じさせてくれる、とにかく素晴らしいものでした。
そして初期から徐々にパワーアップしていっているのも凄い。
デスザウラーVSゴジュラス部隊のジオラマあたりで成熟し頂点を極めたと思います。
そのままのクオリティを保ったまま91年3月のメカ生体ゾイド終了まで突き進んでいます。

あと、機体の活き活きとしたポーズが凄いんですね。
例えば、このウルトラザウルスの首の魅力的なこと!

メカ生体ゾイド期は、正直あまりゾイドが「生物である」として描かれた事は少ない。どちらかというと純粋に兵器としてみている側面が強い。
ですが、登場するシーンのほぼ全てに、こういった魅力的な生物的なポーズ付けがされている。それも活き活きとした躍動感にあふれている。
こういった所から何も言わなくても「生きたメカである」が伝わってくるのが好きです。

機獣新世紀ゾイドは...、うーん。1巻は良かったんですが、だんだんとジオラマが減っていったのが悲しかった。
CGで誤魔化しただけのものが多く、正直に言うと初期を除きあまり魅力を感じれないというのはあります。
ケーニッヒウルフをレビューする時に公式ファンブック3を見直したんですが、これよくよく見るとジオラマがほとんど無くて、ほぼ全て背景合成やCGでエフェクトをかけてるだけだ…。
そのCGで綺麗に補填できていればまだいいんですが、同じ写真をコピペしたものが多かったのは気になりました。
エフェクトもCGならではの効果が出ているものもある反面、いまいち画面との馴染みが薄いものもあったと思います。

ポーズ付けも、比べると明らかに弱い。これも最初の事は例えばセイバータイガーVSシールドライガーなんかは良いポーズがついていた…けど後期はあんまり無くなってしまい、キットそのままの状態で写っているのもが多かった。
ここはメカ生体と機獣新世紀が対極にある部分だと思っています。
つまりメカ生体ゾイドは「生物である」と文字では書かなかったけども画面中は生物らしいポーズがあった。
機獣新世紀ゾイドは「生物である」という面が設定・文字では強調されたが、その反面、画面中のポーズはいまひとつ躍動感あふれるものが少ない。

本来、旧時代のジオラマの凄さと新時代だから出来るCGのエフェクトが合さり、更に素晴らしいものになるべきだった。
しかし旧来の手法をないがしろにしCGに頼りすぎてしまうという、多少チグハグになってしまっていたのは否めないと思います。
今後、ジオラマが見直され、更にCGも効果的に使用する事を心がけて頂き、それにより今までのどの画面より凄いものが誕生する事を願っています。
願わくば次に復活する際はそういうのがあればいいなぁと思います。


で、ここからもう一度、美術館に行く話に戻ります。
この美術館に行く目的ですが、もちろん一つは単純に展示品を見たいという事です。
各種原画やセットなどが凄く見たい!というのもあるんですが、加えてもう一つ大きな理由があります。

実はメカ生体ゾイド期における主要なジオラマを製作されていた方は、この成田亨先生のお弟子さんなのであります。
(機獣新世紀は極一部を除き別の方です)
日本が誇る特撮技術の上にメカ生体ゾイドのジオラマはあるというわけで、これはもう、だから凄いのかと納得できるものであります。

なので、展示品を見たいのが半分、もう半分はゾイドに繋がる何かがあると思うので行ってくる というものです。
ゾイドのイベントではありませんが、関係ないとも言い切れないイベント。
行った後はレポートも行おうと思います。

そんなわけで近日中に富山に行って参ります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント