TFはトランスファイターの略である!

ふと、さくっと描けそうと思ったのでこんなゾイドの線画も描いてみました。


ぱっと名前が分かった方はゾイド通だと思います。
ゴルゴランチャーです。
トランスファイターゾイドで、オルディオスやゴッドカイザーとの連携を前提に開発された小型新鋭機です。
トランスファイターは多分最もマイナーなゾイドシリーズだと思います。

動力を搭載しておらず、歩行ギミックはありません。
かわりに変形しゾイドの武器になる事が出来ます。
後のブロックスと設計思想は共通するものがあります。

ゴドスと比べると下のような感じ。

未来的なデザインであるが、合理的過ぎて味気も魅力も乏しいデザインな事は否定しがたい。

こんなに小さいのに、ゴドスより戦闘力は遥かに高い。
前脚はビーム砲になっており指は無い。尾部もミサイル発射基になっている。
つまり格闘戦を完全に捨てて砲撃のみに特化している。

トランスファイターといったら変形です。変形して他のゾイドの武器になるというシステムを持っています。

なので、線画作成は細かくレイヤーを分け、見えない部分まで書きました。
(いつもは見えない部分は書かないしレイヤーもほとんど使わない)
おかげで、こんな線の情報量の少ないゾイドなのに、かなり苦労してしまった...。

まぁ、おかげで完成後に変形させたりが容易に出来る。
さて、変形!



前かがみになり、顔を胸部にうずめ、尻尾を逸らせて前に出す。
腕は気をつけの姿勢に。

か、かっこわりい・・・・・

うーん・・・・ なんだろうこの・・・ 本当にかっこ悪いとしか言えねえ・・・・。

せっかくの動力を排した可動モデルなんだから、顔は胸にうずめるより前に出せる(ジェノザウラーのような)感じにした方がまだ良かった気がする。
ゴッドカイザーはその姿勢を目指しつつ、それが為せなかったゾイドだと思う。
、無動力ゾイドでリベンジしても良かったと思うのだ。

現在のモードはガンウォークと言うそうです(ガウォークではない!)。
メイン武器であるミサイルを敵に向けながら自走するそうだ。
通常形態で敵に近づき、発射直前に後ろを向くのではダメなのだろうか。

このモードから更に脚を後ろに倒せば、他のゾイドとのドッキングモードになります。

なおゾイドとしてみた場合、更に評価を落とさざるを得ない点がある。
それは拡張性の低さだ。
複雑な変形機構を持つゆえに、改造がしにくい。何かパーツをはってディティールアップするなら、それが干渉して変形ギミックを阻害してしまう場所が多い。
トランスファイターゾイドはそのままの姿で完成し、それ以上手を加える事が難しいゾイドだ。
それは従来のゾイドの考え方とは一線を画する。

ま、ディティールが少なすぎる造形も、やたらカクカクした造形も、変態的な変形ギミックも、末期に登場したメカだからと考えると一定の説得力は無いわけではない。
しかしそれでも、やっぱりゾイドとしてはどうかと思ってしまうなあ、、、。

逆に、ゾイド扱いでなければ変形機構は面白く優れた玩具だとは思います。
なので何かの機会で、そういう扱いで再販するのはいいんじゃないかなと思います。

かつて、超次元戦隊RATS(ゾイドと同時期に展開されほとんど売れなかったトミーの玩具シリーズ)のメカは、かなり後年になって「ミュータントタートルズの乗り物」という扱いで再販された事があったそうだ…。
トランスファイターはゾイドとしてみればどうしても厳しい目になってしまう。
だがあるいは、玩具として純粋に見る場を与えて再販すれば、また変わった評価になるのかもと思ったりしました。

なんだかんだで再販希望なんですが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント