画像処理の話

ちょこっと画像の話。
Zoids Ignitionの画像はそこそこ綺麗な自信はあります。
職がグラフィック関係なもので、そこはこだわってます。
コンセプトはシンプルですが、「思わず保存したくなるような画像」です。
今回はいかにしてその画像が出来ているかを紹介します。

…以前にも何度か紹介した事がありますが、今回は現時点での決定版的な詳細を紹介します。


まずは画像を用意。

綺麗に撮るコツは?と質問して頂く時がありますが、特に特殊な事は何もやってません。
使用しているのも普通の1万くらいのコンパクトデジカメです。
(前に買ったちょっといいカメラはゾイドじゃなくもっぱら風景撮影に使ってる・・・)

ライトとかブースも特にないです。
ブースは白い紙を下に敷いただけだし、ライトは部屋の蛍光灯のみです。

どちらかというと「撮影は手軽に、補正はがっつり」という感じでやっています。
多分、補正はともかく撮影に関しては私じゃなく他の方を参考にされた方が良いと思うくらい何もやってません。

意識している所があるとすれば、わきをしめて撮る事。出来るだけブレないようにする事と、それでもブレる事やピントがズレる事はあるので、同じアングルで何枚か撮る事です。
自分はどちらかというとテクニックでカバーするというより、数で強引に攻めてその中から奇跡の一枚を見つける感じです。

画像はこのまま使用しません。加工します。

Photoshopで画像を開き、背景部分を切り抜きます(レイヤーマスクを使用しています)。
多分、この処理がZoids Ignitionの画像の最も特徴的な部分だと思います。


背景の切り抜きですが、パスで選択範囲を作って切り抜いています。
ものすごく面倒くさいですがゾイド愛で何とか乗り切ります。
アウトラインが複雑な機体ほど手間です。
ゴジュラスとアタックゾイドではこの作業の手間はぜんぜん違います。
また、バトルローバーもですが、中に「抜き」がある機体も面倒です。
今までで一番手間がかかったのはゴルドスかなぁ・・・。やっぱり初期共和国勢は手間の格が違います。


パスで作った選択範囲だけでは完璧じゃない部分があります。
写真は全体にピントがあっているわけではなく、ぼかしがかかっている部分もあります。
なので、選択範囲をぼかします。

このバトルローバーの画像は比較的全体にピントが当たっているので、分かりにくいですね、、、。
他の画像でも例を示しましょう。


ロクロウモルガでの例。
このように並べると、ぼかしを入れる大事さが分かるかと思います。


パースを強くかけた画像の場合、このように「ぼかし」を上手く行う事が大事です。

バトルローバーに戻ります。

制作した選択範囲を利用し、薄く影を残して合成します。


元のと並べるとこんな感じです。
背景部分だけ白く薄くなっているのが分かると思います。

で、これで終わりでもない。

バトルローバーですが、ちょっと画像が暗いかなーと思います。
なので補正して調整します。
これでようやく完成です。

ちゃんと撮影時に適切なライトを配置したり、それなりのブースを用意したり、コンデジじゃなくいいカメラを使えば機体の色補正はしなくて済むと思います。
ですが、手間対効果の考慮で今の感じになっています。
今後、機会があればより良いライトやブースを構築したいなあとは思いますが、まだだいぶ先の話になると思います。

実の所レビューで最も手間がかかっているのはこの画像処理です。
こんなくそ面倒くさい事を一機につき2~30枚ほども行いレビューを構成しています。
ですがこれが面白いことでもあり、機体のアウトラインを選択範囲で囲う時に、ああなるほどここはこういうデザインなんだと改めて認識する事があったり、ここはこういう意味があってのディティールなんだなと思える事が多いです。
レビューは割と深く掘り下げて書いているつもりなんですが、以前からずっとそう思っていた事もあれば、レビュー用に画像をいじっている中で気付いた事も多くあります。
まあ、面倒くさいですが必要でありがたい作業であります。

凄く困る機体は、白い機体を撮影した時です。

これはバトルクーガですが、白い背景で白い機体を撮っているので、境目が分かりにくい…というか分からないんですね。
こういう時は実機を手に取りながら選択範囲を作っています。

白い機体は別の色の背景で撮影すれば?というのもアリですが、

そうすると、背景色が反射して機体の色を少し変えて写してしまうんです。これが嫌なので白バックでやっています。

こういう画像処理を、実際に使用するサイズよりも一回り大きなサイズで行っています。
HPに掲載する時は若干縮小して掲載しています。
画像には縮小すると綺麗に見える効果があるので、その為です。

そんな感じで参考になれば幸いです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント