キングゴジュラス野生体捕獲作戦のこと

先に投稿した、こちらのSSに関してあれこれ。
こういう解説的なものは後編を投稿し完結させてから書くものだとは思いますが、あえてここで。

このSSですが、自分としてはかなり異質なテーマで書いています。

野性ゾイドってどんなのなのかなー・・・っていうと、正直あんまり考えていなかった分野です。
今でもどうなっているかという明確な答えは持ちません。
しかし今回は、あえて(自分の中で出した最終的結論ではないものの)「野性ゾイドとはこういうものである」という定義付けを行って書いています。

もう一つ異質なのは、キングゴジュラスについてです。
私は発売されたゾイドキットの機種は全て量産型だと思っている口でして。
基本、量産機が大好きです。決戦機であっても。

なんていうか「数が把握できないくらい量産されてる」っていう方がいいと思うんです。
キットを手にとって頭の中で妄想バトルを繰り広げて、最後に「こんな戦いもあったんじゃないかな」って思えるのがいい。
それがゾイドワールドに自分から入り込む大きな原動だと思います。
ワンオフだとどうしても劇中の描写が全てになってしまうので、そういった意味でちょっと残念だと思うんですよねぇ。
まあワンオフはワンオフでヒーロー的な要素がありいいんですが。

で、キングゴジュラス。
90年のキングゴジュラス参戦当時、自分はこいつも量産機だろうって思っていました。
というか今でも思っています。
「プロトタイプキングゴジュラス」が居るくらいだから、少なくとも少数は生産されているんじゃないかなあと思って居たりします。

ただリバセンの描写からしても明らかなように、今では「ワンオフであったと」されているようで、ちょっとした違和感は感じています。
今のところの収集した資料では、ワンオフだという記述はないし、逆に量産機だとする記述もありません。
なのでこの事に関しては更に研究を続け最終的な判断をせねばと思っています。

ただこのSSを書くにあたり、あえて「ワンオフであるという部分を取り入れて書いてみよう」という姿勢で書いています。
また、ワンオフであるなら何故ワンオフであるのか。なぜヘリックがパイロットになったのかという理由も取り入れたくて書き始めました。

ついでにというわけではないんですが、リバセン期で追加された設定であるところの「オルディオス=キメラ」のような設定も積極的に取り入れつつ書いています。

このSSがどうこうという説明ではないんですが、自分としてはあえて異質なものを受け入れるスタンスで一本書いてみれば、自分の中のゾイドワールドが更に広まるかも と思って書き始めたものであります。

そんなわけで、後編はおそらく明日投稿するでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント