ゾイドゴジュラス

すんごい苦労しましたが、ついにあいつの線画が出来ました。

ゴジュラス、またはゾイドゴジュラス。
絶大な格闘能力と驚異的なタフネスで敵に迫る。
また、76mm連射砲はじめ全身には火器が取り付けられており、登場当時としてはなかなか大火力な機体でもあった。

開発当初は運動性が低く、有効に活かせる機体ではなかった。
だが成熟期間を経て性能を一新、最強のゾイドとして君臨する事となった。
長らく無敵時代を築き共和国の優位を確立した。
アイアンコング出現で無敵時代を終えたが、その後も主力機として運用されている。
後に長距離キャノン砲を増設した強化型が開発されている。

もう・・・、くじけそうなくらい大変でした。
マッドサンダーなんて目じゃない。なにこのディティールの固まりは。
一つ一つのパーツに細かい彫刻が必ず入っているんですね。
マッドサンダーのような緩急ついたデザインじゃなく、全力で複雑に作り込んでいる機体です。
しかし、それでいて全体としてみればまとまりのある造形になっているのだから偉い。
やはりメカ生体ゾイドの牽引役だった実力は確かであります。

同じように、全身とにかく作り込んだ機体は…、ウルトラザウルスとサラマンダーが怖いなあ・・・。
特にウルトラはゴジュラス以上に大変な気がする・・・。
ゴジュラスは制作に3日かかっていますが、ウルトラはどれだけかかる事かのう・・・。

しかし、難しいからこそ完成時の達成感はすさまじかったですね。
もう、やってやるよウルトラも!
という感じ。

でも次は簡単な機体をセレクトします。

ところで、こういうものが・・・。

これは箱や書籍などで使用された公式のゾイドゴジュラス図面です。
実は最初はこの絵を上からトレスするだけでいいんじゃないかと思っていたんですが、よくよく見るとけっこう省略も多い。
なので、使いませんでした。
結果としては、これを上回るものに出来たと自負してます。



MK-II
対コング用にキャノン砲を装備した改造型である。
エネルギーパックを装備している為、大幅な重量増にも関わらず稼働時間は同程度を維持できた。
究極の戦闘能力は非常に高く、究極のゴジュラスと言える。
反面、量産するには様々な問題があり、生産数は少なく留まった。
後に装備を簡略化したタイプが量産されている。
正式名称はゴジュラスMK-IIであるが、生産数が非常に少なかったことと、後に現れた量産タイプとの区別の為、「MK-II限定型」と呼ばれる事も多い。


MK-II量産型
量産が効かないMK-II限定型であったが、その装備を一部撤去し量産を可能にした。
それがMK-II量産型である。戦時急造タイプであるとも言えよう。
就役はデスザウラー出現後であり、その事もあり活躍の機会にはあまり恵まれていない。
しかし主力大型ゾイドとして大戦を戦い抜いた事は大いに評価すべきである。
腹部ミサイルが撤去され、ノーマルと同じ76mm連射砲に戻っているのも興味深い。
生産数としては、ゴジュラスシリーズの中で最も多い。



というわけでゴジュラスシリーズコンプ!
がんばりました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント