インフレに関する解釈の続き

暗黒編は良くないインフレを起こしてしまったという話の続き。
ちょっと投下が遅れました。
こちらの続きです。

個人的に感じる点ですが、この時期のゾイドが今ひとつ魅力に欠けるのは恐竜型がいまひとつ活躍していないからでもあります。
恐竜型、好きなんですよねぇ。
まぁ、本当に個人的な感情なんですが、メカ生体ゾイド世代としては恐竜型ゾイドは別格的なところはあります。

帝国VS共和国の時代、戦況を変える最強ゾイドというのは恐竜型でした。
ウルトラザウルス、デスザウラー、マッドサンダー。
それらを先頭にした双方の部隊は本当に強そうだった。

暗黒編において、恐竜型はかなり没落しています。
「恐竜型が没落した=かつて最強クラスだったゾイドがどんどんやられている」という事なので、これはインフレを大きく感じるものでした。
ウルトラザウルスはもはやデカくてノロい的でしかなかった。
中型のジーク・ドーベルがブレードでウルトラの首を切った事がある。
デスザウラーも没落激しかった。
ゴジュラスやウルトラほどではなかったとはいえ、かつての無敵さは微塵も無い。
こちらも、中型はウンドソルジャーに破壊されています。

かろうじでマッドサンダーはまだ強かったかなぁ…。
ただ、こちらもだいぶ苦戦が目立ちます。デッドボーダーやダークホーンには、だいぶ辛酸を舐めてるものです。

んー、やっぱり小~中型が活躍するのもスマートでいいんですが、恐竜の巨大クラスが活躍するパワフルさが欲しいですね。私的には。
この時期、新型機も動物型ばかりで、恐竜型は極わずかになっています。

で、これを考えていた時に、もしかすると…という説を思いつきました。
その説とは、
●インフレを緩和させる解釈でありつつ
●なぜ恐竜型の活躍が減ったか
この二つをを満たすものです。

思いついたばかりであまりまとまっていない部分もありますが、以下、書きます。

この解釈とは、ゾイドの「生物」という部分をより掘り進めるものであります。
ゾイドの生物という部分を掘り進めるというのは、分類による特徴をより深く考えたいというものです。
分類とは、「恐竜」とか「哺乳類」とかです。

以下、分類ごとの特徴を考えて見ます。

■恐竜型ゾイド
恐竜型ゾイド最大の利点は、巨大化が容易な事である。
通常、兵器は隠密性や整備性の問題から小型化が求められる。しかしゾイドの場合、生体兵器であるから大型のものが強力になりやすい。
そういった意味では、恐竜型は最適と言える。ウルトラザウルスやマッドサンダーは、その最たる例であろう。

パワーと瞬発力に優れているのも大きな利点である。
その為、腕、脚、尾などを使用し格闘戦を得意とするものも多い。
また、格闘戦が得意な一方で、大型である事を活かし大型火器の搭載も容易である。これも大きな利点であろう。
こういった利点を活かし、「巨大」「重パワー」「大火力搭載」「格闘戦を得意とする」こういった点を全て備えた万能機も多い。

欠点は二つある。ひとつは荒々しい性格をしたものが多く、パイロットの適正が難しい事である。

もう一つは気候の影響を受けやすい点である。
中央大陸のような温暖地では問題なく使用できるが、暗黒大陸など寒冷地ではコアが活発に動かず能力を低下させてしまうのである。
(中央大陸でもクック基地など極北地では性能低下が見られる)

■哺乳類型ゾイド
哺乳類型ゾイド最大の利点は、バランスの良さである。
大きさは、小型から大型まで開発が可能である。しかし、さすがに恐竜型のような超大型は開発しにくい。これは野生体のサイズからくる限界である。

パワーでは、恐竜型には劣るものの優れたものを持つ。瞬発力も高い。
気性の荒いものは比較的少なく、パイロットの適正が得やすいのも魅力である。
非常に強力だがエース級パイロットが必要な恐竜型に対し、哺乳類型は比較的熟練度の低いパイロットでも動かせる。その為、兵器としては非常に優れていると言えよう。

恐竜型のような、気温による影響は比較的受けにくい。
寒暖の差に強く、寒冷地でも問題なく動く機体が多い。この最たる例は、ゾイドマンモスが寒冷地でデスザウラーを迎え撃ち勝利した一件であろう。
トータルバランスに優れており、おおよそ欠点らしい欠点が見当たらないクラスである。



とりあえず細かい事は置いといて、実際の恐竜や現世の哺乳類から考えてみました。

恐竜の時代は温暖だったという。寒いところではロクに動けないものです。
哺乳類は恒温動物。なので、寒さにもある程度強い。
デスザウラーとマンモスの一件は上で例として挙げましたが、このような気温特性が出たとすれば面白いと思います。
既に「マンモスが寒さに強い」という部分はユーザーの共通認識になっていたと思いますが、これに「デスザウラー(というか恐竜型)は寒さに弱い」と加えてはどうかと思ったのです。

そして、暗黒大陸。
この時代において恐竜型は没落している。
その理由を寒さに求められないだろうか。
暗黒大陸は「寒い」事が最初期から明記されています。
さすがに中央大陸の極北地ほどではないだろうけど、平均気温でだいぶ下回る事は確実。
それにより従来の恐竜型は性能をフルに発揮する事が出来ず、慢性的に苦戦するようになっていった…のではないだろうか。

この事態に直面した共和国軍は、新鋭機に恐竜型ではないタイプを多く投入するようになる…。

この時代において活躍した恐竜型は、まず思いつくのがデッド・ボーダーとダーク・ホーン。
んー、もしかして、ですが。
ディオハリコンの能力のひとつは、この「気温による弱点を克服する」ものではないだろうか。
すなわち、ダークホーンは確かに強化されているが、実際はそこまでスーパーパワーアップしたわけではない。
だが低い気温により動きが緩慢になった共和国恐竜型ゾイドに対し、フルパワーで存分に動き回れる。
だから相対的にスーパーパワーアップしているように見えたのである…。
デッド・ボーダーも同じく。
本来はそこまで強いわけではないが、低い気温により動きが緩慢になった共和国恐竜型ゾイドに対し、フルパワーで存分に動き回れるのだ。
だから相対的にみてスーパー強力機に見えてしまったのである…。

ガンブラスターはどうかというと、うーん。
まぁ、ガンブラスターは動き回る事は無くて、じっとしてとにかく「撃つ」事が使命なわけだから、大丈夫な気がする。

このように考えると、実「そこまで極端なインフレは無かった」「恐竜型がなぜ活躍しなくなったか」が同時に解釈できるかなぁと思いました。

もう一つ言うと、中央大陸戦争期のゾイドで常に強敵だったゾイドが居る。それはアイアンコング。
先日もオルディオスを締め上げてる改造型「デビルコング」を紹介しましたが、ああいう強化改造タイプも多い。
なんでだろう。コングは弱体化した印象は微塵も無く、最後まで威厳を持ち続けた。
これを、アイアンコングは哺乳類型だから多少の寒さは大丈夫だった と考えてはどうか。

さて、
更に続けます。
次に考えたいのはドラゴン型。
ドラゴン型の特性はどうなんだろう。
架空生物であるから想像に頼るほか無いんですが、そもそもドラゴン型というのは暗黒大陸特有のものだったはずだ(ここではドラゴンはキメラではなく元から居たそのままの野生体だと仮定する)。
暗黒大陸に住む野生体が、その地域の気温に適応しているというのは当然だろう。
ここでは、ドラゴン型は寒さに強い。逆に熱さに弱いと仮定したいです。

もちろん強い。しかしその能力を存分に活かせる寒い暗黒大陸だからこそ、余計にその力を発揮したのである…。

ギルベイダーがやられた話をあれこれ考える。
学年誌で、対オルディオス戦では多くのギルが敗北している…。
…ですが、よくよく描写を見ると、これがほとんど中央大陸での戦いだったりします。
暗黒大陸で戦い勝利したのはクルーガーの一件くらいで、あとは中央大陸に飛来したギルをオルディオスが迎撃して勝利するというようなパターンです。
これが、ギルが中央大陸では能力をフルに発揮できず不覚をとったと考えてはどうかと思うのであります。

暗黒大陸でオルディオスとギルが戦った記録も幾つか確認されますが、こちらは苦戦あるいは敗北となっているものが多く、この解釈裏付けるものであります。

…玩具的な事を言えば、最初の頃はオルディオスを売らなきゃイカンからギルに勝たせて最強に仕立てる。
(この頃は暗黒軍が押せ押せムードで中央大陸に侵攻している状況)
しかしキングゴジュラスが就役したら、こんどはキンゴジュを売らなきゃイカン。今更ギルを倒したところでなぁという空気は否めない。そこでギルを最強のイメージに戻す為オルディオスを今度は負けさせ総合力ではギルの価値というイメージに更に上書きしたという事だと思うんですが。
(この頃はキンゴジュを先頭に再び暗黒大陸での戦いがメインの状況)

まぁ、そんな感じに思ったわけですが、どうでしょう。
各カテゴリーごとの気温に対する特性など考えたらもっともっと楽しくなると思いました。

この説においてまだ不完全なのは、
・デスザウラーは何故ディオハリコンを搭載し寒冷地対応しなかったのか?
 これが出来ていればマッドを上回る程度になれたのではないか
・キングゴジュラスはどうなってるのか
・寒冷地で本領を発揮し温暖な地域では力が落ちる暗黒ゾイド。
 そのゾイドで暗黒軍はどうやって中央大陸に攻め込むつもりだったのか
というような事です。

これに対してはまた考えていきたいです。
というわけで、まだ続く。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント