大陸統一への道

今日の話題はちとマニアック。
主に第一次中央大陸戦争の戦史年表を思い返しつつ読まれたし。


さて、
ゼネバス帝国とヘリック共和国は共に中央大陸の統一を目指していたわけですが、その戦略を考えてみるとなかなか面白いなーと思います。

線画を描いていると、色々な事を体感します。
それは各機の構造について新しい発見や思い付きがあったりする事なんですが、全体的な事でもあります。
全体的なことというのは、「共和国は航空戦力が充実しているけど帝国は初期において弱いな」というような事です。
何しろ全機を描くわけだから全体が見える。
まぁ、航空戦力については以前から思っていたことなんですが。

しかし線画を製作する中で、もう一つ共和国と帝国で大きく違う分野があると気付きました。
それは海軍力です。
そこから思った事というのが今回の記事です。


ゼネバス帝国とヘリック共和国は共に中央大陸の統一を目指していた。
この大陸の統一という同じ目標を達するにあたり、両国は全く別の戦略を用いていると思いました。
そのキーワードがヘリック共和国軍の海軍力です。

中央大陸の統一にとって最大の障害は中央山脈でありましょう。
標高2千mを越える山々が連なる険しい地帯。これを突破するのは容易ではない。

ヘリック共和国は、この山脈の突破を諦めて迂回する作戦を立てていると思います。
つまり「海上ルートから敵領土への上陸作戦を敢行する」というもの。

共和国軍は古くから海軍力を重視しています。
第一号はアクアドン。
ただアクアドンは本格的な戦闘機械獣というより試作型の要素が強い風に思えます。

第二号はフロレシオス。
フロレシオスはアクアドンのほぼ完全な上位互換と言える存在。
「水面から長い首を出し偵察を行う」というのはHistory of ZOIDSなどで確認できる記述。
この能力により「敵を発見する事に威力を発揮した」とありますが、加えて「敵地の沿岸部を偵察し上陸に適した場所を探していた」のではないかと思います。
この敵地偵察が後の大規模上陸作戦に繋がっている…。

フロレシオスまでの機体は開発機の古いゾイド。
これらのゾイドは一応は陸上活動能力もありますが、極めて限定されたもの。ほとんど水上/水中戦用と言って良い具合です。
しかし、フロレシオスの偵察により、上陸作戦成功の可能性を感じた共和国軍は、いよいよ本格的な上陸用ゾイドを開発する。

ひとつはバリゲーター。
従来機と違い、陸上でもその能力を存分に発揮できる次世代機。
水上から素早く上陸しそのまま戦闘。沿岸部の守備隊を突破できるゾイド。

もう一つはウルトラザウルス。
こちらは言わずもがな。素晴らしい水上航行力を持ちます。
更に上陸部隊を支援する砲撃力も持つ。

この二つの次世代水陸両用ゾイドの完成をもって、共和国軍は大陸統一の為の準備を整えたと思います。
そして、いよいよミーバロスへの上陸作戦が行われた…。


ではゼネバス帝国。
帝国は第一次中央大陸戦争機においてはシンカーを除きマトモな海軍力を持ちません。
まぁ通常の艦船などはあったと思いますが、その能力や規模は大きく見劣りします。
ついでに言うとシンカーもどちらかというと海より空で運用された実績が多くなっています。
これは何故か。
ゼネバス帝国はどうして海軍力を持たなかったのか。
これはそもそも大陸統一の戦略が共和国とは異なっていたと思いました。

ゼネバス帝国は、大陸統一を「中央山脈を突破し直接侵攻する」という戦略に腐心していると思います。
それはアイアンコングやサーベルタイガーといった「山岳地帯でも運用できる大型ゾイド」を開発している事が根拠になると思います。
サーベルは言わずもがな。むしろ山岳地帯でこそ真価を発揮する設計。
アイアンコングは山岳で本領を発揮する・・・とは言いがたいですが、それでも他の大型ゾイドに比べればかなり自由に動ける。
当時はゴジュラスやゴルドス、レッドホーンなど。大型ゾイドは山岳戦には決定的に不利。足回りが不自由な山岳地帯では小型ゾイドでしかありえないというのが常識。
これを覆す大型ゾイドを開発したというのは、やはり上記した戦略が裏付けられるのではないだろうか。

両国の大陸統一へのアプローチを考えてみると面白いです。
何でこんな事になったんだろう。
ひとつは野生体の問題かなあと思います。
ヘリック共和国は飛行可能な野生体に恵まれていたと思う。鳥や翼竜が多数生息する。
対しゼネバス帝国は悲惨だ。ぶっちゃけ、飛行に適した野生体がゼロだったんじゃないだろうかと思う。
だからエイを強引に飛行させたり、必ずしも飛行に適しているとは言いがたい始祖鳥を使わざるを得なかったと思う。
(それでいてあそこまでの性能を出しているんだから、結果的に制空権を奪えなかったとはいえ帝国の技術力はさすがである)

同じように海生の軍用に適した野生体も少なかったんじゃないかなあと思います。
ただそれに加え、もう一つ言うと、ゼネバス帝国はそもそもヘリック王国から分裂した国家だ。
ゼネバスおよびゼネバス派が、中央山脈を越え大陸の西側を制圧しつつ建国したのがゼネバス帝国。
なので、建国した時点で既に、
「いちど中央山脈を突破し制圧する事に成功している」
という事。
この実績に自信を持った帝国は、そもそも最初から迂回が必要な海軍力を重視しておらず、山脈を突破する事こそ最善の方法と考えていたのだと思います。

逆に、共和国は山脈突破は未経験。
あんな山脈を越えられるもんだろうか。迂回したほうがいいんじゃないだろうか。
そこが海軍力増強の戦略に繋がっていると思いました。

ちなみにこの思想はD-DAY上陸作戦後は消滅していると感じます。
ウオディック、シーパンツァー、ブラキオス。シールドライガー、コマンドウルフ。こういった、以前は持たなかった分野まで両軍は保有機の幅を広げたからです。
しかし第一次中央大陸戦争時は、確かに上記した戦略があったと思いました。
こんな風に考えてみると面白いと思いますが、いかがでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント