王の名を冠するゴジュラス

ついにし最後の機体。

キングゴジュラス



共和国軍が総力を挙げて開発した、史上最大にして空前絶後の最強メカである。キングゴジュラスの登場により、暗黒大陸での戦いは俄然共和国優位に傾いた。

最末期のゾイドなのでスッキリした外観・・・かと思いきやけっこうメカメカしい部分が多かった。



脚のデザインがたくましくて良いですね。
作りこまれ具合も良いんですが、スネをガードする装甲やキャップの感じもステキ。
ただ、腕は比較的作り込みが弱いかなぁ・・・。
パーツ少ないし、キャップも使ってないし。
あとビッグクローが側面から見るとちょっとイケてない気がする。


お顔。
凛々しいお顔してます。
でもサイズ的にはゾイドゴジュラスよりかなり小さい。
体はふた周りほどでかい。
キングゴジュラスは、かなり子顔。

顔のディティールや全体的なプロポーションを見ていると、出現時期が似ているゴルゴランチャーに近いものがあるかなぁと思いました。

胸部が思い切り前に突き出ているところとか、かなり似てる。

さてさて、これにて、
メ カ 生 体 ゾ イ ド の 全 機 種 を 線 画 化 完 了

うおー・・・お疲れ俺。
でもこれで終わりじゃなくて、次は全線画を見直してブラッシュアップする作業に移行するんですが。
でも数日間はお休みします。
さすがに疲れた。というか、レビューやコラムの更新とかもしたいし。

さて、メカ生体の線画を完了したところで少し振り返る。

線画ですが、割とスピード重視でやってた感じです。精度よりも速度重視。
もちろん精度もある程度は求めていますが、完璧にはこだわってないです。
ただ雰囲気というか…、パッと見の評価として「おおお、いいじゃんこれ」と大多数のユーザーが思う程度であればあとはスピードを優先したという感じです。

側面から写した写真をトレースする感じで作っているので、手足(手前側のパーツ)が微妙に大きかったり、逆に奥のパーツが少し小さかったりする(尾が浮いていたりね)。
その辺は、ゆくゆく修正できればいいなぁ・・・とは思わなくも無いんですが、それよりも次の段階としては、この線画を改造して、箱裏バリエの再現をしていきたいです。
あと機獣新世紀以降のゾイドも線画化したいし、バトストのオリジナル改造機も再現したいし・・・・。
線画の制度を完璧にするのはその後かなぁ。

スピードを重視したのは正解だったと思っています。
精度的に完璧じゃないといっても、それでもかなりのクオリティになっているとは自負します。
パッと見の違和感はほぼ無いと思う。
多分、パーツの大きさを一つ一つ計測して作るスタイルだったら、今頃ようやく5体くらい完成しているところじゃないかな。

ま、そんな感じでともかくひと段落。

線画のブラッシュアップ
色付け
機体解説を加えて製本化
改造バリエーション再現
新世紀以降の線画
などなど、

まだまだこれは通過点。
突き進んでいきますぞ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント