共和国大型ゾイドを塗り始める

超砲撃メカ ガンブラスター


上は正規カラー。
下は当時発売していたゾイドガム版のカラー。
正直に言うとゾイドガム版の方がいい色だと思う!

新世紀のはこちら。

「一色のところを二色に分ける」事が多い新世紀ゾイドにしては珍しく「二色だった部分を一色に」しいます。
元と比べてノッペリしたのは否めないなあと思います。

レビューにも少し描いていますが、個人的に理想だと思うガンブラスターのカラーは…、

こんな感じだと凄く嬉しかったです。
新旧でミキシングすれば近いものは出来ます。


さてさて、まだまだいきますぞ。


大型ゾイドの祖、ビガザウロ!
塗っていてふと思ったんですが、もしかしてビガザウロのカラーって新幹線をイメージしているんじゃないかなあ。



ゾイドは「恐竜」「メカ」「宇宙」「バトル」と、子供が大好きな要素をこれでもかと詰め込んでるものであります。
新幹線と言えばもう当時のチビッコが大好きだったものなわけで。
またビガザウロが発売された84年と言えば、100系が登場する1年前で新型に対する期待で更に注目が集まっていた時期だと思います。
子供たちが大好きな要素をひとまとめにしたゾイド。新幹線も加わっていたのかなぁと思いました。

塗っていた時に何で新幹線っぽいと思ったかというと、コックピットやビーム砲に使用している黄色がかった白の色合いが新幹線の白(ノーズ部分)に似てるなーとふと思ったからです。
そういえば後の共和国最終ゾイドである所のキングゴジュラスも、ビガザウロの近いカラーをしています。
新世紀ゾイドの反撃の切り札として登場したゴジュラスギガもこれに近いカラーをしている。
なんていうか、共和国にとって大きな意義を持つゾイドの多くがこのカラーだというのはとても面白いなと思いました。

あと余談ですが、デスザウラーの目は100系のデザインが元になっているんだとか。
新幹線に注目すると面白いですね。
現在は色んな新幹線が新しい車両が出ているので、インスパイアを受けた新型ゾイドが生まれても面白いなーと思いました。

あと、最後。

ゾイドマンモス。
こっちはもう、完全な重戦車のイメージでカラーリングされていますね。
重々しいカラーで魅力的。まさに「重装甲型」であります。
東海道・山陽新幹線カラーのビガザウロに対し東北・上越新幹線カラーにしている・・・わけではないようだね。

ゴルドスはまだこれから(リクエストあったのでホワイトゴルドスカラーも作ろうと思う)。
ゴジュラスは脚の修正が少々必要。
はやめにやってカラーで4機並べたいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント