質問1個に回答

お問合せいただきましたので回答致しますな記事です。

さて少々長いですが、まずは全文掲載いたします。

-----------------------------------------------------------
新規ファンにお勧め出来るゾイドに関して、今日のブログ(メールでの質問に対する返答)を読んで思う事がありましたので、こちらにお送りします。
お勧めしたいゾイド・組んでほしいゾイドが有るのも事実ですが、「もし、欲しいと言われればあげても良いゾイド」ってどれかなぁ・・・と、ふとゾイドを飾ってある棚を見た時に気付きました。

「ゾイドは欠品や破損を補う術が少ない」

いや、「古い物だから」と言う理由を抜きにして。
あげても良いゾイド=破損や欠品がある物が殆どです。 紫外線に弱いキャップは飾っているだけで劣化します。
昔は無理に動かしたり分解しては散々キャップを無くしてました。 でも、キャップだけを買う事は出来なかった。

ハードポイントが折れた所は工作なり接着すれば修復は可能です。でも、新品を箱で買わないと「交換」する事が出来なかった。

部品の取り寄せが出来ないゾイドでは「作っている最中の破損=もう二度とゾイドには手を出さない」って事になっていたんじゃないか?と思いました。

よくよく考えたら、「自分で組み立てる事を前提とした玩具」の場合、殆どの物が部品単位での取り寄せが可能だと思うんです。
それこそ、旧ゾイド時代のガンダムもマクロスも取り寄せが可能でした。
「パーツ数が少なく壊れにくい」のは事実ですが、「他に比べれば高価なプラモ」のゾイドが、こう言ったサービスをやって来なかったのは盲点と言うかかなりのマイナスだったんじゃないかな・・・と、思いました。

次に出るゾイドがあるとしても、それはそれなりに高額になるでしょう。
それでも自分なら、部品取り用に複数買うと思います。ですが、もしもの時に部品単位で注文出来れば本当はそっちの方が良い。

もし、新規ユーザー(特に小学生)が破損させてしまっても、安価で部品が取り寄せ出来るんなら、おすすめ出来るゾイドの幅も広がると思うんです。

ゾイドの面白さは作ってみないと分からない。でも、失敗したら取り返すのが難しい。
…このままじゃダメだと思うんです。

こんな意見はメーカーに送るべきなのでしょうが、こんな事を思ったのは間違い無くココの影響ですので、メールにて失礼ですが送らせて頂きました。

1ユーザーがふと思っただけの意見だし、ユーザー側からではどうにもならない事ですが、新規ユーザーの獲得を考えるなら、キットと併せて購入後のアフターサービスも充実させて欲しいですね。

-----------------------------------------------------------

との事で、回答になるかは分からないんですが私なりの意見を下記します。

実はパーツ単位での取り寄せは可能 です。
リバセンやゾイドオリジナルのような小規模展開の時はやってたかどうか分かりませんが…、少なくとも大々的な展開をしていた「メカ生体」「機獣新世紀」の際は対応してくれた実績があったようですね。

ただ、何でもOKというわけではなかった。
「改造の為にこのパーツが欲しい」というようなものはNGで、「破損してしまった」「なくしてしまった」ようなものならOKだったみたいですね。
改造を行うようなコアユーザーにはちょっと我慢してもらう。しかし「玩具として遊ぶメインターゲット年齢のユーザーを最優先した対応」をしていると思います。

もちろん在庫状況にもよるわけで、常にOKだったわけではなく、「在庫があるうちは対応しますよ」という感じだったみたいですが。
あと、多分、破損度にもよると思いますが。
(ハードポイントが折れてビーム砲が付けられない程度の破損なのか、足の付け根が折れて組み立てがそもそも不可能な程度の破損なのかなど)
私は取り寄せた事が無いので、詳細は分からないんですが。
まぁ、少なくともユーザーサポートの電話にかけたら誠意ある対応をしてくれるようですね。


「玩具」と「模型」の定義は似ているようでかなり違います。
ただ、ユーザーはこの二つを混同してしまいがちで、どちらも玩具であると思いがちですが。
ただこの話題を扱うには、この二つを明確に分けて考える必要があると思います。

「模型」はガンプラやマクロスのプラモなど。もちろん艦船や航空機、カーモデルなども。模型は「組む」事を主としたものです。
対し「玩具」は組む事ではなく「遊ぶ」事を主としたものです。
だからサポートにおける考え方の根底がそもそも違っています。
(ゾイドのややこしい所は、玩具と模型の中間に位置している事だと思います。また最近の模型…ガンプラやマクロスは特に完成後のギミックや可動が非常に多く両者の堺が曖昧になっているという事もあり非常にややこしいんですが)

「組む」事を主とした模型は、その性格上、部品取り寄せ等の対応を前提としたものです。
ただ玩具は遊ぶ事が主です。その性格上、部品の取り寄せは基本的に行っていない場合がほとんどです。
そしてゾイドは分類上、玩具であります。

玩具は基本的に部品の取り寄せはNGな場合がほとんどです。そんな中トミーの対応は出来る限りの事はやってるのかなーと思いますね。
まぁ、日頃あれこれトミーに対して愚痴不満も書いていますが、こういう部分はすごくしっかりした企業だと思います。

先にも書いたように、ゾイドのややこしい部分って言うのは、見方によっては模型だし、でも玩具だし…っていう部分です。
なので模型的なサポートを求めると不満も出てしますが。


ま、でも何ていうか現実的に嫌な事を書くと、
「限定的とはいえパーツ取り寄せにも対応してくれる素晴らしいトミー」
なんだから、それを取説に書いとけよと思わなくもないです。
おそらく、それを書いていないから知らないユーザー…というより「取り寄せとか無理だろ」と諦めるユーザーが大半になってしまうと思います。
ただ、これって書けないと思うんですよね。

「現実的に嫌な事」と書きましたが、正直、パーツ取り寄せがOKというのが前提になると、その対応がかなり大きくなってしまうと思うんですね。
あくまで「本来の姿として組めない状態になった場合にのみ対応している」のが現状です。
「過不足が出た場合のみ対応する」ですね。

でも、正直に言ってユーザーの100%が良い人だとは限らない。
サポートをすると言ってしまうというのは、必要以上の要求を行うユーザーの対応も必要なわけです。
改造にこのパーツを使いたいから(キットとしては過不足が出ていないにも関らず特定のパーツがもっと欲しい状態)…という理由でパーツを欲しがるユーザーがその電話をかけまくったら、そりゃあとミーも困るんじゃないかなあ、と。
大々的にやってしまうと、本来必要であるユーザーに迷惑がかかっちゃう。
電話口で、同じ「破損しちゃったんで…」と告げられたとして、それは本当に破損して泣いているユーザーなのか、それとも裏で「手に入ったぜニヤリ」としているユーザーなのかを見極める事は不可能ですからね。
(この記事を見ているユーザーは善意ある行動をお願いしますね。…といっても今は展開してないのでそもそもパーツ取り寄せ不可だと思いますが)

パーツ取り寄せの対応しているとはいえ、基本的には「出来る範囲内での」対応です。大々的に言われているわけでもありません。
何ていうか。
色んなバランスを取った状態が今なんじゃないかな、と思います。


ま、でも、その上で更に言うなら、今後ゾイドが展開する際は、もちろん新規ユーザー(低年齢)を取り込んで欲しい。
その低年齢に向けたサポートは今までどおりで良いと思います。
一方もし余力があれば、ですが、
次期ゾイドも、改造をこなすヘビーユーザーが必ず多数付いてきます。模型的なアプローチも好む層というか。
ゾイドは幅広い年齢に購入されるものになっています。
また、幸か不幸か最近は模型と玩具の境もあいまいになりつつあります。模型はどんどん玩具的なギミックを増している。ゾイドは玩具だがプラモに近い部分も多い。
なので、模型的なサポートも、出来るのであればやってもらうのが理想ではありますね。それは思います。
それこそ好きな武器パーツだけを沢山買える状態は超理想です。

玩具はそもそも製造コストがプラモより高い。その中でどこまで求めらられるものかは分かりませんが。
今後サポートがどうなるかというのは分かりませんが、そういったものも視野に入れたサポートが議論されるようになれば良いなぁと思います。
ただ出来る出来ないのどちらにしろ、そういった議論を経た上でのサポート体制であれば、ユーザーの納得度も随分上がるでしょうね。


という事で以上のように思いました。回答になっていれば良いのですが。

…そういえば上記した「メカ生体」や「機獣新世紀」時のサポートはトミー時代の実績ですが、タカラトミーになった後の事例やタカラの対応っていうのはどんなもんなんだろうな。
ちょっと興味あります。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント