マスターピースの事

マスターピース、頑張って欲しいです。公式サイトの更新の次はいつかなあ・・・。
という事で同ゾイドについてあれこれ。

●シールドライガーというラインナップについて
まぁ、「またか」という声が一定数出る事は仕方ないかなぁと思います。
私も、以前の日記にも書いた通り、最初はそう思いました。が、その上でなお構造やデザインを見ると期待したいという感じです。

「生体感溢れる動き」というと、足首に期待しています。
現在ある可動モデルはハの字立ちは得意なものが多いんですが、実際のネコ科の足といえば、内股あるいは足首の

このような動きじゃないかなあと思っています。後に回るというか。
その辺が出来るだけ再現されていればいいなぁと期待しています。

現在、写真で見ると、

足首が大きく動くのは確実と思います。
(この部分はシリンダーが足されると更に良い感じになると思います)
期待しています。

ところでシールドライガーですが、よくよく考えるとシールドライガー以外にはありえないのかなぁと思いました。
というのも、ジェノザウラーやバーサークフューラーは現段階としては無理なんじゃないかなと思いました。
これら二足歩行の絶妙なバランスで歩行する機体は、「生体感溢れる動き」をすれば転倒してしまうんじゃないかなぁと。

必然的にラインナップは安定感のある四足から選ぶ事に。
となうと、やっぱり人気のあるライガーになるのかなぁと思いました。

シールドライガーの脚は長い。なので今回のモデルが完成すれば、レッドホーンやディバイソンは製作可能だと思います。
(構造として製作可能という意味で、実際に選ばれるかどうかは別問題だと思いますが)

ラインナップが進む中で、いずれ二足歩行でも安定したバランスを保つ技術が確立されジェノザウラーやサラマンダーなどの二足歩行機にも手が回ると良いなと思います。
また技術蓄積で構造の小型化が可能になれば更に色々可能な事が増えると思います。
更に、シリーズが安定してくればお祭りで巨大クラスも…と期待しています。

とまあ、そんなわけでシールドライガーというラインナップは納得という話でした。
あ、あと、サーベル(セイバー)じゃないのは、シールドライガーは各部が展開/収納ギミックがあるので、その辺を動かしたいっていう意図なんじゃないのかなーと思いました。

●コロコロアニキ
小学館の雑誌にゾイドが載った。しかもジオラマが載ったっていうのは凄いなぁと思います。
いつかまた子供向けの方のコロコロにも載って欲しいものですが、ひとまず現段階としては大きな意義のある一歩を踏んだなと思います。
着実に踏みしめつつ最終的な目的まで歩んで欲しいです。
(超個人的には学年誌にも載って欲しいんですが、まぁ学年誌はそれ自体が廃刊されたり危機的状況だったりするから難しいかな)

ところでマスターピースですが、コロコロアニキに載ったという事は、やはり休眠中のファンを呼び起こす目的が強いんじゃないかなぁと思います。
昔ゾイドにハマってたけど今はそうでもない層…。
アニキの読者にはそういった潜在ユーザーが多く居る筈。そういった層の掘り起こしていけば大きく道が開けると思います。

そういえば以前、リバースセンチュリーも同じように休眠中のファンを呼び起こす戦略がとられていたと思い出します。
しかしあの時はアニキのような雑誌が無かった…。
QUANTやフィギュア王や90年代グッズマニュアルなど、休眠中のファンが読んでそうな雑誌各に広告や特集記事が載っています…が、やはり散発的な感じは否めなかった。
今はコロコロアニキという抜きん出た雑誌が出た(しかもすごい売れてるらしい)ので、これは心強いなぁと思った次第です。

さあ舞台は整いつつある。
魅せてくれゾイドの底力を!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント