開発史の妄想

最近のレビューではライモスの登場が多いんですが、このゾイドについては考えておかねばならない事があります。
ライモス というよりもっと多くのゾイドに関してですが。
何かというと開発時期と開発国の話です。

さてデッドボーダーと言えば暗黒軍の斥候ですが、これに関し疑問が呈される事があります。
それは「中央大陸に上陸した暗黒ゾイド第一号はディメトロドンでは?」という事です。

ディメトロドン&ウオディック。こいつらは帝国軍が開発したのか?暗黒軍が開発したのか?
その辺をちょっと考えてみたいと思います。

結論から先に書くと、ディメトロドンもウオディックも帝国で開発されたゾイドだという結論に達しました。
この二機だけでなく、シーパンツァーやブラックライモスもです。
この結論に至ったのは、ゾイドバトルストーリー1巻を見ていてのもの。

あまりにも大胆なページだったので逆に見落としていたというか。
1巻の中ほどのページには「ゾイド戦役の末期、何枚かの新型ゾイドの設計図が残されていた」という括りで幾つかの未就役・新型のゾイドが掲載されています。
その中にディメトロドンとウオディックのかなり鮮明な写真が載っている…!



バトスト1巻なので、「ゾイド戦役の末期」というのは第一次中央大陸戦争の末期という事だろう。
この時期、完成直前とも言える状態で両機が存在したとは。

ウオディックは、ウルトラザウルス対策だろうなぁと思います。
ウルトラザウルスが居たから、共和国軍は上陸作戦を成功させる事が出来た。
また、海上ルートを使い膨大な物資が輸送されたはずだ。その対策は急務。しかしシンカーではもはやどうにもならない。
そんな状況で開発されるも、もはや戦況は決定的に不利。
完成間近ながらついに祖国の滅亡を迎えてしまったのである…。

ディメトロドンもまた、ウルトラザウルス対策だろうなぁと思います。
ウルトラザウルスの脅威は主に二点。一つは驚異的な砲撃力。もう一つは超高度な指揮管理能力。
砲撃ではアイアンコングがかろうじで撃ち合える。
が、指揮管理能力はどうしようもない。
しかし、対応は必須。
ウルトラザウルスとて弱点が無いわけではない。
電子能力に関してはゴルドスに劣る能力だ。
その為、随伴させて指揮に当たる事も多かった。

おそらく、ディメトロドンはそこを突いて開発されたと思う。
つまりゴルドスを無効化すれば、その能力を受けて活躍するウルトラザウルスも押さえつける事が出来る。
ゲーターの実績があった為、開発は順調に進み完成間近となる。
しかし、やはり完全完成を前に、祖国の滅亡を迎えてしまったのである…。

このページをよくよく見ると、シーパンツァーとブラックライモスも載っている。
ただし、これらは絵だ。
という事はつまり、第一次中央大陸戦争末期において開発がスタートした段階だったという事だろう。
しかし、戦況の不利により開発は凍結されてしまった。

これらのゾイドは、データが持ち込まれ暗黒大陸での開発が継続されたと思う。
その結果、完成しD-DAYに使用されたと思う。
(ただしブラックライモスは完成が少し遅れ、D-DAY後に就役する事となった)

ところでブラックライモス。
第一次中央大陸戦争末期に開発がスタートし、そしていちど中断されていると推測した。
そして、レビューにあるように、てれびくんで開発に関するエピソードが語られている。
D-DAY後、ようやく完成間じかとなったブラックライモス。
しかしアタックゾイドがこの情報を嗅ぎ付け襲撃。3機の試作機を破壊してしまう。
これにより完成は1年も遅れたとの事。
重戦車。ここまで弱点が無いのも珍しいといわれる傑作機。
だけど開発は大変だったなだなぁ…と考えると感慨深いものがある。
こういう開発の難航ゆえに開発者の情熱はいよいよ燃え上がり計画以上の傑作機となった…なんて考えても面白いかもしれない。


共和国側も見てみたい。
まず、ダブルソーダが鮮明な写真で載っている。完成間近か、完成直後のテスト時期くらいと思われる。
D-DAY直後から参戦しているゾイドなので、末期において完成したが量産前に共和国が勝利した。
しかし来るべき第二次中央大陸戦争に備え、平和な期間においてブラッシュアップと生産が進められていた なんて考えても面白いかもしれない。

他にも、コマンドウルフが確認できる。
これは、サーベルタイガーショックを受け、計画がスタートしたと思う。
あるいは、もう少し前のヘルキャット参戦から計画がスタートしていたかもしれない。
しかし、なにしろ高速機という道のカテゴリーゆえ開発は難航し、第一次中央大陸戦争では間に合わなかったのだろう。
このページにシールドライガーは確認できない。これは重要だ。
やはりシールドライガーは、バレシアの戦い…、サーベルタイガー鹵獲事件を受けて、初めて計画されたゾイドなのだ。
第一次中央大陸戦争期においては、コマンドウルフでヘルキャット&サーベルタイガーの両方に対抗しようとしていた事が伺えて興味深い。


もう一つ、興味深い資料も紹介したい。
ゾイドグラフィックスvol.11によると、こんな記述がある。
「ウラニスクの地下には大きな地下基地がある。帝国軍は中央大陸を脱出する時、完成寸前の巨大メカを密かに隠していた。ウルトラザウルスを凌ぐ空前絶後のそのメカが目覚めるとき、それはゼネバス皇帝の野望が実現する時だ」
これがデスザウラーである事は明白だ。「完成寸前」という表現にはちょっと誇張も感じてしまうが。
ともかく、という事はつまり、デスザウラーもまた純帝国製のゾイドなのだろう。
もちろん、ディメトロドン、ウオディック共に、暗黒軍の技術により「より完成度の高い」機体として完成したのも確かだろうが。

という事で開発史を妄想してみた。

まとめる。
ディメトロドン、ウオディック、シーパンツァー:末期に開発されていた。暗黒大陸でも開発が継続され、完成・量産されD-DAY上陸作戦に使用された。
ブラックライモス:末期に開発はスタートしていた。暗黒大陸でも開発が継続されたが、完成には至らなかった。D-DAYから1年後にようやく完成する。
デスザウラー:末期に開発はスタートしていた。暗黒大陸でも開発が継続されたが、完成には至らなかった。D-DAYから3年後にようやく完成する。

こう見るともう一つの妄想も膨らんでくる。
バレシア湾から暗黒大陸へ向けた脱出。
あれはかなり切羽詰ったものであり、皇帝や残存兵を運ぶだけで精一杯だっただろう。
開発を継続するには、各種データや何より野生体が必要だ。
という事は、バレシア湾からの脱出作戦後、こんな事もあったのかもしれない。

脱出し、無事暗黒大陸へ辿り着くゼネバス皇帝。そして残存兵。
しかし、第二次中央大陸戦争に向けて、様々な事が必須だった。
シンカーで脱出できた兵は限られている。いまだ中央大陸に残された兵やウラニスク地下に隠された新型ゾイドのデータ、野生体。そういったものを回収する必要があった。
中央大陸が完全な共和国支配下になった中、決死隊が結成され、密かに作戦が実行される…。

共和国軍は、第二次中央大陸戦争のニカイドス島の戦い直後「勝利の避けにかすかに頬を赤くした見張りの兵士が」という記述が確認できる。
戦勝したら一気に緊張が解かれる風潮があるのかもしれない…なんていうのも思った。

ともかく、こんな風に妄想するととてつもなく面白い。
バトルストーリー」というより開発史だ。でも、これもまた同じくらいの魅力があると思った。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント