歴史は繰り返す

最近は同人誌の進捗や報告ばっかりだったので、久々にコラム的なものを。


歴史は繰り返す・・・ というのはよく聞かれる言葉です。

さて、戦史を研究していてある事に気付きました。
歴史は繰り返す とは少し違う気もしますが、メカ生体ゾイドにおけるある法則を見つけた気がするので、以下報告します。


その内容は「帝国は暴かれる」「共和国は奪われる」というものです。


新型大型ゾイドは最大級の意義を持つ開発でしょう。
よくよく調べていると、帝国軍は大半において完成前にその存在を察知されている。

アイアンコング
これはコラムで紹介したとおり。学年誌によると、鹵獲したレッドホーンがアイアンコングのデータを持っていた。

それにより存在が就役前にバレた。


サーベルタイガー
その存在は諜報部隊に暴かれ、ゴジュラスによる強行偵察が行われた(バトスト1)。

開発基地への強行偵察が行われた。


ディメトロドン
共和国軍が第一次中央大陸戦争末期に入手した書類の中に、ディメトロドンの資料がある。



デスザウラー
アタックゾイドの活躍でその存在は暴かれた(バトスト2)。

後に、シールドライガー部隊による研究所への強襲が行われている。


ギル・ベイダー
「暗黒軍最終兵器」として、開戦早々に存在がバレた。
(ただこれに関しては「あえて」の可能性も感じるが)


あと、グレートサーベルも微妙に察知されてたりします。
学年誌で、何やら謎の大型ゾイドを帝国が開発しているらしい…という事で共和国24部隊が調査に行く話があります。

ただ、このエピソードでは、何とか帝国軍は秘密を守り通しています。

それにしても、ほとんど暴かれてるじゃないか。ゼネバス帝国の情報管理はどうなってるんだ。
いずれも、途中で暴かれなければもっともっと大戦果を挙げていたと思う。

アイアンコングはコラムで書いた通り。帝国が勝利していた可能性も濃厚だ。

サーベルタイガーは、うーん。どうだろう。バレても強かったからなぁ…。

デスザウラーの時は非常にヤバい。
デスザウラーの侵攻時、共和国は「トンネル作戦」を敢行し脱出を果たした。
これは、デスザウラーの存在が暴かれた時に決定された作戦との事です。
すなわち、
・謎の新型ゾイドの存在が示唆される。
 ↓
・この情報をヘリック大統領は重視し、万一の場合に備え、首都からの脱出ルート構築に当たった。

結果として、その行動は大正解だった。
デスザウラーが首都へ突入した際、ヘリック共和国首都の民はすべからく脱出に成功したのだった。
もし、トンネルを掘っていなかったらどうだったか。
脱出は叶わず、徹底抗戦しかなかっただろう。
しかしゴジュラスやウルトラザウルスで敵う相手ではない。首都は決戦の場となり、その結果共和国は負け、そしてヘリック大統領が捉えられていた可能性は高い。

本当に、帝国軍はもうちょっと諜報的なものを警戒したほうが良いと思う次第です。
強く。


さて、一方鹵獲されまくる共和国軍ゾイドはまた明日にでも・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント