エネルギーシールドの技術史を考える

エネルギーシールド。通称、Eシールド。
最初に採用したゾイドはシールドライガーである。
電磁フィールドを機体前方に展開し、敵のビーム砲をはね返してしまう強力な防御装備。
ただし、その特性上、ビーム砲には強い耐性を示すが、実弾砲に対しては無力である。
ゾイドの装備の中でも、アニメの影響もあり特に有名なものだろう。



さてEシールド。
これは高機動機と相性が良い装備だと言える。
敵の攻撃を防ぐには、分厚い装甲かEシールドの二択になろう。
パワー系の戦いをするゾイドなら、分厚い装甲を施した方が合理的だろう。
しかし出来るだけ重量を減らし機動性を高めたい高機動タイプには、分厚い装甲は相性が悪い。
そこで、発生装置の開発やコストは大変だが、その上でなおEシールドが望まれたのである。

Eシールドは共和国軍で開発されたものだ。サーベルタイガーではなくシールドライガーで採用されたものだ。
技術的にリードする帝国軍がなぜEシールドは共和国に先んじられたのかというと…、
帝国は先鋭性ゆえにビーム砲を多用していた背景があった。つまり共和国は対ビーム装備の開発が必須だった状況である。
逆に、共和国軍は実弾砲主体であり、それに対する帝国軍にとってEシールドは不要なものだったのだろう。

実弾砲のデメリットは重量がかさむことだ。砲に加え砲弾重量がかかる。
特に可能な限り軽くしたい高機動ゾイドではビーム砲が好まれるだろう。
しかし例外もある。グレートサーベルだ。
グレートサーベルは、Eシールドを装備したシールドライガーと交戦する事が必須だった為、強力なビーム砲ではなく強力な実弾砲が必要だったのだ。





気の早い話ですが、バトリサ二巻の時期における諸々を考え導いています。その一環で「おっ」と思いついたものです。
考えられてるなー。
サーベルタイガー、シールドライガー、グレートサーベルの関係はやっぱり凄いなと思った次第です。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント