初陣、ギルベイダー

学年誌を

一冊ゲットしました!
小二 89年10月号です。
この号は、暗黒軍最終兵器ことギルベイダーが初登場した号でした。

ちなみにリアルタイム時に持っていた号です。内容もよく覚えていました。
ようやく再開できて感動。

ギルの初登場といえば、やはり新バトストの隕石に偽装したアレが有名でしょう。
しかし小二ではまた違った登場をしており、とても見応えがあります。
(ちなみに隕石に偽装するのは小三に掲載されたものだ)

ストーリー
かねてから噂されていた、暗黒軍が開発中の強力な新型メカ「最終兵器」に関する有力な情報を共和国軍は掴んだ。
暗黒軍基地へ攻撃を仕掛ける共和国軍。
しかしガルタイガーをはじめ精鋭が防衛に付いておりなかなか突破できない。
そうこうしている内に、基地から巨大なゾイドが飛び立ったではないか。


全長200mを超える巨大なシャトル型ゾイド。
暗黒軍最終兵器はこれなのか!?

実は、共和国軍のキングライガーは、防衛ラインを突破し巨大シャトル型ゾイド「ブラックチャレンジャー」の内部に侵入していた。
艦内での激しい戦いを制し、なんと共和国軍はブラックチャレンジャーを乗っ取ってしまう。

ブラックチャレンジャーの乗っ取りに気付いた暗黒軍は、レドラーを出撃させるが・・・、


相手にならない。
素晴らしい能力だ。これこそが暗黒軍最終兵器に違いない。
これを鹵獲できたとは素晴らしい成果だ。

しかし・・・、そうではなかった。
ブラックチャレンジャーに急速に接近する大型飛行ゾイドが。


そしてブラックチャレンジャーを真っ二つに。
暗黒軍最終兵器はブラックチャレンジャーではなく、この巨大な黒い竜「ギル・ベイダー」だったのだ。

という感じです。
個人的には、隕石に偽装するというある種シュールな初登場よりも、こっちの方が良いと思います。
開戦以来、ずっと共和国軍が追っていた「暗黒軍最終兵器」に関する緊迫したやりとりがあるし。

まぁ、とにかく読み応えのある話でした。
10月号で登場以来、共和国軍は苦境に立たされ、ゴジュラス、ウルトラ、マッドなどが次々やられてゆく事になります。
共和国再興は、翌年3月のオルディオス登場まで待たねばならぬ。

ところで、ちょっとしたトリビアですが、

初期のギルは尾部先端の切断翼が1枚なのが特徴ですぞ。
腕に覚えがある方は、換装用パーツを作ってみても面白いのでは!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント