闇のホーン

レビュー更新しました。
暗黒軍重戦車、ダーク・ホーンです。大好き。こちら


初期暗黒カラーのゾイド勢ぞろい。やっぱりこのカラーってステキ。

レビュー中でも書いた通り、強化タイプゾイドって「強いゾイドをもっと強くした」のが多いんですが、ダークホーンは本当に凄かったなぁ・・・。

全体的に帝国・暗黒は見せ方が上手いと思います。
コングMK-IIは「強いゾイドをもっと強くした」の典型ですが、「あのウルトラに挑む」魅せ方が上手かった。
グレートサーベルは、「強いゾイドをもっと強くした」というより「やや能力不足化しつつあったゾイドを強化した」といったほうが良いかなぁ。
シールドライガーによって、サーベルタイガーの印象はかなり旧式化していた(それでもコマンドウルフを食い破ったりとまだまだ強かったのだが)。
でも、ダーク・ホーンは「あの弱小レッドホーンがあんなに強く!」だったので、これら以上に凄かったなぁという感想です。

それにしても、対する共和国側はアンバランスだなーと思います。
ゴジュラスMK-IIもシールドMK-IIも、もともとの良さを犠牲にする強化タイプだもんなぁ。
総合的には「MK-II」に相応しい能力アップを果たしていますが、格闘力が落ちたり最高速度が落ちたのはモヤモヤする。
ただ、その辺りも不器用というか、強引な主砲で無理やり強化してしまう共和国軍の設計思想が出ていて、両国の技術的対比という意味ではとても良いのですが。

強化タイプの設計思想は新世紀にもある程度受け継がれているかな・・?
ライガーゼロパンツァーは共和国じゃないと開発しなかっただろうし、イクスはやっぱり帝国らしい。
一方で、ブレートライガーABのようなバランスの良い設計も行うようになって、その辺は共和国軍も考えるようになったんだなーと思ったりします。
(ただしABとの競合で敗れたタイプは、旧来の不器用な共和国を思わせる設計のものが多い印象だった。ブレードデストロイが特に凄い)

強化タイプの設計思想を考えると色々と面白いです。
まぁ、そんなわけでダーク・ホーンです。
レビュー中でも書きましたが、あらゆる強化タイプゾイドの頂点に立つと思っています。


さて今回の更新が単発にならないように、明日からも頑張って作業を進めたいと思います。
バトリサ2巻と共にがんばる。

・・・ところでレビューですが、読み直しているとリニューアル後の初期に書いたものは修正を入れたいなぁと思う点がけっこう出てきています。
画像も文も。改定もいずれ行いたいなぁと思っています。
とはいえ、修正に重きを置くより新規に力を入れたほうが良いとは思うので(修正ばかりやっていたらいつまで経っても終わらん)、いったん新規に力を入れつつ進め、余力のある時に修正もしていきたいなーと思いました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント