Super Heavy Guard

さてデスザウラーと言えば一に荷電粒子砲、二に超絶格闘力でしょう。
しかし「スーパーヘビーガード」による絶大な防御力も大いに研究すべきだと思います。
今回はそんな話です。


帝国軍No.2である所のアイアンコングの防御力をみてみると、ゴジュラスMK-IIのキャノン砲でやられてる描写が確認できる。
またウルトラキャノン砲では2機まとめて破壊されている描写もある。
まぁ、あれだけ巨大なキャノン砲を受けては仕方がないだろうなぁと思います。


ではデスザウラー。
まずゴジュラスMK-IIのキャノン砲には余裕で耐える。
被弾しながら接近し強引に格闘戦に持ち込める無茶振り。
まぁ、さすがにノーダメージというわけでは無いと思いますが、それでも致命傷で無いのは確実か…。

次、ウルトラザウルス。
共和国自慢のウルトラキャノン砲だが、これもまた耐えてる。
至近距離からの砲撃を受ければ「パイロットが一瞬気を失いそうになった」ようなものが確認できる。
また遠距離から受けた際にもグラリと揺れるものがある。
こう見るとダメージはかなりあるようだ…が、でも一方で思う事もある。

先の例の至近距離から砲撃を受けたケースは、その後更に川底に沈められた上でウルトラザウルスの巨体で全力で押しつぶされた。
しかしその上で反撃に出てその後ウルトラザウルスを倒してる。
後の例は、難とその後荷電粒子砲を撃っちゃってる。
だからダメージはそれ程ではないのかなぁ…とも思うわけで。
少なくとも深刻なダメージならばこういった反撃はできまい。


まぁ、いずれにしろ至近距離からのキャノン砲の直撃を受けてもなお動ける事は確からしい。
この防御力を支えるのがデスザウラーの装甲、通称「スーパーヘビーガード」であるとの事です。
訳すると「超重防御」というなんとも安直な名前だなぁとは思いますが、その効果は先に書いた通り抜群である。
一体、どのような構造なんだろう…。

「単純に分厚い装甲」というわけではないと思います。
なぜなら、「アイアンコングを2機まとめて破壊する」のだから、分厚くしても無理な気がするというか…。

では「材質が違う」のだろうか。
これも、んー…、納得できるようなできないような…。
実際、材質によって強度は変わる。

地球では、初めは鉄が使われていて、
鉄にニッケルを混ぜるとより強くなる事が分かり、(ニッケル鋼)
ニッケル鋼に更にクロームを加えるとより強くなる事が分かり、(クローム鋼)
ニッケル鋼の表面に浸炭処理をすれば更に強くなる事が分かり、(ハーヴェイ鋼)
クローム鋼でも同じように浸炭処理をすればもっと強いのができた。(クルップ鋼)

ハーヴェイ鋼とクルップ鋼を比べると、同じ厚さなら、クルップ鋼が3割ほども高い強度を持つそうだ。
装甲の材質も常に研究と進化が進んでいるはずなので、ZAC2044年(デスザウラー就役の年)には究極の装甲材質が開発されたのかなあ…なんて。
しかし同時に思うのは、じゃあその装甲が何でアイアンコングはじめ他のゾイドには採用されてないんだという不思議です。
とりあえずアイアンコングの装甲を新型装甲に変えれば凄い事になりそうなんですが。

「希少金属」などの可能性も考えはしましたが、んー…。
最終的にデスザウラーがどの程度量産されたのかは分かりませんが、ウルトラザウルスマッドサンダーは少なくとも200以上が生産されてる。
なので、少なく見積もっても三桁はあると思います。
希少金属という説もちょっと説得力が無いというか。

という事でこの辺を考えて見ます。

ウルトラキャノン砲をはね返すほどの装甲強度「スーパーヘビーガード」ですが、これはもしかすると背中のオーロラインテークファンと関係があるのかなぁと思いました。
オーロラインテークファンとは大気中の荷電粒子を吸い込みエネルギーに変換するものです。
荷電粒子砲発射の際に、猛烈に回して荷電粒子を集め、そしてエネルギーがフルになった所で発射するものですが、これは普段はどうしてるんだろう。
停止しているのかもしれないけど、私は常に回っているんじゃないかと推測しました。
もちろん荷電粒子砲発射時のような全力回転ではないけど、通常モードでの回転というか、そんな感じ。
そのときに何をしているかというと、もちろんエネルギーの発生。
そしてそのエネルギーは、防御へ転換されているんじゃないだろうか という仮説です。
集められたエネルギーは特殊なシールドとなりデスザウラー全体を常に覆い、防御力を支えているというような。
それゆえにあのような強度を達成するわけである。

これに補足すると、デスザウラーはオーロラインテークファンが弱点とされています。
もし、これが荷電粒子砲のみに使用されるものなら、破壊されても荷電粒子砲が撃てなくなるだけのはずだ。
しかし、実際は破壊されれば荷電粒子砲が撃てなくなるだけでなく、全体的な性能低下が起こるとの事。
やはり、ファンは常に回っていてデスザウラーを常に支える機能をしているのだろう。
この、オーロラインテークファンで吸収したエネルギーを防御に活かす気候こそ「スーパーヘビーガード」であると思いました。

であるからこそ、デスザウラーのみが帝国ゾイドの中で唯一ウルトラキャノン砲の直撃に耐えるほどの防御力を得ていると思ったのでありました。

あと、後年のギル・ベイダーにも同じ機構が搭載されているんじゃないかなぁとも思いました。
ギルもまた飛行ゾイドとしてはとんでもない防御力を誇ります。
(ギルは、両翼のビームスマッシャー部がインテークです)

特殊なシールドの具体的な機構については後々考えて行きたい所です。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント